FC2ブログ
11月例会
創立50周年記念第6弾
『輝ける人生』(2017年イギリス映画)
上映時間:1時間54分
2019年11月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:40 ③18:30 の3回上映

予告編はこちらから

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

≫ EDIT

2008年はこれで見納めかな?

WALL・E/ウォーリーが今年最後の鑑賞かと思ってましたが、
何とか時間を作って(^^;)3本を鑑賞、これで2008年の鑑賞本数は89本となりました。夢の100本には、少し届きませんでしたが、当然のことながら、この数は自己ベスト^^2006年の45本、07年の61本から徐々にではありますが鑑賞本数が増えてきています。来年は何本見られるでしょうか?

K-20 怪人二十面相・伝

オープニングのアニメからもうアメコミの雰囲気たっぷり。世界観もワタシ好みで結構気に入りました。正月映画としてみるにはいい映画ですね。家族みんなで「あーっ!」とか「わーっ!」とかいって楽しめる映画です。松たか子のコメディエンヌぶりも見所でしょうか。
たぶん続編できるでしょうね・・・ ★★★

 

その土曜日、7時58分

映画冒頭に流れる
「死んだことを悪魔に気付かれる30分前に天国に行けますように…」
というテロップが、ズシリと心に残る・・・

シドニー・ルメット、御年84歳。日本では後期高齢者というレッテルの貼られるお年にもかかわらず、こんな作品を演出されるとは・・・恐れ入りました。脚本もこれが初めてのオリジナル映画脚本というからまたまた驚き。

それにしても今年は家族を扱った良質な映画が目立ったような気がする。「母べえ」「歩いても歩いても」「トウキョウソナタ」「ぐるりのこと。」例会の「フィデル」もそうだし。
その中にこの作品も入ってくるが、救いがないのがツライ。 ★★★★

 

この自由な世界で

「あんたたちのいう"自由"ってのはこういうことなのかい?」
ケン・ローチのそんな声が聞こえたようだった。

2007年のスタートが「麦の穂」で2008年の締めくくりがこの作品とは、これも巡り合わせなのだろうか?「麦の穂をゆらす風」もヘビーな作品だったが、こちらも違ったヘビーさのある作品だった。すごく楽しみにしていた作品だったが、なかなか上映されず半ばあきらめていたが、鑑賞できて満足。ただ、年末の押し迫った時機の1週間限定上映、しかも1日1回上映とは・・・
確かに上映リスクの大きい映画とは思うけど、どうも扱いがねぇ・・・残念でならないです。 ★★★★☆

 

呉映サの年末恒例ベスト5アンケート、もう観ないだろうと纏めていたところだったが、今回の鑑賞で、また考え直さなければいけなくなった^^;

| 映画よもやま | 23:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しりとりクイズ~『告発のとき』

前回の例会『今夜、列車は走る』のクイズでは、
沢山のご応募をいただき、どうもありがとうございました。
当選者には1月分のチケットを送付させていただきます。

さてさて、それでは今回のクイズのヒントです。

200901.jpg



1.楽しく飛びましょう

2.Trees Lounge

3.子分では森の石松が有名です

4.医師会主催の上映会もありました

5.このヒントのタイトルに入ってます

6.物語を読むんですよ、彼女に

7.プリンセス・セーラという呼び名もありました




みなさま、解けましたか?
チケットに記入して、ドシドシご応募ください!(^^)

| しりとりヒント | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映サの愉快な仲間たち

今年最後の発行となる機関紙はもう皆様のお手元に届いたでしょうか?

前回の例会から機関紙の発行までの時間が短く、慌ただしい発行となりましたが、いつもよりも例会の感想が集まり、また、若い力のおかげで当初の予定よりもページ数が増えました。感想をお寄せいただいた方々にお礼申し上げます。

今回は機関紙と併せて、2008年ベスト5の投票用紙も同封されています。皆様のベスト5の投票が例年4月に開催される全国映連賞に反映されます。今年1年を振り返りながら皆さんが選ぶベストシネマを投票してくださいね。

機関紙の発行が一段落すると、映サの愉快な仲間たちによる恒例の忘年会です。

今年は、参加者各人が持ち寄った料理での宴会となりました。

また、家庭に眠っているお宝を持ち寄ってのチャリティオークションも行われました。オークションの売り上げは映サの運営資金となるとあって、熱気に溢れ、思わぬお宝もあり、総売上は1万円を超えました。

おいしい料理とお酒を囲んでの忘年会は、6時半から始まり、お開きになったときには既に次の日となっていました・・・

| 事務局より | 01:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WALL・E/ウォーリー(日本語吹替版)

WALL・E、手をつなぎたかったんだねぇ・・・

PIXERの最新作、WALL・E/ウォーリーを観てきました。字幕版の上映がなかったため、日本語吹き替え版での鑑賞でしたが、主人公2人?が発声するのは機械音ばかりですので、違和感なく楽しめました。しかも、「こんなことが!」ということもあり、字幕版よりもこの作品に限っては正解かも!?時間があれば字幕版も鑑賞して見たいと思いました。


【あらすじ】

29世紀の荒れ果てた地球で、たったひとり黙々と働き続けるゴミ処理ロボット、ウォーリー。宇宙へ脱出した人間たちに置き去りにされて700年、大好きなミュージカル映画『ハロー・ドーリー!』のビデオで男女が手を握るロマンチックなシーンを見ては人恋しさを募らせていた。そんなある日、真っ白に輝くロボット、イヴが現れ、ウォーリーはたちまち恋に落ちる。ところが、巨大な宇宙船がイヴを連れ去ってしまい…。


ポンコツロボットWALL・Eと最新型ロボットEVEのボーイミーツガール映画でしたが、切なさ満開の前半、大活劇の中盤、そして感動と涙のエンディングと終始楽しませてくれました。文明批判や環境破壊への警鐘もここまでストレートだとかえって新鮮^^

ロボットの反乱などSFの名作へのオマージュもたっぷりで、WALL・Eを上映しているシネツインさんが、あの名作を同時上映した理由のひとつかなと思ったりしました。

実はあまり期待してはいなかったのですが、なんだか1年を締めくくるに相応しい素敵なラブストーリーでチョット満足^^

年末年始にオススメです^^★★★★

| 映画よもやま | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢

ヤング@ハートに続いて、音楽系のドキュメンタリー「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」を鑑賞しました。ブロードウェイの伝説的ミュージカル「コーラスライン」の16年ぶりの再演を行うに当たっての8ヶ月に及ぶオーディションに密着したドキュメンタリー。「コーラスライン」は大好きなミュージカルで劇団四季版も映画版も見ていますが、ミュージカル好きにはたまらなく面白いドキュメンタリーでした。「コーラスライン」そのものがオーディションを題材にしたミュージカルですが、そのオーディションをドキュメンタリー化するというなんだか複雑な関係、しかも1975年初演版が出来るまでについても語られており、モトネタを知らないと何が何だか解らないかもしれませんね。
コーラスライン-ニュー・ブロードウェイ・キャスト・レコーディング/映画「ブロードウェイ(音符記号)ブロードウェイ~コーラスラインにかける夢」サウンドトラックコーラスライン-ニュー・ブロードウェイ・キャスト・レコーディング/映画「ブロードウェイ(音符記号)ブロードウェイ~コーラスラインにかける夢」サウンドトラック(2008/10/01)サントラ高良結香商品詳細を見る
このオーディションの際のメンバーで来年、来日公演があるらしい・・・チケットが手に入るのなら是非行きたいなぁ・・・

| 映画よもやま | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「今夜、列車は走る」いかがでしたか?

広島県内初公開となったアルゼンチン映画「今夜、列車は走る」例会には、地元呉からだけでなく、広島市内からも多くの方にお越しいただきました。ありがとうございました。

リーマン・ブラザーズの経営破綻に端を発した全世界的な金融不況のただ中で、まさに時機を得た上映会となりました。

鉄道の民営化・合理化により職を奪われた鉄道員の男たちとその家族の物語は、そのままこの日本でも起こりうる問題で、何とも苦しい気持ちでの鑑賞となった方も多かったようですが、それでもラストの少年たちの行動に一筋の光明を見ることができたのではないでしょうか?

皆様の感想、評論をお待ちしております。

 

2008年もこの例会が最後となり、明くる年は呉映サ創立40周年の記念すべき年となります。

新年第1弾は、「ミリオンダラー・ベイビー」「クラッシュ」と脚本を手がけた2作品が連続してアカデミー賞作品賞を受賞するという快挙を成し遂げたポール・ハギスの監督作品第2弾「告発のとき」です。

イラク戦争を題材にした問題作で、この作品もまた1月20日のオバマ次期大統領の就任式と一般教書演説直後の上映となり、タイムリーな企画となりそうです。

どうぞお楽しみに!

【広報部:かっしー】

| 例会 | 00:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月