次回例会は
『シアター・プノンペン』(2014年カンボジア映画)
  上映時間:1時間45分
2017年5月13日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

神戸その4


お昼も近づいてきたのでセンター街を抜け、今度は道路沿いの道を歩いて歩いて神戸映サの事務所へと向かいます。
高架下の風景など、すべてが物珍しい。。。
日本じゃないみたい。

DSC_0458.jpg

DSC_0459.jpg


日曜日のお昼は、前日の居酒屋さんが入っているビルの中にあるおススメの中華へ!
写真は1枚もないのだけど、めっちゃくちゃおいしかった!
「人生史上最高の中華や」「人生史上最高の杏仁豆腐や…おかわり…」という声も。
ほんと、おいしかった。又行きたい。いや、行く。。。
ここで、松山、北九州、姫路のメンバーとお別れ。

その後、神戸市立博物館で行われている古代ギリシャ展へ。相当な人出で、老若男女が展示物に見入っていました。

DSC_0472.jpg

展示物も魅力的でしたが、こんなにたくさんの人たちが訪れるなんて!しかも若い人が多い!ということに終始びっくりしていました。
ネックレスや指輪の展示もあり、古代ギリシャの人たちはおしゃれが好きだったのだな~とか、デザイン性のあるカップや酒盃をみていろいろ想像して楽しかったです。

そして、地元の人ならでは!といった風情の喫茶店へ連れて行ってもらいました。店内満席。
珈琲がおいしかった!スイーツも美味しい、とのことで、セットで注文しました。
一本筋を入ったところだったので、こりゃあ神戸初めて一人旅をしていたら絶対たどり着かなかった。

DSC_0476.jpg

DSC_0477.jpg

昔ながらの喫茶店。佇まいがすてきでした。

こちらのお店を最後に神戸を後にしました。
この二日間で、私はすっかり神戸ファンになりました。
次住むなら、尾道でも広島市でも博多でもなく、神戸だなあ~と妄想が止まらないのでした汗

***

色んな意味で刺激になった神戸。。
全国の映サの方々と交流ができて楽しかったし、なんだかちょっと理解できた点もあった。
皆がどういう思いでそれぞれの地域で映画を取り巻く状況を考えているのか、どういう「人」が映画サークルで活動しているのか。
いつもは各団体の機関誌でしか知りようがないけど、こうやって生身の「人」を知るってことはいろんな意味で大事なんだと。
何も見えない中でなんとなく「運営」といわれても、全体が分からないからイマイチつかみどころがなくて。(あくまで私の場合)
どんな人、が、どんな思い、で、どんな活動、をしているのか。それが分からないとこちらの体制も整わない。(ほんと、あくまで私の場合)

そして、年齢も性別もバックボーンも住むところも違う人たちと少しでも話ができて、これは本当にすごいことだと思った。
ありがたい。感謝。

***

今年の映画大学は神戸です。
魅力たっぷりの神戸で魅力たっぷりの時間を過ごしませんか!

神戸映サのみなさん、このたびはお世話になりました!

***

***もん***(この二日で41000歩も歩いていました)

| ちょいと小話 | 05:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神戸その3

翌朝も、運営委のみなさんは午前中いっぱい会議。
私は自由時間で、さくさく歩き回ります。朝が早かったので港の方へ向かい、人通りのほぼない中うろうろ朝散歩。
実は初日も、ハーバーランド、モザイク方面へと歩いていたので、ちょっと方向を変えてこちらへ。

DSC_0450.jpg
画像曲がっていてスミマセン

海の方へ渡っていくと、阪神大震災のことが書かれた公園にもなっていて、恐らく外国人観光客かな?の団体さんが熱心に文章を読んだり写真を撮ったりしていました。

その後、旧居留地周辺をひたすらうろうろ。
神戸映サの例会会場となっている朝日会館に到着!!
ステキな建物!
DSC_0452.jpg
ここの4階のホールが例会会場だそうです。

地下がシネ・リーブル神戸。
『この世界の片隅に』こちらでも上映されていました。

DSC_0454.jpg

すずさんに、ここでも会えました。

DSC_0457.jpg

DSC_0453.jpg

この階段を下りて、映画館に行くんですね~。
なんとなくシネツインを思い出しますね~。

DSC_0456.jpg

そしてまた、元町商店街の方へ。元町映画館のラインナップをもう一度みたくて。

DSC_0465.jpg

商店街の中になじんでいる映画館。66席しかないそうですが、前日通りかかった時は映画館の外にまで人が並んでいて。
すごいなあ~~と思いました。
映画のチラシのラックも、外にこういう風においていて。

DSC_0466.jpg

映画に興味ある人ない人みんなの目に留まるようにされている。
商店街って、古くからいる人がすごく強かったり、微妙な人間関係があったりしてなかなか難しいことも多いとよく聞きますが、元町映画館さんは7年目に突入だとか。あれこれ工夫して集客して頑張っておられるのだなあと思いました。
午後から再び中まで見せて頂くことができたのですが、古い映画の上映をデジタル上映、フィルム上映両方して、どちらが集客しているか野球風にスコアをつけていたり。

DSC_0471.jpg

ここ数年、私自身が感じている「地域に出ていかなければならないだろうし、❛映画観に来てください・協力してください❜だけではなく、映サとして出来ることをしないといけないのでは」という思いと重なる部分が多いな~と思いました。もちろん、良い映画をやって集客すれば、それがその地域にとっての1番のお役立ちなのだろうけど。一方通行ではなく「関係づくり」が大切ですよね。


「その4」へ続く


***もん***

| ちょいと小話 | 05:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神戸その2

夕方、初めて神戸映サの事務所へ!
なんだかとってもおしゃれな建物の2階が事務所です。

DSC_0446.jpg

DSC_0461.jpg

全国映連の運営委員さんたちが7月に行われる神戸大学in神戸の打ち合わせを行っていました。
お、お邪魔します…

DSC_0447.jpg

会議のあとは、神戸映サのメンバーが加わり神戸駅前の居酒屋にて交流会。ここは神戸映サの方がよく使われているそうです。それぞれ自己紹介しながら映画の話や映画大学、日々の活動のことなど情報交換をしました。

DSC_0449.jpg

二次会は、神戸映サの宮ちゃんがおススメのお店へと連れて行ってくれました。夜の写真、店内の写真は撮り忘れたのですが、ランチも美味しいとか。こじんまりとしてあたたかなお店でした。翌日の昼間通りかかってパシャリ。T字路のかどっこにあり、お店の形も可愛かった。

DSC_0460.jpg

「その3」へ続く


***もん***

| ちょいと小話 | 05:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神戸その1

先日、神戸で行わた全国映連の運営会議…にかこつけて、初めて神戸に行ってきました。
いつか行きたい行きたいと思いつつ行けなかった神戸。憧れの神戸。おいしそうなものがたくさんの神戸ー!!

土曜日の昼頃に着いて、事前に神戸映サのGATOさんに教えてもらっていた南京町のぎょうざ苑さんへ!
土曜日なので、覚悟はしていたものの南京町も大賑わい、ぎょうざ苑さんも行列ー!でも諦めない!並ぶこと20分くらいかな。
やっと店内へ。焼き餃子を味噌だれで。チンタオビールと共に。皮が厚めでおいしかった!

IMG_20170306_205101.jpg

そのあと、神戸牛が食べたくて。でもがっつり肉はちょっときついな~とふらついていたら。神戸牛100パーセントの肉まん見つけて即買い。400円。二口だった。。。美味しかったけどな。

DSC_0440.jpg

そこから元町商店街へ移動。
そこで、日本最古の珈琲店と言われている放香堂珈琲店さんに!
苦味の無い、甘みを感じる珈琲でした。ちょっと油っ気が浮いているのが特徴とのことでした。

DSC_0442.jpg

で、神戸と言えばユーハイム!!バウムクーヘン!バウムクーヘン入りのケーキとロールケーキと欲張って二個食べました・・

IMG_20170306_205126.jpg

バウムクーヘン、めちゃくちゃうまかったです…
にしても、ひとりなのにフォーク2本は要らないかと思ったのですがね…

その後、また元町商店街、南京町をうろうろして神戸映画サークルの事務所へと向かったのでした。
「その2」へ続く。

***もん***

| ちょいと小話 | 05:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

来月も

やるみたいです、『この世界の片隅に』@呉ポポロシアター

スケジュールをコピペします。(1月29日現在のモノ)

【呉ポポロシアター、1月24日~2月24日の上映案内】

「この世界の片隅に」
2017/01/24 (火) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/01/25 (水) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/01/26 (木) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/01/27 (金) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/01/28 (土) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/01/29 (日) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/01/30 (月) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/01/31 (火) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/01 (水) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/02 (木) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/03 (金) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/04 (土) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/05 (日) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/06 (月) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/07 (火) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/08 (水) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/09 (木) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/10 (金) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/11 (土) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/12 (日) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/13 (月) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/14 (火) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/15 (水) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/16 (木) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/17 (金) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/18 (土) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/19 (日) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/20 (月) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
※2月21日は、劇場メンテナンスのため、休館いたします。
2017/02/22 (水) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/23 (木) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)
2017/02/24 (金) 10:20/12:50 ~ (最終15:00)

「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」(日本語吹き替え版)
2017/01/24 (火) 10:20/15:30/18:00 ~ (最終20:20)
2017/01/25 (水) 10:20/15:30/18:00 ~ (最終20:20)
2017/01/26 (木) 10:20/15:30/18:00 ~ (最終20:20)
2017/01/27 (金) 10:20/15:30/18:00 ~ (最終20:20)
2017/01/28 (土) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/01/29 (日) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/01/30 (月) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/01/31 (火) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/02/01 (水) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/02/02 (木) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/02/03 (金) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/02/04 (土) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/02/05 (日) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/02/06 (月) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/02/07 (火) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/02/08 (水) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/02/09 (木) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/02/10 (金) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/02/11 (土) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/02/12 (日) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/02/13 (月) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/02/14 (火) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/02/15 (水) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/02/16 (木) 16:05 ~ (最終18:30)
2017/02/17 (金) 16:05 ~ (最終18:30)
※「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」(日本語吹き替え版)は、2月17日で終了。

「バイオハザード ザ・ファイナル」(日本語吹き替え版)
2017/01/24 (火) 13:00/15:05/17:10 ~ (最終19:10)
2017/01/25 (水) 13:00/15:05/17:10 ~ (最終19:10)
2017/01/26 (木) 13:00/15:05/17:10 ~ (最終19:10)
2017/01/27 (金) 13:00/15:05/17:10 ~ (最終19:10)
※「バイオハザード ザ・ファイナル」(日本語吹き替え版)は、1月27日で終了。

「海賊とよばれた男」
2017/01/28 (土) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/01/29 (日) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/01/30 (月) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/01/31 (火) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/02/01 (水) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/02/02 (木) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/02/03 (金) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/02/04 (土) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/02/05 (日) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/02/06 (月) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/02/07 (火) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/02/08 (水) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/02/09 (木) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/02/10 (金) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/02/11 (土) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/02/12 (日) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/02/13 (月) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/02/14 (火) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/02/15 (水) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/02/16 (木) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/02/17 (金) 10:20/13:10 ~ (最終15:40)
2017/02/18 (土) 12:50/15:40 ~ (最終18:15)
2017/02/19 (日) 12:50/15:40 ~ (最終18:15)
2017/02/20 (月) 12:50/15:40 ~ (最終18:15)
※2月21日は、劇場メンテナンスのため、休館いたします。
2017/02/22 (水) 12:50/15:40 ~ (最終18:15)
2017/02/23 (木) 12:50/15:40 ~ (最終18:15)
2017/02/24 (金) 12:50/15:40 ~ (最終18:15)

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」
2017/01/28 (土) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/01/29 (日) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/01/30 (月) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/01/31 (火) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/02/01 (水) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/02/02 (木) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/02/03 (金) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/02/04 (土) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/02/05 (日) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/02/06 (月) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/02/07 (火) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/02/08 (水) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/02/09 (木) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/02/10 (金) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/02/11 (土) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/02/12 (日) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/02/13 (月) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/02/14 (火) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/02/15 (水) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/02/16 (木) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
2017/02/17 (金) 15:30/17:40 ~ (最終19:40)
※「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」は、2月17日で終了。

「本能寺ホテル」
2017/02/18 (土) 10:20/15:30/17:45 ~ (最終19:50)
2017/02/19 (日) 10:20/15:30/17:45 ~ (最終19:50)
2017/02/20 (月) 10:20/15:30/17:45 ~ (最終19:50)
※2月21日は、劇場メンテナンスのため、休館いたします。
2017/02/22 (水) 10:20/15:30/17:45 ~ (最終19:50)
2017/02/23 (木) 10:20/15:30/17:45 ~ (最終19:50)
2017/02/24 (金) 10:20/15:30/17:45 ~ (最終19:50)

マダム・フローレンス!は観に行ってみようと思っています。


**もん**

| ちょいと小話 | 05:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あけましておめでとうございます

ちょっと久しぶりになってしまいました。
録画シリーズで観ているものはあるのですが感想書く時間を取れずにいます。
久々にPCの前に座ったー。

昨年の映画サークル例会の作品はいかがでしたでしょうか?
今年も、会員の方に喜んでもらえる作品、運営委員として観てほしい作品、いろんな角度から「良作」をチョイスしていきたいと思います。
自分自身も、たくさんの映画、本、芸術…に触れ、それらを通じていろんな経験をして心がすこしでも成長し潤っていけるようにしたいですね。

今年もよろしくお願いいたします。


***もん***

| ちょいと小話 | 17:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミュシャ展@呉市立美術館

12月16日(金)18時~呉市立美術館にてミュシャ展のウェブレポーターの会に行ってきました。
美術館が閉館した後、ウェブ上に感想を載せれば無料で鑑賞させていただけるという素晴らしい会!
私は頼まれなくても感想書いてしまうのでありがたく参加させていただきましたよ。
学芸員の説明つきで、自由にゆっくりと見られるので私は好きなイベントで、過去何回も利用させていただいています。


さて、本題。
ミュシャさん。
結構最近の方です。1939年に79歳で亡くなったのだそう。
本当の名前は「ムハ」さん。日本では「ミュシャ」と読んでいるんですね。
ミュシャさん、アールヌーヴォーを代表する作家・デザイナーですが、アールヌーヴォーとはなんぞや。
ざっくりいうと、19世紀末~20世紀にヨーロッパ中心の芸術の流行で、植物と曲線が用いられ、暮らしの中、生活の中、一般の人に美をもたらすことをいうらしいです。

展示物を見ると、雑誌の表紙とか、ポスターとかビスケットやチョコレート、紅茶の缶とか確かに生活に密着したものがたくさん。
しかも、どれもこれも本当に可愛い。。。。!!!
めちゃくちゃツボ。
あんなものが家の中にあったら確かに華やかで、すごく大事にしたくなる。そういう気持ちが生活に潤いと余裕をもたらすんだろうなあと思いました。余裕がないと「美しい」と思う気持ちも生まれない、という事もあるとは思いますが。。


缶のデザインに似たデザインのものは、今でもよくあちらこちらで見掛けるような気がします。
現代にも影響を与えているのですね。日本との関係もあるようで、そこらへんは是非美術館へ足をお運びいただければと思います!
ミュシャを一躍有名にした絵も、超でっかいのが展示されていましたよ。ここもぜひ美術館で触れてほしい。
香水の瓶もね、すんげえ可愛かったんです。

全体的な感想としては、とにかく展示物数が多い!
小さいものから大きいものまでたくさん!そしてやはり「生活の中に美を」というミュシャの想いが感じられるものばかりでした。
あと、特に女性の絵は黒い線で縁取られているものが印象的で、ちょっと目線が上向きのものが多くて、これが女性がきれいに見える角度なのかしら?と思ったり。ミュシャの絵の女性は、写実的というよりはイメージでの女性を描いている、という説明があった通り、特定の誰かを描いているものはたぶん多くはないからか、それが逆になじみやすさ、受け入れやすさにつながっているのかもと思いました。
また、描かれている文字の自体や並び、デザインも可愛くて可愛くて!
どれもこれもアンティークな感じで雑貨屋さんとかに売られていたら絶対売れると思いました。
植物も本当にきれいに可愛くデザインされています。

芸術、美術って、決して特別なものではなく、普通の人々の生活の中にあるもの、自然に触れているもの・触れられるもの、つまり日常を大切にしてほしい、、そういう思いがミュシャには強くあったのかな、と思いました。彼の生い立ちや思想を思っても。


物販も充実していて、あれもこれも全部ほしくなってしまったのだけど、今回は3枚ポストカードを買いました。
宛名を書く面も凝ってるー。アンティーク調で可愛い。

IMG_20161219_071414.jpg


今回は、どこからか?たくさん学生さんが来ていましたが、レポート書くのを課せられていたのかな?
そういう感じのことをすると美術館に苦手になったりしないのかな?とちょっと思ったりしました。
しかも明らかに「興味ありません」みたいな人もいて、私が参加した中では過去最高の参加者数だったからなんだか絵も説明も遠く、ちょっと残念でした。(「近くにどうぞ」と言われても近づきにくい)
まぁ、無料だから文句は言われないよね。

呉市立美術館のみなさん、ありがとうございました!

***もん***

| ちょいと小話 | 07:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エッシャー展@広島県立美術館

行ってきました、先週金曜日。
金曜日、県立美術館は延長開館で19時まで開いてるんです!
職員の方、大変だと思いますがありがとうございます!!呉からでも行ける可能性が高くなる!

金曜日…つまり平日。それも夕方。じーっくりゆーっくりみることができました。
絵すれすれにまで近寄ったり、ぐーっと下がったりしながら約二時間かけてまわりましたが時間が足りないくらい。
もう一回行きたい。

エッシャーと言えばだまし絵が有名だけど、だまし絵だけじゃない!というのが一番の収穫かな?
動物や魚の絵が結構あって、イラストみたいで可愛いくて大胆ではっきりとしていて、かと思えばデッサンはまた雰囲気が全然変わって。75歳のお母さんをデッサンした絵が心に残っています。

ま~~~仕事が細かい!丁寧!繊細!
私には何一つない。。。汗
絵に近づいて、じーっと見ると…ど、どこまで小さく書くんだー?!と思う絵がたくさんありました。
確か「こんなに細かい仕事ができるのは人間にとってこの上ない喜びだ」みたいな晩年のエッシャーの言葉を読んで、「自分にとって喜び」ではなく「人間にとって」なんだ…とちょっとなんかスミマセン私こんなんで…と思ってしまいました…そして晩年までこんなに集中力と緻密な作業ができる体、すごいとおもいました。
目も、手先の緻密さも指や腕、肩や背中の筋力、体力。。。

絵は習ってなかったというエッシャーの奥さんも絵心があったとかで、彼女の絵も少しだけありましたが、ある絵の中にある、花の絵がこれまた小さくて可愛かったです。2人はとある宿で出合って結婚したとか。どんな恋愛したんだろうなあ~~と妄想も広がりました。。

エッシャー展12月25日まで!
是非足をお運びください。

100806_18_escher.jpg


***もん***

| ちょいと小話 | 06:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『夏目漱石の妻』

観てますか!
これ、面白い、、、
夏目漱石と、その妻・鏡子の物語です。

全4回と少ない回数での連ドラだからか1回が長くて(1時間13分)見ごたえがあります。
尾野真千子さんの和服姿は彼女を一躍有名にした『カーネーション』を思い出させます。
和服が本当に似合う女優さんですね。

160401_nhk_a.jpg


神経質とされている漱石の役も長谷川博己さんがうまく演じられていますね。
今後の展開が非常に楽しみです!


***

番組情報/制作スタッフ

【放送予定】
2016年9月24日(土)スタート<連続4回>
総合 毎週土曜 よる9時~10時13分
再放送:総合 毎週土曜 午前0時10分から(金曜深夜)

【出演】
尾野真千子 長谷川博己 黒島結菜 満島真之介 竹中直人 舘ひろし ほか

【作】
池端俊策 岩本真耶

【原案】
夏目鏡子 松岡譲 「漱石の思い出」

【音楽】
清水靖晃

【挿入曲】
シューベルト「ピアノソナタ第21番」
ピアノ演奏 田部京子

【制作統括】
吉永証(NHKエンタープライズ)、中村高志(NHK)

【演出】
柴田岳志、榎戸崇泰(NHKエンタープライズ)

****

***もん***

| ちょいと小話 | 05:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ママゴト』NHKプレミアムよるドラマ

8月30日、BSにて23時15分スタート。全8回。

岡山が舞台のようです。

ママゴト

安藤サクラさん主演なので観てみようと思います!

【放送予定】
2016年8月30日(火)スタート<29分・連続8回>
BSプレミアム 毎週火曜 よる11時15分から11時44分
再放送:BSプレミアム 毎週月曜 よる11時45分から

【出演】
安藤サクラ 小山春朋(子役) 臼田あさ美 古舘寛治 栗原巴央(子役) 根岸季衣 杉本哲太 ほか

【原作】
松田洋子「ママゴト」

【脚本】
杉原憲明

【音楽】
坂本秀一

【主題歌】
THE BLUE HEARTS「ナビゲーター」(作詞・曲:甲本ヒロト)

【制作統括】
篠原圭(NHK)、原公男(ツインズジャパン)

【演出】
中田秀夫

***もん***

| ちょいと小話 | 05:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT