FC2ブログ
9月例会
創立50周年記念第5弾
『羊と鋼の森』(2018年日本映画)
上映時間:2時間14分
2019年9月21日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映

公式HPはコチラ

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

≫ EDIT

4月26日(土)公開の映画

3週間ぶりの映画情報です^^;

松竹東洋座,広島名画座の閉館は寂しい限りですが,最終日の30日は特にさよなら興行などは予定されていないようですが,時間があれば行ってみようかな・・・

 

さて,4月26日(土)公開の映画情報です。

少林少女

少林少女

彼女に日本は狭すぎる。

少林拳+ラクロス=柴咲コウ・・・
亀山千広+本広克行の黄金コンビでヒットしないはずがないですね。

呉ポポロ

広島宝塚

ワーナーマイカルシネマズ広島

広島バルト11

TOHOシネマズ緑井

紀元前1万年

紀元前1万年

誰も見たことのない世界は,「過去」にあった。

『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』のローランド・エメリッヒ監督作品。マンモスとサーベルタイガーのCGが見所?

広島スカラ座

ワーナーマイカルシネマズ広島

広島バルト11

TOHOシネマズ緑井

砂時計

砂時計

たった1つの想いを心に刻む
「永遠」のラブストーリー

またまた夏帆chanです。相手役の男の子,ラストサムライにでてた子だそうです。

広島宝塚

広島バルト11

TOHOシネマズ緑井

あの空をおぼえてる

あの空をおぼえてる

子どもが思うほど,親は強くなくーー,
親が思うほど,子どもは弱くないーー。

平井堅の主題歌とともに泣かされるんでしょうね・・・

シネツイン

ワーナーマイカルシネマズ広島

広島バルト11

NEXT-ネクスト-

NEXT

わずか2分だけの予知能力で,世界が救えるのか?
予知能力を持つ男。見えるのは自分の未来。

「2分先の未来」ですか・・・

広島バルト11

う,う,う,T_T サロンシネマ,シネツインは?

◆サロンシネマ

ぜんぶフィデルのせい(朝1回限り)

コントロール

アイム・ノット・ゼア

ヒトラーの贋札

サラエボの花

ミスターロンリー(ナイトショー・1週間限り)

◆シネツイン本通

あの空をおぼえてる

ゼロ時間の謎

◆シネツイン新天地

ノーカントリー

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

 

そして,サロンシネマの新しいサービス^^

毎日・最終回割引がスタート!!

連日18時台、19時台の上映が、どなたでも1,200円

嬉しいサービスです^^

 

やはりサロンシネマ通いが続きそうです・・・・

【広報部:かっしー】

| 映画館情報 | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月例会「沖縄特集上映」動き始めています

歓喜の全国映連賞からはや1週間・・・

当日,撮影した「ひめゆり」の柴田監督のスピーチと呉映サの人向けのメッセージの編集が終わったので,事務所に届けに行ったところ,エンゾさんとハマナカさんがポストカードとポスターの版下作成作業をされていました。本日の発注で早ければ5月初めには完成するそうです。

着々と準備は進められています。

GWさなかの5月1日(木)19:00から「沖縄特集上映」プロジェクトミーティング

宣伝方針,上映会企画,プロジェクト企画などについて話し合います。

参加しません?

 

【広報部:かっしー】

| 事務局より | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

松竹東洋座,広島名画座が閉館

今日(4月24日)の新聞で初めて知りました。ショックでした・・

小さい頃からよく通った映画館だけに閉館はとても残念です。

市内唯一の松竹系映画館で,お正月には家族で護国神社への初詣の帰りに「寅さん」を見に行ったものでした。

なので,この小屋の想い出はやはり山田洋次監督作品ですね。
最後の作品もまた山田洋次監督の「母べえ」となってしまいました。

【もと記事】

中国新聞地域ニュース → 都心の2映画館が閉幕へ

| 映画よもやま | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なんとも便利な世の中です

全国映連総会については,ここに報告しなかった昨年の反省をふまえ,Macを東京まで持ち込み,現地で記事を書き,公衆無線LAN経由でアップする計画でしたが,泊まったHOTELはLANが完備されており(しかも無料^^)全く問題なく記事を送信することができました。

 

AC電源

帰りの新幹線は最新鋭N700系のぞみ。普通車なんですが,なんと窓側にAC電源が^^

おかげさまで,ひとつ前の記事を広島への移動中に完成させることができました。

 

それからせっかくの東京。

広島では見られないような映画を2本見てきましたので,ちょっと感想を・・・

1本目は「パレスチナ1948・NAKBA(ナクバ)

映像ジャーナリスト広河隆一氏が見たパレスチナ問題を克明に描いたドキュメンタリーでした。1967年から何度と現地に足を運び続け,撮りためた膨大な写真とビデオで制作されたものです。その映像は驚くべきものですし,イスラエル,パレスチナ双方からの視線で描かれているところに共感がもてるのですが,いかんせん2時間を超える上映時間は長すぎるのでは?と思いました。膨大な資料から削りに削った結果とは思いますが,90分位になっていれば,もっと素晴らしい作品になっていたのではないかな。

2本目はアルゼンチン映画「今夜、列車は走る

路線の廃線により突然解雇される鉄道員の厳しい現実を描いたドラマ。5人の鉄道員を描いていくのだが,途中話がグダグダになっていき,どうなることかと心配になりましたが,ラストを見事に纏め上げてました。

 

映画にどっぷり浸かった2日間。
とりあえず記事も書けてますし,便利な世の中に感謝です。

 

【広報部:かっしー】

| 事務局より | 14:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全国映連賞贈呈式 その3

全国映連賞贈呈式での受賞者の方々からのコメント後半は,呉映サにゆかりのある方々からのものです。
まずは次回例会作品「ひめゆり」の監督,柴田昌平さんから。

柴田監督

【柴田昌平監督】

実は監督という意識はあまりないんです。ひめゆりのおばあちゃんたちの言葉を届ける”仲立”だと思っています。だから監督賞といわれるとおこがましくて・・・

「なぜ,ひめゆり?」って言う反応が多かったんです。でもこれまで「ほんとの声」が聞かれるドキュメンタリーってなかったんです。

僕にとってカメラマンは本当に大事な存在なんです。だから紹介させてください,カメラマンの澤幡さんです。

13年かかって撮ってきた映画なので,風化しないように,言葉が過去にならないようひとつひとつの上映会を大切にしたいと思っています。

 

続いては,昨年の拡大例会「それでもボクはやってない」の製作を担当したアルタミラ・ピクチャーズの桝井さん。プロデューサーならではの苦労話が聞けました。

桝井プロデューサー

【桝井プロデューサー】

こうやって皆さんに評価していただいて,こういう場が来るとは考えてもいませんでした。何とか出資した分が取り返せて赤字にならなければいいと思って,ヒヤヒヤしながら製作しました(笑)。

呉での上映ではお世話になりました。呉にお伺いしたとき,呉市では上映されていないと聞き,あんな大きな都市でも上映されないのかとショックを受けました。また(フィルム料が)高い条件を乗り越えて上映しようという勇気に改めて感謝をしたい。また,会場には素敵な看板がありまして,映画を作った側としては,この映画をかわいがっていただき,大切にしていただいていることにも感謝をしたいと思っています。

 

中村ゆりちゃん受賞を祝って,シネカノンの李鳳宇さんも会場に足を運んでくださいました。李プロデューサーは昨年に引き続きご登場でした。

李鳳宇さん

【李鳳宇さん】

全国映連の方々,映画サークルの方々にはいつもお世話になっております。でも今年残念だったのは,ボクの好きな「麦の穂をゆらす風」があんなものかな(第5位)と思ったことです(笑)。

反日映画の主演女優を評価していただいてありがとうございます(笑)

中村ゆりちゃんのスピーチを聞いて涙が出そうになりました。こんなにスピーチがうまくなるとは(笑)

 

そして,最後は呉映サがプレゼンターを務めた麻生久美子さん。

ホントはこの方のコメントは私だけの宝物としてしまっておきたかったのですが・・・

麻生久美子さん

【麻生久美子さん】

全国映連賞を受賞したとの連絡を受けた後,佐々部監督から「この映画賞はすごく温かくていい賞だから是非参加してください」という電話をいただきました。その時はどういう意味かよくわからなかったのですが,今日ここに来てみて(監督の言った意味がわかって)うれしくてホッとしています。

「夕凪の街桜の国」は,私にとって特別で思い入れのある作品なのでこの作品で受賞できたことを本当に嬉しく思っています。

この作品に関わるまでは,原爆のことも戦争のことも何も知らなくて,祖母の戦争体験の話を小さい頃に聞いてショックを受け,傷ついたんですね。それ以来,怖いことは聞きたくないと思うようになって生きてきてしまいました。だけど,この作品で,私にとって知るべき時が来たんだなと思いました。広島の方に見てもらっても恥ずかしくないように悩みながら精一杯やりました。

佐々部監督からは,作品に入る前に「ひとりひとりが作品に参加できることに誇りをもって頑張りましょう」といわれました。スタッフの方共演者の方ひとりひとりががこういう気持ちを持ったからこそ,素晴らしい作品になったのだと思っています。

来年も再来年も夏になったらこの作品がどこかで上映されることを願っています。

 

「それボク」を上映した呉映サを「素手でライオンに立ち向かう勇者」として敬意を表してくださったのか,今年のスピーチでは東宝ネタ満載でした。そして改めて思うのは出席していただいた皆さん「映画を心から愛しているんだな」ということでした。そんな生の声を間近で聞くことができる全国映連賞贈呈式に参加できて本当に幸せでした。

 

【追記】

全国映連賞贈呈式でご一緒した,清水映画サークルの方も麻生久美子さんのことを書かれていました。

のびた@映画の話をしようよ → 麻生久美子さん、語る

のびた@映画の話をしようよ → のびた、麻生久美子さんにアタック!

 

次回は,ホントの目的,全国映連定期総会の様子を報告する・・・予定です。

【広報部:かっしー】

| 事務局より | 00:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全国映連賞贈呈式 その2

全国映連賞贈呈式で受賞者の方々からコメントをいただきました。

周防監督

【周防正行監督】

(映画づくりについて)

これまでは,いい映画にしたい,映画として皆さんに楽しんでもらいたいという思いで作ってきましたが,今回は,いい映画面白い映画をイメージしたのではなく,日本の裁判というものを多くの人に知ってもらいたいという強い思いで作りました。

(授賞式について)

一連の授賞式の本当に最後の授賞式になりました。この先映画を作らなくなったり。評価される映画ができなかったりしたら,生涯最後の授賞式になるので(笑)生涯最後の授賞式を楽しんで帰りたいと思います。

【アルバトロスフィルム・吉原さん】

(善き人のためのソナタについて)

この映画は地味ですがとてもいい映画だったので,自信を持って買い付けした。賞はいただいたんですけど,映画サークルさんからのブッキングはもうひとつかな(笑)これからもよろしくお願いします。

中村ゆりさん

【中村ゆりさん】

女優として駆け出しの未熟な私にこんな素晴らしい賞を与えていただき感激しています。悩んだ時期もありましたが,映画に携わっていきたいと思っていたとき,オーディションで李さんに拾っていただきました。それからひとつひとつが実りあるものになったなと思える毎日を過ごすことができました。

井筒監督には現場ではよく怒られました。周りの人から「ここを経験したらもう怖いところはないよ」と励まされました(笑)。なかなか経験できないことなので,有難い経験をさせてもらったなぁと思っています。

シネカノンの李さんは「映画を作るときは,陽の当たらない人たちに光を当てたい」といつもおっしゃっています。その言葉に私は感動し,そんな精神を持った映画の中の一部として参加できることを嬉しく思い,そんな人たちにこれからも起用してもらえるよう日々頑張って行きたいと思っています。

 

後半につづく

 

【広報部:かっしー】

| 事務局より | 14:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全国映連賞贈呈式&受賞記念パーティ

平成20年4月19日(土),東京の岩波シネサロンで全国映連賞贈呈式が開催されました。

呉映サスタッフは,「夕凪の街 桜の国」での演技により受賞された麻生久美子さんのプレゼンターを務めました。

 

いつもは毒舌でならす我輩も,「カンゾー先生」以来のファンである憧れの女性を前にして,舞い上がってしまい,何をしゃべったのか全く覚えていません。

 

麻生さんのほかには,昨年の拡大例会にお越しいただいた周防監督と桝井プロデューサー,次回例会「ひめゆり」の柴田監督,「パッチギ!Love&Peace」の中村ゆりさんともお話しすることができました。

受賞者の皆さん 

昨年の贈呈式の報告記事でも書いていましたが,今回参加しての感想はやはり「日本で一番小さく質素だけれども,一番贅沢な贈呈式」ですね。

 

なお,次回例会「ひめゆり」の上映会に当たって,柴田監督から会員の皆さんに向けてのメッセージをいただくことができました。このメッセージを次回例会で流しますので,楽しみにお待ちください。

 

上京の本来の目的である全国映連総会の討議の様子については,改めて報告いたします。

【関連記事】

昨年の全国映連賞贈呈式の報告 → 東京報告 その1

麻生久美子さんへの記念品 → 全国映連総会へ

今年の全国映連賞の一覧 → 全国映連賞

 

【追記】

女優賞を受賞された中村ゆりさんが自身のオフィシャルブログで全国映連賞の記事を書かれていました。ゆりchan,ほんとかわいかったなぁ・・・

中村ゆりオフィシャルブログ ぬるま湯と冷たい風 → ほんまかいなぁ

【追記その2】

監督賞を受賞された柴田昌平監督も自信の公式Blogで全国映連賞の記事を書かれてました。上の記念写真撮影の際,お隣に座られた麻生久美子さんのことも書かれています。そして,なんと呉映サのことまで^^ありがとうございます。

「ひめゆり」監督日記 → 全国映連賞・麻生久美子さん

 

【広報部:かっしー】

| 事務局より | 13:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全国映連総会へ

先日の例会での皆様方からの暖かいご厚志を手に,呉映サを代表して3名が全国映連総会に参加してきます。映画を愛する全国の仲間に呉映サの活動を報告するとともに,各地のサークルの活動状況を伺って参ります。

 

また,併せて開催される全国映連賞贈呈式では,女優賞受賞の麻生久美子さんに映サ会員,橋本先生作のコーヒーカップと花器を渡して参ります。

 

【広報部:かっしー】

| 事務局より | 16:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「私のちいさなピアニスト」例会,無事終了しました

あいにくの天気でしたが,雨の中たくさんの方にお越しいただきました。ありがとうございました。

 

さて,本日の例会作品「私のちいさなピアニスト」はいかがだったでしょうか?

久しぶりのアジア(韓国)映画,しかも呉映サの最も得意とする音楽映画。堪能できましたでしょうか?

 

皆さんのお気に入りのシーンは?

 

私のお気に入りのシーンは,キョンミン少年がジス先生のために作った曲を演奏するシーンです。キョンミンがジスを指さす仕草にはちょっとこみ上げてきました。

 

4月例会が終わると,呉映サ今年一番の大勝負,6月沖縄映画特集です。

恋しくて(中江裕司監督)ひめゆり(柴田昌平監督)サウスバウンド(森田芳光監督)3作品一挙上映です。

呉映サ会員になると,1本分の会費で3本全て鑑賞が可能になります。

これは会員になるしかないでしょ^^

乞うご期待!!

【広報部:かっしー】

| 例会 | 16:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全国映連賞

呉映画サークルも加盟している映画鑑賞団体全国連絡会議(通称 全国映連)が主催する全国映連賞が決まり,4月19日(土)東京で授賞式があります。

 

本年度の受賞は次のとおり

【作品賞】 それでもボクはやってない

      善き人のためのソナタ

【監督賞】 周防正行(それでもボクはやってない)

      柴田昌平(ひめゆり)

【男優賞】 加瀬亮(それでもボクはやってない)

【女優賞】 麻生久美子(夕凪の街 桜の国)

      中村ゆり(パッチギ!LOVE&PEACE)

【特別賞】 「日本の青空」製作スタッフ

 

女優賞,麻生久美子さんのプレゼンターを呉映画サークルが務める予定です。

 

「ひめゆり」公式サイトで全国映連賞監督賞を受賞した記事が載っていました。

「ひめゆり」公式サイト → http://www.himeyuri.info/

中村ゆりさんのオフィシャルブログでも受賞報告記事が掲載されていました。

中村ゆりオフィシャルブログ ぬるま湯と冷たい風(ご報告)

 

受賞された皆様方,おめでとうございます。これからも私たちに素晴らしい作品を見せてくださいね。

 

【広報部:かっしー】

| 事務局より | 13:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月5日(土)公開の映画

新しい年度がやってきました。

映画情報,1週飛ばしてしまいました。

映画鑑賞は4本,そして劇団四季「美女と野獣」に行って参りました。

 

カフカ田舎医者

アニメ作家山村浩二氏の過去の4作品を同時上映

頭山(2002年/10分)

年をとった鰐(2005年/13分)

こどもの形而上学(2007年/5分)

校長先生とクジラ(2007年/2分)

人のセックスを笑うな

永作博美さんはどちらかというと助演で光るタイプですね。後半は蒼井優の映画かと思いました。

再会の街で

アダム・サンドラー,ドン・チードルの2人が見事でした。9.11映画の中では出色の出来ではないでしょうか。音楽がよかったね

マイ・ブルーベリー・ナイツ

ノラ・ジョーンズ,ちょっと心配でしたが,なかなかどうして^^

脇を固めた芸達者達のおかげでもありますが,今後に期待します。音楽がこれまたいいなと思ったら,ライ・クーダーでした。

美女と野獣(劇団四季広島公演)

95年の東京初演以来ですから,ホント久しぶりの観劇でした。舞台美術がいっそう進化したように感じました。柳瀬”ビースト”&坂本”ベル”は安定感ありました。

アラン・メンケンの楽曲,いいです。やっぱり「魔法にかけられて」鑑賞してみるかな。

 

さて,4月5日(土)公開の映画情報です。

クローバーフィールド/HAKAISHA

その時,何が起きたのか?

クローバーフィールド

自由の女神の頭が転がる衝撃的な予告編。

アトラクション・ムービーだそうな・・・

ワーナーマイカルシネマズ広島

TOHOシネマズ緑井

広島バルト11

 

モンゴル

闘って,生きた。

守るべきは,この愛しきもの

モンゴル

本年度アカデミー賞外国語映画賞ノミネート。いよいよ,浅野忠信,世界へ

広島東映

広島バルト11

 

うた魂♪

日本中が,スタンディングオベーション!!

合唱ムービーですね。

サロンシネマ

広島バルト11

 

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

いっちょ イタズラ いきますか。

アクセス・ランキング18か月ナンバーワンの記録を更新中の超人気ブログ小説の映画化。

TOHOシネマズ緑井

広島バルト11

 

サロンシネマ,シネツイン情報

恋の罠

禁断の愛,開花

迷子の警察音楽隊

カンヌの審査員も一目惚れした,平和と希望の物語

 

広島映画サークル例会

春が来れば

広島初公開 4月6日(日)県立美術館・地下ホールにて

 

4月6日,キケン部映画鑑賞ツアー

迷子の警察音楽隊&春が来れば

詳細は事務局へ

 

【広報部:かっしー】

| 映画館情報 | 13:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月