FC2ブログ
11月例会
創立50周年記念第6弾
『輝ける人生』(2017年イギリス映画)
上映時間:1時間54分
2019年11月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:40 ③18:30 の3回上映

予告編はこちらから

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月

≫ EDIT

巷で話題の法廷モノ「HERO」見てきました

公開から3週経過していても、呉ポポロでもさすがにキムタク^^

お客さん結構入ってました。

テレビシリーズはスペシャルも含め全て見てましたので、「終わり方がどうであれ」(謎な方はクリックどうぞ)楽しめました。おなじみの通販や田中要次さんの「あるよ」もちろん健在でした^^

松本幸四郎さん扮する刑事事件無罪獲得数日本一(なんかスゴイ肩書きです)の弁護人とキムタク検事の法廷でのやりとりは、わかりやすいですよ(ナニと比べて??)

随所にカットインされる天秤をかざしている目隠しをした女神像は印象的でした。

同じ法廷モノとして、次回例会「それボク」と併せてみても面白いかも・・・

【諜報部:がじゅまる】

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| 映画よもやま | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「それボク」映画看板街に現る!

中看板は呉駅前の森田食堂となり
後日「森田食堂に前売券有り」のステッカーを貼ります!
10月18日からは中通入口、元銀座デパート向かいに移動します。
森田


大看板は堺川筋の赤ビル2階へ
10月17日より大看板は市民会館へ移動します!
赤ビル

| 事務局より | 17:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

佐々部監督、来広!

10月13日(土)14:00~15:00、広島市映像文化ライブラリー2階ホールにて、
佐々部清監督の文化講演会が開催されるそうです。
(詳しくは、リンク先の文化講演会をご覧ください)

監督の話を聞くことの出来る機会は、大変貴重です。
入場は無料ですが、事前に申し込みが必要となりますので、
ご注意ください。

                                            【広報部:美沙貴】

| 映画館情報 | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「それボク」インタビュー、あっちこっち

機関誌「映画と仲間」の編集作業のために、「それボク」&「周防監督」でググってたら、結構な数のインタビュー記事に出会えました^^

DVD発売前キャンペーンのインタビューは公開後半年以上経過しているもののなかなか面白いものもありました。

 

CINEMA TOPIC ONLINE の インタビュー

マイコミジャーナル の インタビュー

HMV邦画ニュース の インタビュー

周防監督による「それボク」勉強会 なんてのもありました

 

これらインタビュー記事読んでると、「シネマ&トーク」が本当に楽しみになってきます^^

 

【広報部:かっしー】

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| 事務局より | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「それボク」大看板完成

大看板がほぼ完成しました。横幅5.4メートルあります。メインキャスト5名の顔と周防監督の顔入りは迫力有ります。大看板
100%サトー工芸・佐藤定信さんの手描きによる芸術作品です。本番の呉市民会館に10日前より設置しますが、それまでにも別な場所で紹介できるよう検討中です。佐藤さん

| 事務局より | 08:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「それボク」が日本代表

次回例会作品「それでもボクはやってない」公式サイトによると・・・

第80回米国アカデミー賞最優秀外国語映画部門へのエントリー作品選考会が行われ、24作品から「それでもボクはやってない」が日本代表作品として決定しました。

米国アカデミー賞の発表・授賞式は2008年2月24日に行われる予定です

「それボク」上映成功に弾みがつく大きなニュースとなりそうです。

 

【広報部:かっしー】

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| 事務局より | 09:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「それぼく」看板完成

手描き看板


絵とメインタイトルはプロの佐藤定信さん。
キャスト、日時など細かい文字部分は映サの看板屋もどき。
今月末には中通商店街入口に設置します!

| 事務局より | 09:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「それボク」手描き看板作成中

ここまでプロの佐藤定信さんの仕事

それボク看板


ここから映サに持って帰って、キャスト、日時、場所、料金、など文字部分を書いて完成です。

この分だと、9月末には元銀座デパート向かいに設置できそうです。

佐藤さんには、これから市民会館に取り付ける大看板に取り掛かっていただきます。お楽しみに!

| 事務局より | 18:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ママズクラブシアター

小さなお子様を連れたお母さんの中には、
映画ファンも沢山いらっしゃると思いますが、

「子供が泣き出したら…」

「子供がアキて騒ぎ出したら…」

なんて理由で、映画館に行けない方も多いのではないかと思います。

託児所のある映画館も少ないですし、
子供が成長するまで映画館で映画を観るのはお預け…
なんてアキらめているお母さんも多いのではないでしょうか。



そんなお母さんたちに朗報です!



なかなか映画を観ることの出来ないお母さんのために、
TOHOシネマズ緑井さんでは、

毎週木曜日(毎月第1木曜日と祝日は除く)に

ママズクラブシアター


という上映を始めたそうです。
3歳以下のおチビちゃんを連れた方限定で、
お子様が怖がらないように、
照明は少し明るめ、音量は小さめ、空調も強すぎず、
と、様々な配慮がされているそうです。

何より、みんなが子供連れなので、周りに気をつかわなくて良い!
ってことが、お母さんたちの心を鷲掴むところではないでしょうか(^^)

入り口でベビーカーを預かってくれるそうですが、
おチビちゃんがグッスリ寝入ってしまった場合など、
ケースバイケースでベビーカーを場内に置くことが出来るよう、
臨機応変に対応していただけます。

お子様連れといえど、子供向けの映画だけでなく、
大人が楽しめる最新映画も上映していただけるというのが嬉しい限りです。

料金は1800円。
ん?と思ったので、電話して詳しく聞いてみました。
「席が必要なだけの価格」ということのようです。
お子様がお母さんのおヒザの上で観賞、
あるいはベビーカーの上でお休み~ってことであれば、
席は必要ないので、お母さんとおチビちゃんは1800円で入場できます。
しかし、3歳以下でも子供の席が1つ必要なの!ということであれば、
1800円+子供料金の1000円にて入場可能となるようです。

じゃあ、双子の赤ちゃんだったら?
やっぱり席が必要かどうかで判断することになります。
お子様を沢山連れていらっしゃる場合も、
必要な席の数だけ+1000円ということですね。
こんな場合はどうなるのかしら…ということも、
お問い合わせすると、とても親切にお答えいただけると思います。
(私がお電話したときは、とても丁寧にとても親切に応対していただけました。
 お電話の担当者様、どうもありがとうございました(^^))

上映される作品と上映時間は週によって違うので、
TOHOシネマズさんのホームページから確認いただくか、
ネット環境のない方はお電話にてお問い合わせ下さい。

TOHOシネマズ緑井
広島市安佐南区緑井1-5-2
フジグラン緑井3階
TEL082-831-8060
http://www.tohotheater.jp


                                            【広報部:美沙貴】


| 映画館情報 | 14:58 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イノシシよけの柵づくり

実家の瀬戸田のネーブル畑に、イノシシよけのフェンスで囲む仕事が待っている。

のべ110メートルはあるはず。入口5ヶ所の鉄の扉構想も図面にしたが、いつとりかかるのか・・・。

8月は暑かった。

9月の残暑は半端じゃない。

10月は、『それボク』で最も忙しい。

やっぱり11月か?
早生ミカンの収穫が始まるぞ。

| 事務局より | 08:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三次「それボク」実行委員会スタート

今回の「それボク」周防監督トークショー付き上映会は、10月27日(土)呉、翌28日(日)は三次と二会場で行なわれます。その三次上映の実行委員会発足会に呉から参加してきました。

夜7時開始。広~東広島~豊栄~三和~三次ルート。上映会当日周防監督を三次にご案内する予行演習かねて、4時に出発しようと考えていましたが、寸前に野暮用が発生し出発が5時に。気はあせるが車は思うように走らない。福富あたりで「30分くらい遅れそう」と電話いれ、夕食のパンをかじりながらなんとか20分遅れで到着。2時間20分かかりました。

発足会には7名が集まり、私の到着を待って下さって開会しました。呉には映サというベースになる会員がいて、そこから企画を発想できますが、ここでは実行メンバーを集めることから始まるわけですが、約2時間の話し合いを通していろんなことを改めて感じ入ったり、思いを新たにすることなど、学ぶことがたくさんありました。

帰りにはみなさんと名刺交換。弁護士さん、会社社長さん、会社営業マン、行政マンなど職種もいろいろ。ある女性参加者の娘さんが呉に勤めているなど、人脈交換もできました。

あわてて自分のしわしわの名刺をのばして渡しました。その後三次でラーメン食べて、ぶっ飛ばし、1時間35分の帰路でした。

| 事務局より | 09:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画料金は観客の満足度次第

今日(9/12)の中国新聞におもしろい記事が載ってましたね。

 

中国新聞地域ニュースhttp://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200709120106.html

から引用しました。

 

映画料金は観客の満足度次第

 

 フューレック(福山市)が運営する映画館「シネマモード」は10月、観客の満足度に応じて料金を自由に決める上映会「後払い劇場」を始める。監督や俳優の知名度の低さなどから集客が見込めず、福山で未公開になっている「お勧め映画」を選んで上映する。「満足」か「まあ満足」なら1000円以上、「普通」だったら700、800円、「不満」の場合は500円以下を料金の目安とする。 

 

シネマモードは、福山に単身赴任していた時によく通ったミニシアター系の映画館で横川シネマとサロンシネマを足したような小屋でした。でもこのアイデアは凄いですね。

映画館側の眼もさることながら、観客の方の眼も問われるんでしょうね。

【広報部:かっしー】

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| 映画よもやま | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『シッコ』のタイトルなんとかなりません?

先週の土日と映サの全国会議で神戸に行ってきました。
会議前に映画一本見れるぞと、三宮のシネ・リーブル神戸へ走りました。だけど、何の割引もきかないとなると1800円は痛い。何とかならんか、どうにもなりません。オシャレなミニシアターだけど、屈辱の1800円を払い、「何をご覧になりますか」と受付嬢に聞かれ、チョットためらった。前にお客がいれば躊躇なく「あ、同じヤツ」とでも言えるのにと考えると口元が乾き、緊張が走った。

「しっこ」

「『シッコ』でございますね。3番シアター・・・」

映画が良かった。パンフ買おうと受付へ。
「パンフレット下さい」
「どれですか」

「しっこ」

「かしこまりました。『シッコ』ですね。」
ズボンのことを「パンツ」ということに抵抗がある以上に、このタイトルは何とかして欲しい。

| 事務局より | 09:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マンローありがとう!

『世界最速のインディアン』いかがでしたか。
事務局に感想のはがきがいつもより多く届いているのでチョット紹介します。

●出会いや夢について大変感激しました。DVDで観ていましたが、観れば観るほど味のある映画。大画面で見れてとてもよかった。

●サミュエル・ウルマンの青春という詩を思い出しました。

●まっしぐらにマンローが塩の大地を走る姿。静かな興奮で涙があふれちゃいました。お金も派手さもない彼だけど、ユーモアのセンスと人柄はすごくあこがれるナア・・・。

●夢ある人は強い!

●脚本が抜群でした!

ほんの一部を抜粋しました。そして「映サの人たちは少しマンローのような人が多いと思う」というコメントもいただきました。

| 事務局より | 08:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第228回例会「世界最速のインディアン」無事終了しました

世界最速

9月になったというのにまだまだ猛暑、そんな中でも多くの方にお越しいただきました、第228回例会「世界最速のインディアン」3回の上映、無事終了しました。

全編にちりばめられた珠玉の”バート語録”、堪能していただけたでしょうか?

63歳になっても夢を追い続ける・・・憧れはしますけど、なかなかできないことですよね。でも、そんな人を応援する側の人にはなりたいものです。

 

さて、そんな気持ちになった方に朗報です^^

次回例会「それでもボクはやってない」は監督である周防正行さんをお招きしてのシネマ&トークを企画しています。

このイベントを成功裡に終わらせるため、「それボク」を成功させる会(仮称)を立ち上げようとしています。皆さんの力で充実したイベントにしませんか?

9月10日(月)18:30から「それボク」成功させる会準備会を行います。多くのスタッフを必要としています。興味ある方は呉映サ事務局までお越しください。

 

「やる時は、やるっきゃない」(byバート・マンロー)

 

【広報部:かっしー】

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| 例会 | 00:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月