FC2ブログ
1月例会
『芳華-youth-』(2017年中国映画)
上映時間:2時間15分
2020年1月18日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:40 ③18:30 の3回上映
各回 広島大学中国語講師・袁葉さんトーク付
☆トーク15:10~15:30、18:00~18:20           18:25~18:30 予告編はこちらから

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

≫ EDIT

スカイ・クロラ試写会

アニメとしては前作「イノセンス」から4年ぶりとなる押井守監督の最新作は森博嗣の人気小説を原作にした「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」でした。

8月2日(土)公開のこの作品を一足早く鑑賞する機会を得ました。


物語の舞台は、いくつかの大戦を経て、つかの間の平和を手に入れた、今とよく似た時代。
かりそめの平和を実感する為に、人々は「ショーとしての戦争」を求めた。
現代を生きる私たちが、テレビを通して戦争を「観戦」するように。
戦闘機のパイロットとして戦うのは、《キルドレ》と呼ばれる子供たち。
彼らは年をとらない。思春期の姿のまま、永遠に生き続けるー空で死なないかぎりは。


押井守監督にしては珍しくストレートな恋愛物語でした。
生きている実感のない若者ー《キルドレ》を描くことによって、殺伐とした現代を生きる者に「生きている意味」を問いかけているようでした。

戦闘機による空中戦のシーンは3DCG、地上での人物描写は手描きのセル画と描き分けが物語にメリハリをつけているように感じられました。

4年前(イノセンスとハウル)もそうだったように、日本のアニメ界を牽引してきた二人の巨匠が再び同時期に作品を発表する。しかも今回は両者とも「生きること」をテーマに描いているのがとても興味深く感じました。

 

広島テレビ主催の試写会でしたが、なんと抽選会でグッズを手に入れることができました。その中身は・・・

1 大判パンフレット(市販品と違うかもしれない)
2 主人公が操縦する戦闘機「散香」のぬいぐるみ
3 特製ボールペン
4 ミニティッシュ3箱

太っ腹!広テレ!

 

【広報部:かっしー】

≫ Read More

| 映画よもやま | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奇跡のシンフォニー at 呉シネマ

奇跡のシンフォニー AUGUST RUSH を呉シネマ2で観てきました。

6月21日公開(インディ・ジョーンズと同日)でしたので、当然、呉では未公開、音楽映画好きな呉映サとしては例会候補作かもと思っていましたが・・・

ポケモン上映後の最終上映時間のみの公開ではありますが、上映されることに感謝^^

どんなお話かというと・・・


11年と16日間、施設で育った11歳のエヴァン(フレディ・ハイモア)。彼は、両親の顔も名前も知らないが、心に聞こえてくる音を通じてつながっていると信じていた。そして、ある日、施設を飛び出し、N.Y.のストリートで生まれて初めて楽器に出会う。そこで、エヴァンは自分の想いを楽器に託して表現できるということに気付く。そして、自分の音楽はこの世界のどこかにいる両親の元へ届くと信じて…。果たして、エヴァンに奇跡は起こるのか――?


『ネバーランド』『チャーリーとチョコレート工場』でウルウル瞳で観客の心を鷲掴みにしたフレディ・ハイモア君、今回もその瞳パワーを十分に生かしていました。物語の中でも音楽の天才ぶりを遺憾なく発揮し、ギター→パイプオルガン→作曲→指揮とまさに「奇跡」を連発します。その展開にはちょっと首をかしげたくなりますが、それを補ってあまりあるのが映画音楽でした。特に予告編でも見ることのできたギターのタッピング奏法。今春に間近で押尾コータローのそれを見たものとしては、感動も倍増でした。ネタバレチックな写真を貼ってしまいましたが、パパとのギター競演シーンはベタな展開にもかかわらず、もう涙モノです T_T

ちょっと??でしたが、ロビン・ウィリアムズさんを久々にスクリーンで観ました。相変わらずシャウトする姿は「Gooood Moooornin’ Vietnam!!!」って言ってるようでしたけど・・・

 

ピュアな心を持った方にオススメの1本です。
予定では8月22日まで上映されるようです。

 

帰宅したら、機関紙編集の指令が届いてました。次号も20ページのボリュームだそうです。映画なんか観てる場合じゃない??

【広報部:かっしー】

≫ Read More

| 映画よもやま | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ひめゆり」柴田監督来横川

「ひめゆり」柴田監督と再会

前回例会「沖縄特集」の2本目として上映した『ひめゆり』はただ今横川シネマで上映中です。
初日の7月26日、柴田監督が来られて、午後2時から横川商店街のカフェチアスにてお茶会がありました。チピピさんが呼びかけ、秋に上映を計画している山口防府市の女性3人をはじめ、大学生やピアニストなど集まり交流しました。呉映サのメンバーが5人、そして三次の『それボク』で周防監督の聞き手を務めた弁護士さんとも思わぬ再会となりました。ちぴぴさんはその後の夜の交流会も取り仕切り、大柿の自宅に帰ったのが3時半だったとか・・・。
写真の後列中央が柴田監督。

柴田監督来広

| 事務局より | 18:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月26日(土)公開の映画情報

暑いですね・・・エアコンのよく効いた映画館でゆっくりしたい・・・
これってecoですか??

 

前回例会の「ひめゆり」が横川シネマで1年ぶりの再上映です。
以下、ちぴぴさん情報です。

26日(土)には柴田昌平監督も来広されます。
第1回上映終了後、柴田監督舞台挨拶
午後2時から カフェチアスにて、柴田監督をかこんで交流会
(カフェチアスは、映画館より徒歩2分)

第2回上映終了後、柴田監督舞台挨拶
午後9時すぎから 甑(こしき)にて、監督を囲む会
(甑は同じく映画館より徒歩3分の居酒屋)

 

さて、7月26日(土)公開の映画情報です。

ハプニング

人類は滅びたいのか。

M・ナイト・シャマラン作品ですか・・・

たぶん見に行かないなぁ。

ワーナーマイカルシネマズ広島
TOHOシネマズ緑井
広島バルト11

 

カンフー・パンダ

自分を信じろ。

北京オリンピックだからでしょうねぇ・・・
声が、ジャック・ブラック、ジャッキー・チェン、ダスティン・ホフマン、アンジェリーナ・ジョリーですって
たぶん見に行かないと思います。

ワーナーマイカルシネマズ広島
TOHOシネマズ緑井
広島バルト11

 

ドラゴン・キングダム

ジャッキー・チェン×ジェット・リー
最強タッグが挑む、最大の冒険!!

これまた、北京オリンピック便乗企画でしょうか?
たぶん見に行かないと思います。

ワーナーマイカルシネマズ広島
広島バルト11

 

テネイシャスD 運命のピックを探せ!

目指すはロックで”成り上がり”

おバカムービーですね。今週はジャッキー・チェンとジャック・ブラックですね。

広島バルト11

 

サロンシネマ&シネツイン情報

ラフマニノフ~ある愛の調べ

天才作曲家セルゲイ・ラフマニノフのあの”不滅の名曲”誕生秘話が、今明かされる。

字幕は今年の映画大学の講師を務められた太田直子さんです。

 

さよなら。いつかわかること

笑うとき 目覚めるとき
眠るとき 海を眺めるとき
必ずママを思い出します

9.11モノ、イラク戦争モノ。
音楽がイーストウッドなので、気になってます。
見に行きます。

 

美しすぎる母

僕は母を殺した。

 

【広報部:かっしー】

| 映画館情報 | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全国映連第37回映画大学in姫路

7月19日から21日までの3日間、姫路市の姫路文学館で全国映連第37回映画大学が開催されました。呉映画サークルからはエンゾさんはじめ6名(うち1名は20日からの参加)が受講します。
ワタシも初日だけではありますが参加してきました。

早朝6時30分に事務所に集合したオヤジ4名と若者1名が一路姫路城を目指して旅立ちました。3日間7講座の強行軍、1講座2時間の長丁場は睡魔との戦いとなりそうです。

順調に呉からの道程を進めた一行は予定より早く姫路に到着。

会場からは世界遺産白鷺城の姿も。

エンゾさんは全国映連事務局として早速本日の第1講岡真理さんと打ち合わせ。その他のものは午後からの講義に備えて腹拵えに向かいました。

第1講は、現代アラブ文学研究者の岡真理氏が『パレスチナ問題から考える「映画」の意味』について。テレビや雑誌などから入ってくる情報が断片的であるため、なかなか理解しづらいパレスチナ問題の本質について、「表象をめぐる世界差」という表現で説明されました。その熱い語り口は、ん十年ぶりの講義しかも昼食をすませたあとの午後イチにもかかわらず、睡魔という言葉を忘れてしまうほど聞き入ってしまいました。特に映画鑑賞者としての覚悟を問われる問題提起は心に残りました。

講義終了後、ちゃっかりサインをいただきました(右下)^^

彼女が関わったドキュメンタリー映画のタイトル「Women in Struggle」
「パレスチナに平和を」
今日の日付「2008/07/20」
そして彼女の名前「岡真理」と、アラビア語で書いてあるそうです。

 

第2講は、「天然コケッコー」「松ヶ根乱射事件」の山下敦弘監督で姫路シネマクラブの内海さんとの対談形式で行われました。

聴講している大半が1976年生まれの山下監督よりも随分と年配というアウェイ状況の中、飄々と内海さんの聞きだしに答えていらっしゃいました。
作品に取り組む際には「常に新しい一歩を踏み込む気持ちを忘れないでいたい」という言葉にこれからの日本映画界を牽引していく若手の一人として、大いなる期待を抱かせてくれました。今後の活躍、楽しみです。

ヒロシくん、山下監督自画像入りサインをもらってました。映サ事務所ライブラリーへの寄贈よろしくお願いしますね。


第37回映画大学スケジュール

7月19日
第1講  講師:岡真理氏
第2講  講師:山下敦弘監督

7月20日
第3講  講師:山田和夫氏
第4講  講師:太田直子氏
第5講  講師:加藤武氏
特別上映会  『火垂るの墓』

7月21日
第6講  講師:伊藤千尋氏
特別講義 講師:山田和夫氏
第7講  講師:山田洋次監督


たった一日の受講ではありましたが、充実した内容でとても満足のいくものでした。
詳細な報告は次回の機関紙で行われる予定です。お楽しみに!

また、春の全国映連総会でお会いし、このBlogにもコメントを寄せてくださっている清水映サの”のびた”さんとも再会することができました。
そののびたさん、彼のBlogでも書かれていましたが、山下監督と伊坂幸太郎さんとのコラボのことを質問されていました。

その記事 → のびた@映画の話しようよ「実験4号☆伊坂幸太郎×山下敦弘 講談社 2800円+税」

のびたさん、ナイスな質問でした。

今回は長くお話しできず申し訳ありませんでした。
これからもよろしくお願いします。

 

【広報部:かっしー】

≫ Read More

| 事務局より | 23:37 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月19日(土)公開の映画情報

7月19日からの連休3日間、姫路市で全国映連第37回映画大学が開催されます。
講師陣は山田洋次監督、俳優の加藤武さん、天然コケッコーの山下敦弘監督など。3日間で7つの講座が開かれます。もちろん呉映サからも参加いたします。ワタシも初日だけではありますが、参加してきます。帰りましたらまた報告しますね。

 

さて、7月19日(土)公開の映画情報です。今週はBIG WAVEがありますね^^

 

まずは、この夏一番のオススメ!とかねてからお知らせしています、

歩いても歩いても

人生は、いつもちょっとだけ間に合わない

辛辣で残酷な言葉も家族だからこそ・・・

シネツイン

 

崖の上のポニョ

生まれてきてよかった。

この夏の大本命。
スタジオジブリ最新作は、4年ぶりとなる、宮崎駿監督のオリジナル作品

街中がポニョポニョ♪言ってます^^

呉シネマ
広島宝塚
TOHOシネマズ緑井
ワーナーマイカルシネマズ広島
広島バルト11

 

百万円と苦虫女

百万円貯まったら、この家を出て行きます。

いろんな映画に出演してキラキラ輝いている蒼井優chanですが、意外なことに主演作となると・・・

「自分探し」ならぬ「自分探さない旅」に出る蒼井優chan、楽しみです^^

シネツイン

 

あとは、先日書き込みを行った良質ドキュメンタリーの
GATE

TOHOシネマズ緑井

三池崇史監督、柴咲コウ主演の「着信アリ」のハリウッドリメイク
ワン・ミス・コール

広島バルト11

1980年韓国で起きた光州事件を描いた
光州5・18

サロンシネマ(1週間限り)

 

夏休みの映画館通いもなかなか忙しくなりそうです。

 

【広報部:かっしー】

| 映画館情報 | 19:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

試写会2連発 その2 ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発

マジメなドキュメンタリー「GATE」の感動を心に残したまま、シネツインに移動。

2本目は「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発

こちらはうって変わって、くだらないおバカ映画でした。

とりあえず、どんな映画かというと・・・


 世界の首脳たちが集まる洞爺湖のG8サミットの真っ最中、札幌近郊に中国の宇宙船が墜落。宇宙船に付着した胞子から、宇宙怪獣・ギララが突如出現する。ひょんな発言で、G8サミットは急遽「G8大怪獣ギララ対策本部」に変更され、先陣切って日本がミサイル攻撃を仕掛ける。だが、そのミサイルをモグモグと食べつくしてしまったギララ。すっかり腰抜け国となった日本にとって代わり、各国がこぞって攻撃を開始する。だが、ギララには何の効果もない…。果たしてG8は、この地球存亡の危機を回避できるのか? 1967年公開の『宇宙大怪獣ギララ』から40年を経て、ギララが大復活!


社会風刺コントでお馴染みのザ・ニュースペーパーが得意の安倍、小泉両元首相で登場したりアイドルの加藤夏希chanが熱演したりと頑張っています。G8の各国首脳がそれぞれの得意分野でギララに対抗する辺りは面白いのですが、ちょっとやり過ぎかも。

残念だったのがクライマックスのビートたけし。ここでこの映画の限界が見えてしまいました・・・

数々の60年代の怪獣映画の中でも一際異彩を放っていた松竹の「ギララ」がこんな形でよみがえるとは思ってもみませんでした。平成の時代になってゴジラやガメラがCGなどによりリアルになって蘇らせたのに対し、こちらは伝統の着ぐるみで対抗。しかも物語は「ウルトラマン」でなく「ウルトラQ」で見せてくれました。おバカな映画をものすごく真剣につくっている辺り好感もてますが、じゃあ皆さんに薦められるかというと・・・

ギララに洞爺湖サミットをぶつけるというアイデアは見事でしたが、リアル「洞爺湖サミット」があそこまで不毛に終わることも監督は予想していたのでしょうか?
「サミットって意味ない」の同僚の言葉に、加藤夏希の「やらないよりやったほうがいい」という台詞が妙に痛々しかった。

 

「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発」はサロンシネマにて7月26日(土)から公開 

 

【広報部:かっしー】

| 映画よもやま | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

試写会2連発 その1 GATE A TRUE STORY

7月14日の運営委員会で試写会情報をいただきました。7月15日に2本の試写会。

1本はTOHOシネマズ緑井でのドキュメンタリー「GATE A TRUE STORY」

もう1本はシネツインでの「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発」

あまりのジャンルの違いにちょっと戸惑いましたが、せっかくですから2本とも参加しました。

まず、1本目は「GATE A TRUE STORY

どんな映画かというと・・・


 約60年前の広島。第二次世界大戦終戦という名目で、世界最初の原爆が落とされた。一人の男性が、その広島で残っていた“原爆の火”を持ち帰り、絶やすことなく“火”を燃やし続けていた。この世に二度と同じ悲劇を起こさないという願いと平和への祈りの象徴として。その火を、原爆が生まれた場所であるアメリカへ戻し、そこで消し去ることで、負の連鎖を絶ち永遠に眠らせたいと、ある僧侶たちが立ち上がった。

2005年7月、僧侶たちは、サンフランシスコから、世界最初の原爆実験の場所であるアメリカ・ニューメキシコの“トリニティーサイト”まで、砂漠、山、250以上の街を越え、2500kmの旅をした。この世に同じ悲劇が繰り返されることのないようにと、広島の原爆で起きた火を、60年もの間燃やし続けていた奇跡に近い事実と祈りの旅。本作はその様子をヒューマンドラマとして記録したドキュメンタリー。


真面目につくられたドキュメンタリーで、本編のナビゲーションをマーティン・シーンが、日本語ナレーションを松嶋菜々子が務めていました。
一人の人間として何ができるのか?改めて考えるきっかけを作ってくれる映画かと思います。

上映前に監督のマット・テイラーさんが流暢な日本語で挨拶をされました。その中で彼は「世界のいろいろな国で上映してきたが、ここ広島の地で上映することが夢だった、すごく緊張している」とおっしゃっていました。上映後にも会場出口で観客の方全員に声かけと握手をされていました。
マットさんは世界中でつくられた核兵器を民間の手で買い戻すという「世界核兵器解体基金 GND Fund」の代表をされており、「何ができるのか?」の答えを基金に見いだしているようです。その手法が実効性を伴うものなのかはよくわかりませんが、CO2排出権取引などのような架空の取引にならないよう願っています。

この映画は7月19日(土)からTOHOシネマズ緑井で上映されます。前例会「ひめゆり」でドキュメンタリー映画の可能性の大きさを実感しました。ハードルはかなり高くなりましたが、この作品もまた、ドキュメンタリーの面白さを教えてくれる作品だと思います。

 

【広報部:かっしー】

| 映画よもやま | 19:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月12日(土)公開の映画情報

どうも間隔が空いてしまいます^^;

先週は洋画2本を鑑賞しました。

1本目は、エンゾさんオススメの「ジェイン・オースティンの読書会

ジェイン・オースティンの6作品を順に読書会で語る作品なのですが、ジェイン・オースティン自体をよく知らないので、実はあまり楽しめませんでした。カワベさんの登場にはちょっとビックリでしたけど^^
女性映画なので例会には良いのかもしれませんね。

2本目は、「トゥヤーの結婚

中国内モンゴルの肝っ玉母ちゃん(でも綺麗)のお話でした。
中国映画はちょっと苦手です。ヒロイントゥヤーを演じたユー・ナンさんが「スピードレーサー」に出演しているそうです。彼女を観るために出かけますか^^

 

さて、7月12日(土)公開の映画情報です。

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌

それでも、人間を守るのか

この作品、松竹の命運を握っているのか、緒方拳さん、寺島しのぶさんまでご登場^^;

呉ポポロ
広島スカラ座
ワーナーマイカルシネマズ広島
TOHOシネマズ緑井
広島バルト11

 

近距離恋愛

恋人よりも大好き。それでどうして友達のまま?

ラブストーリーが観たいって言ってたナリーニさん、恋愛映画ですよ^^

広島バルト11

 

サロンシネマ・シネツイン情報

胡同の理髪師

93歳の現役理髪師チンお爺さんのお話。
予告編では興味惹かれましたが、中国映画ですので・・・^^;

 

シークレット・サンシャイン

苦手の韓国映画ですが、これは良さそうです。

 

運命じゃない人

「アフタースクール」の内田けんじ監督の長編デビュー作。1週間限り。

 

シネツイン2では、大映傑作特集として日替わりで上映

12(土)君よ憤怒の河を渉れ
13(日)白い巨塔
14(月)Shall we ダンス?(広島出身の美術監督部谷京子さんの舞台挨拶あり)
15(火)シコふんじゃった。
16(水)座頭市物語
17(木)眠狂四郎女妖剣
18(金)眠狂四郎無頼剣

 

我が町、呉の映画館2館は

ゲゲゲ、マジックアワー、花男F、相棒、僕の彼女はサイボーグ、ランボー
と、超話題作ばかりのラインナップ^^ がんばれ!

 

【広報部:かっしー】

| 映画館情報 | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月になりました

長らく更新していなかったら、ちょっと心配になったのか、エンゾさんが久しぶりの投稿をしてくださいました。ありがとうございます。

 

春の全国映連総会でお世話になった清水ののびたさんからもコメントが届いてましたが、気がつかず返事が遅れてしまいました。ごめんなさい。

 

さて、2008年ももう半分が過ぎてしまいました。

皆さん、映画観ていますか?

ワタシは「去年よりも1本でも多くの映画と出会う」を目標にしていますが、この半年間の成果は・・・・

昨年よりも10本以上オーバーの43本の映画と出会うことができました。この調子ですと夢の年間100本も何とかなりそうな予感です。

でも、遙か先を行く若者がいました。

そう、ヒロシくんです。

なんと彼は先週末、サロンシネマのスタンプカード「御贔屓帳」100ポイントを全てマークしたそうなのです。このカードの有効期限は1年なので、サロンシネマ、シネツインだけで1年に100本を見たことになるのです。ちょっとすごすぎます。

次の機関紙にはきっと満点の御贔屓帳を手にしたヒロシ君の写真とコメントが掲載されることでしょう。

 

今週は、「西の魔女が死んだ」とエンゾさんオススメ(WHY?)の「DIVE!!」の2本を鑑賞。どちらも本屋さんで原作本とともに予告編CMが流れているのでご存じでしょう。

DIVE!!をなぜエンゾさんが薦めるのか未だに謎なのですが、サロンシネマさんは上映打ち切りということで、慌ててみてきました。映サの女性陣が喜びそうなイケメン3人がマイナーな高飛び込みという競技に打ち込むスポーツものですが、3人それぞれが丁寧に描けていて、「エンゾさんが薦めるのもなるほどな」と思える作品でした。イケメン3人も実際にあの高さから飛び込んでいたようで、高所恐怖症のワタシにとってはそれだけで褒めてあげたいですね。マイナー競技にスポットを当ててくれたおかげで、北京オリンピックの飛び込みが楽しみになってきました。「ダイヤモンドの瞳」を持った選手は現れるのでしょうか?

もう1本の「西の魔女が死んだ」も大ベストセラーの原作の完全映画化で、シャーリー・マクレーンの娘さんのサチ・パーカー(写真左)が流暢な日本語で西の魔女を演じていました。

まい役の高橋真悠chan(右)もビックリするような演技を見せてくれます。カンゾー先生での麻生久美子を思い出しました。これからどういう風に成長するのか楽しみです。この作品もまた映サの女性陣が喜びそうです。

 

それにしても・・・

「僕の彼女はサイボーグ」→「DIVE!!」→「西の魔女が死んだ」

この作品群は何???

 

【広報部:かっしー】

| 映画よもやま | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひさしぶり

あまりに久しぶりでアップの仕方忘れていました。

全国映連誌の印刷製本作業中断してコーヒーブレイク。ひとりで。

折り作業ここまで2時間。

いまから、帳合に1時間、発送作業に1時間でいけるか?

はい、休憩終わり。

GOGOGO

エンゾ

| 事務局より | 15:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月