FC2ブログ
1月例会
『芳華-youth-』(2017年中国映画)
上映時間:2時間15分
2020年1月18日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:40 ③18:30 の3回上映
各回 広島大学中国語講師・袁葉さんトーク付
☆トーク15:10~15:30、18:00~18:20           18:25~18:30 予告編はこちらから

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

映画の秋Part2

10月も映画鑑賞に勤しみました。

トウキョウソナタ

「ぐるりのこと。」とも「歩いても歩いても」とも一味違うホームドラマ。ぞわっとするところもあり、さすがホラーの巨匠 ★★★★

ジャージの二人 

ケータイをかざすシーンと「和小」ジャージと小さなガッツポーズが(笑) ★★★

きみの友だち

青春だねぇ・・・ ★★★☆

アクロス・ザ・ユニバース

過去記事をご覧ください ★★★★

ぐるりのこと。(シネマ尾道・2回目鑑賞)

過去記事をご覧ください ★★★★

ジェイン・オースティンの読書会(例会)

小説読了後鑑賞できなかったことを悔やんでます ★★★☆

石内尋常高等小学校 花は散れども

日本最高齢映画監督、新藤兼人監督の新作。舞台の石内はワタシの実家の近くなんですけど、田舎ですね・・・大正12年頃の風景にクルマが横切ったように見えたけど、気のせいですね・・・ ★★☆

ウォンテッド

根性で鉄砲の弾は曲がるものらしい。1を倒して1000を救うってもの調子よすぎ ★★☆

 

例会の合間の11月は何を鑑賞しましょう?

レッドクリフPart1

第1部なので、一番に美味しいところで「つづく」なんでしょうね

まぼろしの邪馬台国

宮崎康平さんの物語なので興味あるんですが・・・

X-ファイル:真実を求めて

今さらって気もしますが・・・

ハンサム★スーツ

うーん・・・

ブタがいた教室

過去記事をご覧ください

七夜待

河瀬直美監督の最新作でハセキョー主演。興味津々です

ハッピーフライト

「ウォーターボーイズ」「SWING GIRLS」のように楽しませてもらえるか?

 

とりあえず、11月1日の「映画の日」は、「ブーリン家の姉妹」「レッドクリフ」
そしてサロンシネマで1週間限定の「12人の怒れる男」あたりを鑑賞する予定です。

 

【広報部:かっしー】

| 映画よもやま | 21:51 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハッピーエンドがみんなを笑顔にする

第235回例会『ジェイン・オースティンの読書会』、雨の中たくさんの方にお越しいただきました。「呉映サらしからぬ映画」といった声をたくさん聴くことができました。嬉しい限りです。これからもこうしたサプライズ上映を心がけて参りますので、お楽しみに^^

呉映サでは、最終上映終了後、「読書会」ではないのですが、当日の映画についての感想を語る交流会を行っています。今日も総勢15名で感想を語り合いました。是非一度のぞいてみてください。映画の感動がさらに深まると思いますよ^^

さて、次回例会は、年の瀬も押し迫っての12月4日(木)、アルゼンチン映画「今夜、列車は走る」です。

この映画は、呉映サでの上映が広島県初公開となります。今回の作品とは随分違う作品ですが、満足いただける確信があります。期待してお待ちくださいね。

「今夜、列車は走る」公式サイト

作家の沢木耕太郎さんの映画評がありました。

今夜、列車は走る ~敗北の鉄道員らが紡ぐ「希望」

| 例会 | 23:19 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

文部科学省選定って?

映画のポスターの端っこに書いてある、「文部科学省特別選定」とか「文部科学省選定」ってどういう基準で選定されてるって気にしたことありません?

ちょっと気になったので、調べてみたところ・・・

「教育映像等審査制度」という制度がありました。教育映画等審査規程というもので選定しているようです。その第1条に、

文部科学大臣は、映画、ビデオテープ、スライド及び紙芝居(以下「映画等」という。)について、教育上価値が高く、学校教育又は社会教育に広く利用させることが適当と認められるものを選定し、・・・(以下、省略)

とあり、第4条と第5条に審査基準がありました。

第四条 審査は、申請された映画等のもつ教育上の価値を主とし、次に掲げ
 る基準に従つて行なう。
 一 内容について
  イ 正確なものであるか。
  ロ 信頼できるものであるか。
  ハ 時代の進歩に応じているものであるか。
  ニ 心身の発達段階に応じて理解しうるものであるか。
  ホ 生活、経験及び興味に即しているものであるか。
  ヘ 経験領域を拡充し、豊かにするものであるか。
  ト 思考力及び批判力をかん養するものであるか。
  チ 教養を高め、生活の向上に資するものであるか。
  リ 豊かな情操を養うものであるか。
  ヌ 倫理性を高めるものであるか。
  ル 学校教育用教材については、幼稚園教育要領又は学習指導要領に示
   されている教育課程に対する配慮がなされているか。 
 二 表現について
  イ 意図しているものが表現されているか。
  ロ 画面が鮮明であるか。
  ハ 色彩が適切であるか。
  ニ 用語が平易かつ妥当であるか。
  ホ 解説に頼りすぎていないか。
  ヘ 解説と画面との結合が適切であるか。
  ト 録音が適切であるか。
  チ 紙質及び印刷が適切であるか。
 三 指導書又は解説書について(スライドに係るものに限る。)指導書
  又は解説書が適切であるか。
第五条 映画等の審査にあたつては、前条に規定するものの外、左の各号に
 掲げる事項についても留意するものとする。
 一 風教上好ましくないものではないか。
 二 商業的又は政治的な宣伝意図の顕著なものではないか。
 三 安易な模倣を誘発し、社会的悪影響を及ぼす虞れのあるものではな
  いか。
 四 その他中正を欠く意図が感じられるものではないか。

すごーく無難な審査基準でしたね。こうした基準で審査が行われ、晴れて「特別選定」「選定」となるわけですが、もし審査して選定から漏れたらちょっと興行的に問題が発生するのでは?と疑問を感じたのですが・・・

第九条 選定教育映画等とされなかつた映画等については、審査の結果を
 公表しないものとする。

ちゃんと考えているんですね・・・さすがニッポンの官僚^^

ところで、どんな作品が「選定」されているんでしょう?

今年度の選定作品は・・・

「特別選定」

クライマーズ・ハイ(少年向き、青年向き、成人向き)

ラストゲーム 最後の早慶戦(少年向き、青年向き、成人向き、家庭向き)

三本木農業高校、馬術部(少年向き、青年向き)

未来を写した子どもたち(青年向き、成人向き、家庭向き)

青い鳥(少年向き、青年向き、成人向き)

 

「選定」

マンデラの名もなき看守(少年向き、青年向き、成人向き、家庭向き)

山桜(青年向き、成人向き、家庭向き)

きみの友だち(少年向き、青年向き、成人向き、家庭向き)

火垂るの墓(少年向き、青年向き、成人向き、家庭向き)

1978年、冬。(成人向き)

バグズ・ワールド(家庭向き)

那須少年記(少年向き、青年向き、成人向き、家庭向き)

いま ここにある風景 エドワード・バーティンスキー:マニュファクチャード・ランドスケープ「CHINA」より(青年向き)

ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ(幼児向き、少年向き、家庭向き)

三本木農業高校、馬術部(成人向き、家庭向き)

ぼくのおばあちゃん(青年向き、成人向き、家庭向き)

未来を写した子どもたち(少年向き)

ブタがいた教室(少年向き、青年向き、成人向き、家庭向き)

アルビン/歌うシマリス3兄弟(家庭向き)

青い鳥(家庭向き)

WALL・E/ウォーリー(少年向き、青年向き、成人向き、家庭向き)

 

お上の「選定」にのるかどうかはアナタ次第・・・^^

| 映画よもやま | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シネマ尾道オープンお祝いツアー

シネマ尾道オープンをお祝いするためのキケン部ツアーが5名により挙行されました。

12:30からの上映ですが、満員で入場できなくては、何のために尾道まで来たかわからなくなるので(結局は杞憂でしたが・・・)、整理券を配布する10時を目標に尾道に向かいました。

劇場に到着したときには既に列ができてました。我々もその列に加わりました。
あえて、ちょっと苦情。様々な割引制度があるのですが、今日の上映はイベント上映なので割引が使えないとのこと。でも事前にその説明がされていない、チケット販売窓口の方の声が聞こえない。初日は許してもらえても以降は許してもらえないのよね。

劇場内の様子。客席は100席余り。こぢんまりしたサイズでスクリーンはちょっと高いけれど結構見やすいかも^^
エンゾさんはしっかり後方映写室をチェックしてました。

ビックリしたのは報道陣の多さ(*_*)
映画の街、尾道の映画館復活の取り組みはやはりニュースになるんでしょうね。

上映前の河本館主の挨拶。これまでの労苦が脳裏をよぎったのか、ちょっとウルッとされてました。

そうそう、こけら落としは橋口亮輔監督の「ぐるりのこと。」6月の試写会で観てから2度目の鑑賞。やはり今年を代表する邦画の1本ですね。台風のシーンは後世に残るラブシーンではないでしょうか?

上映終了後は、橋口監督と河本館主とのトークショー。橋口監督、なかなか面白そうな方で、CASTのリリーさん、木村多江さん、倍賞美津子さん、寺島進さんや加瀬亮君らのことをお話しくださいました。

シネマ尾道はオープンしたばかりですが、5年後10年後も今日のように劇場が賑わうよう頑張ってくださいね。

 

≫ Read More

| 事務局より | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱりBeatlesはいいですね

高校時代、既にビートルズは解散していたけれど、ビートルズの話しかしない友人に感化され、聞き始めた。そのビートルズの楽曲のみを使ったミュージカル映画をあの「ライオンキング」のジュリー・テイモアが監督するというので大きな期待を持って鑑賞したのが・・・

アクロス・ザ・ユニバース

ジュードとルーシーの物語でした、と書いただけで、もうお好きな方ならジーンと来るでしょう^^

見事にツボにはまった作品でした。

大好きな「ホワイトアルバム」からこれまた大好きな「While My Guitar Gently Weeps」や「Blackbird」を聴くことができたのも満足。

ラストの屋上ライブシーンがこれまたジーン・・・そして「All You Need Is Love」からあの曲へと続くくだりは「こう来たか!」

ビートルズ好きミュージカル好きな方にはとてつもなく嬉しい作品です。

サントラ盤探したら、輸入盤ですが出てました。完全版でした^^

Across the UniverseAcross the Universe
(2007/10/16)
Original Soundtrack

商品詳細を見る

| 映画よもやま | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シネマ尾道開幕

今週末の10月18日(土)、いよいよシネマ尾道がオープンです。

こけら落としは、今年の話題作、橋口亮輔監督作品、リリー・フランキー、木村多江主演の「ぐるりのこと。」です。

初日は、オープニングシネマトークとして、橋口監督のトークショーが予定されています。

12:30~15:00 上映後、橋口亮輔監督トーク

16:10~18:40 上映前、橋口亮輔監督トーク

19:10~21:40 上映のみ

 

呉映サでもキケン部ツアーを企画しています。

 

【関連記事】

シネマ尾道 開幕します

シネマ尾道河本代表の代表の活動日記

「ぐるりのこと。」オフィシャルブログ

| 映画よもやま | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新藤監督

NHKの『課外授業 ようこそ先輩』にて、新藤兼人監督が登場するようです。
映画に関するお話があるかは分かりませんが、
番組自体はとても面白いものなので、興味のある方は是非。
                                               【美沙貴】

| ちょいと小話 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しりとりクイズの訂正について

標記の件について、
クイズの5番の問題が間違っております。
ご迷惑をかけ申し訳ございませんが、

イントゥ・ザ・ワイルド

と埋めてください。
よろしくお願いいたします。
 
                                         【美沙貴】

| しりとりヒント | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画の秋ですね

8月の鑑賞本数1本の反動からか、9月に入ってから鑑賞本数が増加しました。まさに「映画の秋」到来です^^

ダークナイト ★★★★

ぜんぶ,フィデルのせい(例会) ★★★☆ 

グーグーだって猫である ★★

ちょっと期待していたんですが・・・

ブタがいた教室(試写会) ★★★★

11月1日公開(シネツイン)予定です。
食、教育について考えさせられる作品です。

ラストゲーム最後の早慶戦 ★★★

10月11日から呉ポポロで公開予定です。お楽しみに

たみおのしあわせ ★★☆

かなり期待していたんですが・・・

いつか眠りにつく前に(広島映サ例会) ★★★☆

おくりびと ★★★★

学生時代の「ハレとケ、ケガレ」を思い出しました。
真面目な作りに好感が持てました。

敵こそ、我が友(試写会) ★★★

ドキュメンタリーで淡々とした流れに退屈する方もいるかも・・・
「ぜんぶ、フィデルのせい」の頃の話も出てきます。11月22日公開予定。

純喫茶磯辺 ★★

これも期待していたんですけど・・・

容疑者Xの献身(試写会) ★★☆

TVドラマとは別物ですね、良い意味でも、悪い意味でも・・・

イキガミ ★★★

コミック原作でも侮れないなとは思ったものの、締めがねぇ・・・
Part2があるの?

マンデラの名もなき看守 ★★★★

これはオススメ・・・でも公開終了・・・例会向き作品です。

イントゥ・ザ・ワイルド ★★★★☆

これはツボでした。今年観た洋画の中では次回例会「今夜、列車は走る」と1,2を争う作品ですね。

 

これから足を運ぶであろう作品は・・・

三本木農業高校、馬術部 ~盲目の馬と少女の実話~

当たりの方の佐々部清作品だと良いんですが・・・
お気に入り"押尾コータロー"が主題曲担当なのもGOOD^^

宮廷画家ゴヤは見た

ミロス・フォアマン監督、ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン主演ですからね・・・ちょっと期待

僕らのミライへ逆回転

ブーリン家の姉妹

最近、こういうコスプレ歴史ドラマ嗜好があがったようです。ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの姉妹ってのがGOOD^^

あと、サロンシネマ系では・・・

アクロス・ザ・ユニバース

ビートルズの音楽とともに・・・

ホット・ファズ-俺たちスーパーポリスメン!

エラク評判なのですが・・・

シティ・オブ・メン

心して観ないといけないような・・・

トウキョウソナタ

黒沢清監督のホームドラマ。期待しますね。

闇の子供たち

これも心して観ないと・・・

 

10月も映画付けの日々となりそうです・・・

| 映画よもやま | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しりとりクイズ~『ジェイン・オースティンの読書会』

前回の例会『全部、フィデルのせい』のクイズでは、
沢山のご応募をいただき、どうもありがとうございました。
当選者には10月分のチケットを送付させていただきます。

当選者は厳正なる抽選にて決定しておりますが、
今まで当選者のチケットを見てきた担当者からのアドバイスを1つ。

回答を書くときには、念を込めて書く

当選者のチケットの中には、気合いを感じるモノが沢山あります。
「念は通ずる」って結構大事かもしれませんよ!?



さてさて、それでは今回のクイズのヒントです。


200810.jpg

1.氷=アイス

2.今回の例会作品です

3.「いつまでも一緒に居たいわ」なんて
  新婚さんから良く聞きますが…

4.松山ケンイチの怪演が光ります

5.機関紙の問題が間違っています。
  「イントゥ・ザ・ワイルド」と埋めてください



みなさま、解けましたか?
チケットに記入して、ドシドシご応募ください!(^^)








ちなみに、このヒントの中に、意味は違いますが音は同じ、
そのものズバリ!な回答が入ってます(笑)

| しりとりヒント | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「映画と仲間」193号がまもなくお手元に届きます

機関紙「映画と仲間」193号の編集、印刷・製本作業を終え、まもなく皆様のお手元に届きます。

皆様からいただいた感想などの投稿記事のおかげで、今号も16ページの紙面となりました。

例会解説は「よりわかりやすく」を心がけて作品鑑賞の手助けとなるよう努力したつもりですが、いかがでしょうか?ご意見をお聞かせください。

今号では「ジェイン・オースティンの読書会」の解説だけでなく、12月例会の「今夜、列車は走る」の予告記事や映サスタッフおすすめの映画情報も掲載しております。

じっくりと読んでいただいた後は、同封のポストカードとともにこの機関紙を持って、お友達を誘っていただきたいな・・・と思っています。

 

お楽しみに^^

| 事務局より | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月