次回例会は
『シアター・プノンペン』(2014年カンボジア映画)
  上映時間:1時間45分
2017年5月13日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「映画と仲間」完成

機関誌「映画と仲間」243号完成!

今回も32ページになりました。

明日の発送作業を待つばかりです。

2016すれ違い機関誌

                                  事務局 エンゾ

| 事務局より | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

例会へようこそ

11月例会まであと9日

『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』の作品が到着

もうひとつ、1月例会『すれ違いのダイアリーズ』予告編が届くと
上記本編とあわせて呉ポポロへ入ります。

2016グッドライ作品

                               事務局 エンゾ

| 事務局より | 11:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

例会グッズ

今度の例会『グッド・ライ』にデビューします!

こんなになりました

2016売り子箱3
▲なみえケーキが並ぶ所にクロスを貼りました。

2016売り子箱4
▲ケーキを食べる猫を右面に

売り子箱5
▲コーヒーは熱いので冷めるのを待つ猫を左面に

                               事務局 エンゾ


| 事務局より | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

例会グッズ

こんなになりました

2016売り子箱2

 もうちょいつつく予定。

                           事務局エンゾ

| 事務局より | 14:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

例会グッズ

こんなもん作りました!

先日の運営委員会で決まったことのひとつ。例会のホール内にコーヒー、ケーキ、
パンフレットを売り歩く売り子デビューすることとなり、それを持ち歩くための箱を
作りました。

あと、幅広のヒモを取り付けて完成です。さびしいので絵をかいてもいいか・・・。

2016売り子箱

                                    事務局 エンゾ

| 事務局より | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『インフェルノ』

地上波で放送された『ダヴィンチ・コード』『天使と悪魔』を観て、予習してからの『インフェルノ』
昨日、呉ポポロシアターにて観てきました。
昨日は1日でお安く観られる日だったからか、私が観た13時10分の回は15人ほど入っていました。

はて、作品としては。。

10b63d85f7486b10.jpg


うーん。『ダヴィンチ・コード』には勝りませんなあ。
どの作品も、世界の芸術を見られるのは胸がときめいて仕方がないのだけど、シリーズ3作品中、一番内容・インパクトが薄い。
いきなり愛とか恋とか言われても、なんかガッカリしてしまった。

もっともっと謎に迫るというか、色んな知識や通説とかをガンガン教えてくれる方が俄然私の好み。

土曜日に『ダヴィンチ・コード』日曜日に『天使と悪魔』を観て、月曜日に『インフェルノ』と三日連続トム・ハンクス祭りでした。
呉ポポロシアターでは少なくともあと一ヶ月は上映するようですよ!
ちなみに『永い言い訳』もやるようです。ありがたい。。。

それにしても、今回も他のお客さんに泣かされた時間になりました。
携帯はなるわ、何かを開封し食べる音はやまないわ。。。ガサガサッ バリバリバリッ
暗いからって。。。。音は響いてますからね。私も気を付けなくっちゃ!!

***もん***

| 事務局より | 08:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

機関誌完成

『グッド・ライ』例会の機関誌完成

2016グッド・ライ機関誌

▲今号も前回に続く32ページ。会員の例会感想、映画感想など「交流のひろば」
だけで10ページとボリュームあります。


2016グッド・ライ

▲呉駅前に貼りだす看板も完成しました!

                                     事務局 エンゾ

| 事務局より | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『この世界の片隅に』ご当地先行上映会ご案内

呉の先行上映会に、主人公すず役ののんさんの登壇が決定しました!
呉映画サークルも、当日、スタッフとしてご協力させていただきます!
 
news_header_konosekai_non_1.jpg

 
【日時】2016年10月21日(金)
17:30開場 / 18:00開演 
※上映前に舞台挨拶、18:30頃より本編上映開始
【会場】呉ポポロ  (広島県呉市中通3-5-3 TEL:0823-24-6609)
【登壇者(予定)】片渕須直監督
【料金】特別料金 1,800円均一  
※前売券はご使用いただけません

| 事務局より | 16:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『シン・ゴジラ』

たまごさんと一緒にポポロにて観てきました。

640.jpg


以下、たまごさんの感想。

***

シン・ゴジラ鑑賞!
結果的に、面白かったです!
主に未知の生物との対決に日本の戦い方が面白かったのかなと。
政府の判断力、対応が序盤にあるんですが、ミサイル打たれたり、災害がきたりして大きな被害が出るような出来事が起きたらこんな感じなのかしら?と少し不安になるほど、ちらほらリアルさがありました。

映画中のタイトルやシーンの展開が庵野監督っぽかったです。というよりもエヴァに近い?
ゴジラ、とてもリアルで不気味さがありました。昔ゴジラのフィギュア持っていたけど、リアルさが出すぎているというか。

ただ、ポポロで上映が開始されるまでの間に、あちらこちらでシン・ゴジラのレビューを聞くことがあって。どこも高評価で何度も観たくなる!という意見が多かったんです。
それを聞いていたせいもあってか、話は面白いと感じたんですけど、私はそんなに何度も観たくなるかなあ?と思いました。


***

以下、私の感想。

随所に庵野カラーは感じられるものの、セリフの数が多いのと、みんな早口でガンガン攻めてくるのでしんどい。
ぜーんぶセリフで説明してくれるので、結果的に観客は受け身でも勝手に物語が進んでいく。考えないでいいのでラクだろう。

内容は、陸自とゴジラの対決?

ゴジラは怖いよ。確かに怖い。

1_large_20161007080122019.jpg


こういう映画が大ヒットしている現状。
考えるのがしんどかったり分かりやすいのがよかったりスッキリしたいひとが多いのかな。と思ってしまいました。
シンプルな構造がいいのかもしれないね。まぁ色んな人が映画館に足を運ぶきっかけになるのなら大歓迎だとは思う。
10月1日、映画の日。土曜日。だからかポポロはいつもよりは多くの人が観に来ていました。
ポポロでは28日まで上映するそうです。


***もん***

| 事務局より | 05:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奈良フェスティバル2016

全国映連・奈良フェスティバル行ってきました

9月24日(土)~25日(日)
ならまちセンター


全国の映画鑑賞団体が奈良に集まり
直面する課題を意見交換


第1分科会「会を楽しく元気にするには」報告

 第1分科会には加古川シネマクラブ、福岡映画サークル、京都映画サークル、奈良シネ
マクラブ、呉映画サークル、北九州映画サークル、上越映画鑑賞会、あなんで映画をみ
よう会、神戸映画サークル、横浜キネマ倶楽部、中津川映画祭実行委員会の11団体
から23名が参加して、各組織の現状で一番の課題を報告してもらい、どうしたら楽しく
元気にすることができるのかをさぐり出そうとすすめられました。
 共通する問題は①会員が増えない②会員と運営スタッフの高齢化③財政難など、楽し
く元気にする以前に毎例会赤字出す状況や会の存続を危惧する発言、あるいはスタッフ
みんな忙しく運営会議が成立するかどうかわからない、もう会員増加はみこめないなどの
現状も報告されました。
 大勢は厳しい報告の中、飛び入りの入会者に声かけ、さらには運営に力を貸してほしい
と手紙を書いたところ断れないと若いスタッフが増えた(加古川)、何もかも一人でやってい
た事務局作業をパソコンの出来る人に会員管理などお願いしたり発送作業など複数の人
にお願いしたりと事務局の人員を増やし改善しつつある(あなん)、機関誌編集・発行を手
伝いたいと若い人が事務局に来たり(神戸)、NHK番組の若い支配人効果で高田世界館
へ来る女性ボランティアが増えている(上越)、例会学習会で学んだことから映画見る楽し
みが変わり最近7人会員増やした(呉)などの発言がありました。その作業のなかで映画
の話をしないと若い人も引き付けられない(神戸)とも指摘がありました。
 高齢化の問題では、会員の平均年齢が67歳で後5年踏ん張れるか(京都)、代表者の
平均年齢が65歳(北九州)、会員スタッフ含め60歳以上(福岡)、日本一の老人県で他の
市民運動にも若い人いない(奈良)、会員ふくめ70歳前後(中津川)と悲観的ですが、若い
人にこしたことはないがたとえ若くなくても入会者はだれでも歓迎(北九州)と、入会者があ
ると会は刺激受け元気になります。
 映画サークルにとって楽しさは何なのか、各地の報告からまとめると、やはり大勢で観る、
いかに観るかの学習会を行う、見た後語ることだ(上越)、組織に入ることを嫌うきらいがある
が一度例会に来てもらい大勢で観る雰囲気を感じてもらうと魅力わかってもらえる(北九
州)、見た後会員のお店で語ること、語ることの楽しさがある(呉)、映画見て帰ってしまう
ことから、そう映画を見るか、こういう見方があるのではと会報通じて努力している(奈良)、
例会で無料のコーヒーサービス行いそこで話ができる(あなん)、あるいは、映画大学を行う
など大きなイベントに取り組むとしんどいけどやって良かったとメンバーに感動体験を共有で
きた(北九州)、映画大学や主演の永瀬さんを迎えての大きなイベントやると矛盾もあらわに
なるが組織が試され、メンバーが鍛えられる(呉)など全国行事との関係も出されました。
 一人でDVDで映画を観る、あるいは映画館で一人で観ることと、映画サークルで映画を見る
ことは何が違うのか。私たちの活動を一言でいうと、映画を集団でみることの追求ではないで
しょうか。集団でどう観るか、どう観たか、どう豊かに観るか、どう人や地域とつながるか、それ
らが楽しさの源泉で、スタッフがいきいきと楽しんで、そして組織そのものが楽しさを追求しない
と若い人に限らず人は引き付けられないのではないかとまとめられました。

                                    事務局 エンゾ

| 事務局より | 10:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT