次回例会は
『わたしは、ダニエル・ブレイク』(2016年英・仏・ベルギー映画)
  上映時間:1時間48分
2017年11月18日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

≫ EDIT

6月30日(土)公開の映画

6月30日(土)公開の映画情報です。

上映時刻等は各映画館へお尋ねください。 (映画タイトルをクリックすると公式サイトにいけます)

今回も筆者の独断と偏見による「観に行く度指数」を入れてみました



ダイ・ハード4.0 (6/29公開)


全世界を揺るがす 史上最悪のサイバーテロ発生!


呉ポポロ

広島宝塚

広島バルト11

ワーナー・マイカル・シネマズ広島

TOHOシネマズ緑井

Tジョイ東広島


あの「運の悪い男」が帰ってくる!

第1作から18年なんですねぇ・・・


【観に行く度★★★★・】


シュレック3


おとぎの国のバトル・ロイヤル!次の王様は誰だ!?


広島ルーブル

広島バルト11

ワーナー・マイカル・シネマズ広島

TOHOシネマズ緑井

Tジョイ東広島


【観に行く度★・・・・】


ボルベール<帰郷>


女たち、流した血から、花咲かす


TOHOシネマズ緑井


【観に行く度★★★・・】


サイドカーに犬


あの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。


横川シネマ


【観に行く度★★★★・】


サロンシネマ・シネツイン上映情報

サン・ジャックへの道

人生って捨てたもんじゃない


パリ・ジュテーム

いろいろある人生だけど、私たちには、いつもパリがある


ブリック (レイトショー、R-15)

クールで、スリリング、そしてスタイリッシュ


こわれゆく世界の中で

愛をこわす-それは、真実の愛へと至る、唯一の方法


今週もバラエティに富んだ作品群。選択が厳しい・・・



リスクを恐れないのが生きるってことだ【世界最速のインディアン】


【諜報部:がじゅまる】


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| 映画館情報 | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これがニッポンの民主主義?「選挙」

横川シネマ!!で上映中の想田和弘監督作品、「選挙」を鑑賞しました。


 2005年秋。小泉劇場のまっただなか、奥さんと二人東京で気ままな生活を送っていた「山さん」こと山内和弘さんが、何故か自民党に白羽の矢を立てられ、縁も所縁もない川崎市議会議員補欠選挙に自民党公認で出馬することになる。

 この映画は、そんな政治の素人「山さん」と奥様、そして「山さん」を応援する?(自民党を応援する?)人たちを追ったドキュメンタリーでした。

 監督本人は「観察映画」と呼んでいますが、音楽やナレーションは一切なく淡々と「山さん」とその周りを映しとっており、まさに人間観察映画でした。


「山さん」は東大卒という肩書きだけのズブの政治素人。選挙民に対しても自ら「落下傘候補なんですよ」というあたり、ホント性格のいい人です。奥様の「さゆりさん」も「山さん」の選挙応援に駆り出され、途中マジ切れしたり、いい夫婦です。

 その反面、応援する地元の国家議員、県会議員、市会議員のセンセーや党員、支援者の怪しいこと。「今回は補欠選挙だから応援するけど、次の選挙は他の候補者を応援する」という生臭い会話も「これが選挙」それでも頑張る「山さん」

 「山さん」夫婦と周りの選挙屋の温度差があまりにも大きく、可哀想になってきますが、それでも健気に戦う「山さん」を応援したくなってしまいます


さて、そんな「山さん」の選挙の結果は・・・??


でも残念なことに、そんな「山さん」の口から政策が語られることは一切ありませんでした。

ただただ、名前の連呼のみ・・・


「おもろくて やがて哀しき 選挙かな」


映画『選挙』公式サイト・・・http://www.laboratoryx.us/campaignjp/index.php

映画『選挙』山さんBlog・・・http://senkyo-yama.seesaa.net/


【満足度:★★★・・】


【諜報部:がじゅまる】

追記

岡山にお住まいのくまさんの「再出発日記」というBlogで、想田監督からのコメントとそれに対するやり取りが載ってました。なかなか面白いですね
・・・http://plaza.rakuten.co.jp/KUMA050422/diary/200707110000/


さらに追記

なんと、ココにも想田監督からコメントが届いていました。しかもおそらくNYから^^感激というかもう恐縮です。こんなことならもっとチャンとした感想を書いておけばよかった^^;

個人的に想田監督のFANになっちゃいました。例会候補ですね。


・・・想田監督のサイト:A Feature Documentary ドキュメンタリー映画「選挙」の周辺
このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

≫ Read More

| 映画よもやま | 20:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月23日(土)公開の映画

 このコーナー、またまた間隔が空いてしまいました。^^;

 紙屋悦子プロジェクト任務貫徹で気が抜けました^^;ということにしておいてください。


さて、6月23日(土)公開の映画情報です。
上映時刻等は各映画館へお尋ねください。 (映画タイトルをクリックすると公式サイトにいけます)
今回も筆者の独断と偏見による「観に行く度指数」を入れてみました



憑神

今を生きる、すべての人に幸せを呼ぶ映画

広島東映
広島バルト11
ワーナー・マイカル・シネマズ広島
TOHOシネマズ緑井
Tジョイ東広島


貧乏神、疫病神、死神・・・
浅田・降旗コンビどうなんでしょう?

【観に行く度★★・・・】



ラッキー・ユー

エリック・バナ、ドリュー・バリモア、ロバート・デュバルによる「大人の大人による大人のための一生ものの映画」

広島バルト11

ポーカーものですね。好きなジャンルですが、公開短そうです。

【観に行く度★★★・・】



秘密結社鷹の爪THE MOVIE~総統は二度死ぬ~
総統の意外な過去が明らかに

TOHOシネマズ緑井


フラッシュムービーらしい?
バジェットゲージ・システム、告白タイム、プロダクト・プレイスメントなるものがあるらしい??

【観に行く度★★★・・】



サロンシネマ上映情報

風と共に去りぬ

名作中の名作。映画史上最もポジティブな女性の生き様をもう一度

【観に行く度★★★・・】


恋しくて

今年の映画大学講師の中江裕司監督の楽園ムービー第3弾。今度は石垣島&BEGIN

【観に行く度★★・・・】


NARA:奈良美智との旅の記録

同じ夢をみる 同じ感動を共有する

【観に行く度★・・・・】


ひいろ

小さな器に込められた 想い が、いま、家族の絆を蘇らせていく。

【観に行く度★★・・・】


転校生ーさよならあなたー

ココロとカラダが入れ替わった!?

【観に行く度★★★★・】



シネツイン上映情報

13/ザメッティ 【R-15】

13人のロシアンルーレットーそれは、運命を狂わせる邪悪なゲーム

【観に行く度★★・・・】


黄色い涙

あの頃の僕らは いつもいつでも笑ってた 涙がこぼれないように

【観に行く度★★★・・】




このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| 映画館情報 | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第227回例会「紙屋悦子の青春」無事終わりました

紙屋悦子2

第227回例会「紙屋悦子の青春」、3回の上映無事終了いたしました。
鑑賞された皆様、いかがでしたか?

紙屋悦子1

今回もたくさんの方にお越しいただきました。
皆様からの感想を楽しみにしております。
「あのシーンがよかった」「あそこの台詞に泣けました(笑った)」といったひとことでもかまいません。皆様からの感想が次の作品の糧になります。よろしくお願いします。

さて、余韻に浸る間もなく、告知です。
次回第228回例会はアンソニー・ホプキンス主演の「世界最速のインディアン
また新たなプロジェクトを立ち上げ、様々な企画でより作品を楽しめるよう頑張ってまいります。
我こそは!という方、プロジェクトへの参加、よろしくお願いします。

| 例会 | 00:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紙屋悦子プロジェクト第三夜「父と暮せば」

 次回例会「紙屋悦子の青春」をより深く楽しむための企画として、黒木和雄監督「戦争レクイエム三部作」を3夜にわたりDVD上映を行いました。第3夜目は原爆から3年後の広島を描いた「父と暮せば」でした。

 3作を続けて鑑賞すると、監督のこれらの作品群に対する強い思いがひしひしと伝わりました。作品を撮り続けるにつれ、どんどん無駄な表現を削ぎ落としている様な感覚を受けました。

 明日はいよいよ例会です。今回のプロジェクトは突発企画であったにもかかわらず、延べ18名の方に鑑賞していただきました。作品をより深く楽しむための試みとして、半ば自己満足的な企画ではありましたが、一定の成果は上がったと思っています。後はより多くの方々に「紙屋悦子の青春」を見ていただき、いろいろな感想をいただければと思っております。是非とも感想カードに「ひとこと」でもよろしいので感想を。記憶に残る台詞でもシーンでもかまいません。

 地元紙(中国新聞)にも今例会についての記事が6/17の地域ニュースに掲載されました。

【関連リンク】
黒木監督の遺作、相次ぎ上映 - 中国新聞地域ニュース

黒木監督の遺作、相次ぎ上映(中国新聞) - gooニュース

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| 事務局より | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

交流部得意の突発企画、倉橋島「火山」登山

6月16日(土)倉橋島「火山ひやま」408メートルに登る突発企画に6名が集合。梅雨に入ったようですが雲ひとつない晴天でした。山頂は岩山で眺望はすばらしく、強い風も心地よいくらい。ゆっくり登って、下ってのべ2時間。生ビールがうまかった!倉橋に来たからには来年上映予定『恋するトマト』の調査もおこたりません。トマトといえば倉橋。次回は生産者の訪問を計画したいと話しながら倉橋西海岸を走り帰路へ。

火山4


ちょっと恐いのでしがみついています!
火山3

| 事務局より | 08:27 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

拡大します!

チラシ裏面の拡大

2007映画大学チラシ裏面

| 事務局より | 15:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2007映画大学参加者募集中!

2泊3日の映画大学に車で行きませんか!

①7月14日~16日 2泊3日朝食付き 37000円
②昼食は弁当注文有り、夕食は初日参加者交流会3000円、二日目は講師を囲む夕食交流会実費(いずれも自由参加)
③オプション=15日早朝(4時ごろか)、博多祇園山笠の追い山に現地ののぼせもんが案内してくれます!
④7人目の講師は新作『恋しくて』(「ナビィの恋」「ホテル・ハイビスカス」)の中江裕司監督に決定!監督は映画製作だけでなく映画上映も手がける何でも屋で有名。その世界もお話いただけるようです。
⑤映画上映は『夕凪の街 桜の国』(佐々部清監督)を交渉中!
⑥部分参加も有ります。詳しくは事務局まで。

呉からは車で行きます!
・山陽道~中国道~九州道~都市高速(ももち下車)休憩含め4時間の予定(事務所前を朝6時30分出発)

申込みは早めに!
・①名前②年齢③性別④連絡先を事務局まで。
・申込金1万円が必要です。

2007映画大学チラシ表

2007映画大学チラシ裏

| 事務局より | 14:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紙屋悦子プロジェクト第二夜「美しい夏キリシマ」

次回例会「紙屋悦子の青春」をより楽しむための企画、第二夜は2003年公開の「美しい夏キリシマ」でした。後に「戦争レクイエム三部作」と呼ばれる「TOMORROW明日」からは15年経過しており、若干趣は違うものの、市井の人々の戦争を鋭く描いていました。様々な場面で使われる宮崎弁「ないごて」(何故?という意味か?)という言葉がこの時代の不条理を見事に表しており、ずしりと胸に突き刺さりました。

第一夜に比べると少ない参加者でしたが、第一夜、第二夜と続けて鑑賞すると次作そして例会作品「紙屋悦子の青春」へと黒木監督の想いが結実されているように感じます。

次回は6月19日(金)は第三夜「父と暮せば」(2004年)です。長崎、宮崎からいよいよ広島へ・・・呉映サ事務所で皆さんの参加をお待ちしております。

「美しい夏キリシマ」公式サイトに載っていた黒木監督のメッセージを引用します。

皆様へ

 『美しい夏キリシマ』は戦争をえがいた映画です。

 しかし、殺し殺される凄惨な戦場が舞台ではありません。敗戦間近な南九州の片田舎の物語です。私は15歳の少年でした。そこでも人々は悲しみ、笑い、苦しみ、愛しあって懸命に生きていました。半世紀たって、忘却の闇にともすれば埋もれてしまう私自身の記憶を、渾身こめてよみがえらせ、この映画をとおしてあの時代の哀歓と悲傷をなんとか伝えたいと思いました。

 この映画を、戦争の足音が間近にきこえてくるような日々のなか、あかるい未来を望む観客の皆様の魂のみぎわにまでお届けできればと切に願っています。

黒木和雄

【紙屋悦子プロジェクト担当:かっしー】
このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| 事務局より | 21:37 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月9日(土)公開の映画

 このコーナー、随分とご無沙汰でした。

 紙屋悦子プロジェクトで大変だったの^^;ということにしておいてください。

 それでも、このコーナー担当はその間、「パッチギ!LOVE&PEACE」「東京タワー」「しゃべれども しゃべれども」と例会学習会の「TOMORROW明日」の邦画4連発鑑賞と頑張りました。


 映画界は河瀬直美監督「殯(もがり)の森」カンヌ国際映画祭グランプリ受賞の話題で持ちきりでした。一方、北野武監督「監督・ばんざい!」と松本人志監督「大日本人」の同日公開も話題になりましたが、どうだったのでしょうか?



ここで告知です。

来週6月12日(火)19:00から例会学習会第2弾、「美しい夏キリシマ」DVD上映。
会場は呉映サ事務所、入場無料、差し入れ大歓迎。よろしくお願いします。



さて、6月9日(土)公開の映画情報です。
上映時刻等は各映画館へお尋ねください。 (映画タイトルをクリックすると公式サイトにいけます)
今回も筆者の独断と偏見による「観に行く度指数」を入れてみました



300 <スリーハンドレッド> 【R-15】

300人vs1,000,000人、真っ向勝負!

広島ルーブル
広島バルト11
ワーナー・マイカル・シネマズ広島
TOHOシネマズ緑井
Tジョイ東広島


300:1,000,000・・・一人当たり・・・;;
スパルタ教育受けねば・・・
予告編見る限りは、映像は斬新ですね。

【観に行く度★・・・・】


プレステージ

130分すべてを疑え!天才vs奇才 世紀のイリュージョンバトル

広島宝塚
広島バルト11
ワーナー・マイカル・シネマズ広島
TOHOシネマズ緑井


スカーレット・ヨハンソン出てます^^

【観に行く度★★★・・】


Watch with Me~卒業写真~

ずっと一緒に居れたら、と願った

広島バルト11
TOHOシネマズ緑井
Tジョイ東広島


Hi-Fi SET「卒業写真」を聴くだけで涙腺緩みそうですTT

【観に行く度★★・・・】


ルワンダの涙

その悲しみは心を濡らした

サロンシネマ


昨年の例会作品「ホテル・ルワンダ」とは違う視点で描かれた悲劇

【観に行く度★★★★・】


今宵、フィッツジェラルド劇場で

別れに泣くより、笑って生きる。

サロンシネマ


巨匠ロバート・アルトマン最後のメッセージ

【観に行く度★★★★★】


孔雀

文革が終わった1977年 私たちは何一つ持っていなかった
変わらないのはただ一つ 路地裏で食卓をかこむ 家族の温かさだけだった

サロンシネマ


例会候補作?1週間1日1回限り

【観に行く度★★★★・】


フランシスコの2人の息子

父がくれた音楽が 僕らの夢の始まりだった

サロンシネマ


これも例会候補作?2週間1日1回限り

【観に行く度★★★★・】


あるスキャンダルの覚え書き

彼女の恋の相手は15歳だった

シネツイン


ケイト・ブランシェットvsジュディ・デンチ
300vs1,000,000よりもよっぽど恐ろしい??

【観に行く度★★・・・】


今週公開映画、バラエティに富んではいますが・・・
「美しい夏キリシマ」・・・無駄な時間は過ごさせません^^

【諜報部:がじゅまる】

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| 映画館情報 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おはぎ食べられた!

おはぎ3個食べていただきました。

マッキーの連絡で中通入口の「紙屋悦子」立体看板へ走ると、突き出したちゃぶ台のお皿にのっていたおはぎがない!

ついでにとなりの「ご自由にお取り下さい」とはり付けてある例会カードもない!

ムックンがカードを補充してくれました。

おはぎはウ・・・ン、あんこが・・・。ちょっと考え中。

| 事務局より | 08:43 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

埼玉県深谷市行ってきました!

10月開催「全国映連フェスティバル」打ち合わせもかねて、埼玉深谷市へ6月2~3と行って来ました。

深谷市は人口15万人。駅はレンガ造りです。
呉や尾道のような海と山の風景が染みついているものにとって、関東平野はどうも戸惑います。土が黒く、だだっ広いのです。合併して15万人、旧深谷市は10万人だというのに、演劇鑑賞会、音楽鑑賞会、映画鑑賞会あわせて5000名近い会員数をほこります。街に映画館が消えていましたが、虹の映画鑑賞会からうまれた市民映画館が旧中山道ぞいにオープンしました。

その虹の映画鑑賞会が中心になって秋のフェスティバルが開催されます。

深谷市駅


3日会議終えると、東京で映画2本。
岩波ホール封切2日目の『終わりよければすべてよし』、ポレポレ東中野の『ひめゆり』を鑑賞。前者は例会でも取上げた羽田監督の『安心して老いるために』続編に当たる在宅医療をめざすドキュメント。『ひめゆり』はひめゆり学徒隊の悲劇を描いたこれもドキュメント。生存者の生の証言を13年にわたり映像におさめた貴重な記録です。
岩波ホール

ポレポレ東中野


4日は日比谷シャンテシネで『ドレスデン、運命の日』。これも以前例会で上映した『トンネル』の監督の新作です。
その後、歌舞伎座のとなり銀座シネパトスにて『ツォツイ』を鑑賞。

その後文化庁へ日本映画上映支援の件で要請というか、懇談をして帰ってきました。いつもそうですが東京方面に出るとついハードスケジュールになり、帰ってから二日は呆然としている始末。

シネパトス


                         エンゾ

| 事務局より | 09:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月