次回例会は
『わたしは、ダニエル・ブレイク』(2016年英・仏・ベルギー映画)
  上映時間:1時間48分
2017年11月18日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

≫ EDIT

週末公開映画情報(2/28)

今週はなんといっても、「おくりびと」の第81回アカデミー賞外国語映画賞受賞のニュースですね。


もうひとつ「つみきのいえ」の短編アニメ賞の日本映画W受賞も嬉しいニュースでした。

加藤久仁生監督の"Thank You My Pencil"はよかったですね。

呉シネマの「おくりびと」アンコール上映も大盛況だったそうです。
3月6日(金)まで絶賛上映中です。お見逃しなく!!

 

アカデミー賞主演女優賞にノミネートされていたアンジェリーナ・ジョリー主演、クリント・イーストウッド監督の「チェンジリング」そして宮崎あおいchan主演、宮藤官九郎監督の「少年メリケンサック」の2本を鑑賞しました。前者はアンジーの圧倒的な存在感とこれでもかというイーストウッド監督の正義の鉄槌に痺れましたし、後者はあおいchanの見事なコメディエンヌぶりに驚かされ、とてもNHK大河の「篤姫」の合間に撮影したとは思えませんでした。

 

さて、アカデミー賞受賞作品の日本公開が待ち遠しいところですが、2月28日(土)公開の映画情報です。

オーストラリア

本当の自分に出会える場所。

凜とした美しさのニコール・キッドマンとアカデミー賞授賞式での司会ぶりがスマートだったヒュー・ジャックマンのオーストラリア人によるオーストラリアの映画。予告編では大作りな感じがするんですが・・・★★★☆

シネツイン
広島バルト11
ワーナーマイカルシネマズ広島
TOHOシネマズ緑井

 

カフーを待ちわびて

絵馬に返事が来ました。

「カフー」とは沖縄の古い言葉で、果報。幸せ。だと・・・★★☆

サロンシネマ
広島バルト11

 

カフーを待ちわびては「日本ラブストーリー大賞」の第1回受賞作だそうです

 

カフーを待ちわびて [宝島社文庫] (宝島社文庫) (宝島社文庫)カフーを待ちわびて [宝島社文庫] (宝島社文庫) (宝島社文庫)
(2008/05/12)
原田マハ

商品詳細を見る

 

 

コチラも売れているらしいですね。
おくりびと [DVD]おくりびと [DVD]
(2009/03/18)
本木雅弘広末涼子

商品詳細を見る

| 映画館情報 | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シドニー・ルメット版「十二人の怒れる男」

次回例会を前に事前学習会として、リメイク元である、シドニー・ルメット版の「十二人の怒れる男」を映サ事務所で鑑賞しました。参加者は十二人の怒れる男女たち。狭い事務所は、アンプとプロジェクタの排熱と映画の緊張感とで、2月というのに熱気ムンムンでした。

50年以上も前に製作された映画だというのに、今なお観るものを引きつける力強い映画でした。

オリジナル版の1時間半に対し、ミハルコフ版は2時間半を超える作品となっています。どこに時間を割いているのか?
そして50年前のアメリカと現代ロシアのシチュエーションの違いはどうか?
オリジナルと比較する楽しみといったものも生まれるかもしれません。そういう意味で興味深い事前学習会となりました。

日本版の「十二人の優しい日本人」を観るのもまた面白いのではないかなと感じました。

 

今週末2月27日(金)にも事前学習会第2弾として、「なぁに、裁判員制度 超入門編」と題した講演会を行います。
本年5月からはじまる「裁判員制度」により、いつ私も映画の登場人物たちのように裁判に関わるやもしれません。ヘンリー・フォンダのように真実を追求する強い心を養うためにも1から勉強したいと思っています。

 

呉映画サークル40周年記念例会第2弾「12人の怒れる男」事前学習会

講演会「なぁに、裁判員制度」超入門編
と き:2月27日(金)18:30~
ところ:ビューポートくれ 3F中会議室

 

ヘンリー・フォンダに圧倒されました。
十二人の怒れる男 [DVD]十二人の怒れる男 [DVD]
(2006/11/24)
ヘンリー・フォンダ、リー・J・コッブ

商品詳細を見る

三谷幸喜版はどうでしょう?
12人の優しい日本人 [DVD]12人の優しい日本人 [DVD]
(2000/10/25)
塩見三省、豊川悦司

商品詳細を見る

裁判員制度を勉強するにはまず・・・
これ一冊で裁判員制度がわかるこれ一冊で裁判員制度がわかる
(2008/04)
読売新聞社会部裁判員制度取材班

商品詳細を見る

| 例会 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週末公開映画情報(2/21)

日本アカデミー賞授賞式の模様がTV中継されていましたね。結果は予想どおりでしたが、主演女優賞に「ぐるりのこと。」の木村多江さんが受賞されたのが個人的には嬉しかったです。

今週は、エンゾさんオススメの「ミツバチのささやき」を鑑賞してきました。1973年のスペイン映画ということで、当時はヨーロッパ映画などはほとんど見たことがなかったので初見を確信して映画館に向かいましたが、上映がはじまって、どうも見たことがあるような気がしてきました。日本公開は85年だったそうです。

職場でご指導いただいた6歳年上の先輩の葬儀に参列した後の鑑賞だったので、死をテーマにした内容は考えさせられたものの、(前回もですが)この作品の詩的な世界に入り込めたかというと??でした。85年当時も今も、登場する子のようなイノセントな心をたぶん持っていないんでしょうね・・・傑作なのにねぇ★★★

 

さて、今週末公開の映画情報です。

 

チェンジリング

どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるのー?

本年度アカデミー賞主演女優賞ノミネートのアンジーの演技とハゲでないマルコビッチ、そしてイーストウッドの演出と音楽が楽しみです。★★★★★

イーストウッドといえば、主演&監督の「グラン・トリノ」の公開も楽しみです。

シネツイン新天地
広島バルト11
ワーナーマイカルシネマズ広島
TOHOシネマズ緑井

 

7つの贈り物

あなたなら、受け取れますか?

ウィル・スミス、1年に何本映画撮るんでしょう?

「幸せのちから」の監督さんなんですね。期待できるかも・・・★★★

呉シネマ
広島スカラ座
広島バルト11
ワーナーマイカルシネマズ広島
TOHOシネマズ緑井

 

ハルフウェイ

だけど、それは まだ 物語の途中・・・

胸がキュンとなりそう・・・って、そんな歳かい・・・

岩井俊二プロデュース、TVドラマ「ロンバケ」の脚本北川悦吏子初監督作品 ★★☆

広島バルト11

 

サロンシネマ、シネツイン情報

永遠のこどもたち

愛を信じたら、本物の光が見える。

「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ製作総指揮、予告編観て期待度更にアップです。★★★★

戦場のレクイエム

一人生き残り、すべてを背負うー。

前回例会交流会で、広島映サのEさんから紹介がありました。エンゾさんは上京中に鑑賞したとのことです。チョット厳しそうですが・・・ ★★★☆

 

週があけての2月23日はいよいよ本家のアカデミー賞授賞式。これも楽しみです。

 

「ミツバチのささやき」といえば・・・

ビクトル・エリセ DVD-BOX - 挑戦/ミツバチのささやき/エル・スールビクトル・エリセ DVD-BOX - 挑戦/ミツバチのささやき/エル・スール
(2008/12/26)
アナ・トレント、フェルナンド・フェルナン・ゴメス

商品詳細を見る

木村多江さん、日本アカデミー賞主演女優賞おめでとう

ぐるりのこと。 [DVD]ぐるりのこと。 [DVD]
(2009/02/25)
木村多江、リリー・フランキー

商品詳細を見る

そして、クリント・イーストウッド監督といえば、これです!

ミリオンダラー・ベイビー [DVD]ミリオンダラー・ベイビー [DVD]
(2005/10/28)
クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク

商品詳細を見る

| 映画館情報 | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週末公開映画情報(2/14)

今週で上映終了する作品をまとめて鑑賞してきました。

ザ・ムーン」「ラースと、その彼女」「大阪ハムレット」の3本。

なかでも、「ザ・ムーン」はSFでない宇宙モノ大好きなワタシにはたまらない作品でした。アポロ11号が月着陸した1969年から40年目、ガリレオが自作の望遠鏡を夜空に向けてから400年目の世界天文年の年にこんなドキュメンタリーが見られるとは・・・
アポロ計画に参加した10人のアストロノーツたちへのインタビューとNASAの秘蔵映像からなるシンプルなドキュメンタリーでしたが、彼らもまた「ライトスタッフ」なのだと実感しました。

「遠く離れた月で親指を立てると、親指の裏に地球が隠れる」というジム・ラヴェル(アポロ13号船長)の言葉が印象的でした。また、「20世紀少年」で"ともだち"が共感していたアポロ11号のマイク・コリンズが意外にユニークな人だったり、「アポロ計画陰謀説」を笑い飛ばしたりと、40年の刻を経て、皺の深くなったアストロノーツたちは退役軍人らしいところはあるけれども、どこか哲学者のような雰囲気を醸し出していました。

ライトスタッフ」「アポロ13号」とともに宇宙モノ殿堂入りになる作品でした。

 

さて、2月14日公開の映画情報です。

少年メリケンサック

好きです!パンク!嘘です!

NHK大河ドラマと同時進行で撮っていたんでしょうね、あおいchanのコメディエンヌぶりに期待度120%です。★★★☆

広島東映
広島バルト11
ワーナーマイカルシネマズ広島
TOHOシネマズ緑井

 

フェイク シティ ある男のルール

最期に頼れるのは、魂か。弾丸か。

正月大作にも出てたキアヌ・リーブスですが、こちらは珍しくリアリティある役柄のようです。★★★

広島バルト11

 

サロンシネマでは、エンゾさんに薦められた「ミツバチのささやき(ニュープリント版)」が1週間限定公開。★★★☆

 

NHK VIDEO月周回衛星「かぐや」が見た月と地球 地球の出そして地球の入 [Blu-ray]NHK VIDEO月周回衛星「かぐや」が見た月と地球 地球の出そして地球の入 [Blu-ray]
(2008/06/18)
ドキュメンタリー

商品詳細を見る

ライトスタッフ [DVD]ライトスタッフ [DVD]
(2008/10/08)
サム・シェパード、スコット・グレン

商品詳細を見る
アポロ13 (ユニバーサル・ザ・ベスト:リミテッド・バージョン第2弾) 【初回生産限定】 [DVD]アポロ13 (ユニバーサル・ザ・ベスト:リミテッド・バージョン第2弾) 【初回生産限定】 [DVD]
(2008/12/19)
トム・ハンクス、ケヴィン・ベーコン

商品詳細を見る
少年メリケンサックはこんな感じ [DVD]少年メリケンサックはこんな感じ [DVD]
(2009/01/21)
宮崎あおい、

商品詳細を見る

| 映画館情報 | 22:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週末公開映画情報(2/7)

2月1日の映画の日、皆さんは何をご覧になりました?
ワタシはクルマが情けないことになってしまい、残念ながら鑑賞できませんでしたが、なんとか「マンマ・ミーア!」と「チェ28歳の革命」「チェ39歳別れの手紙」の3本を鑑賞することができました。

「マンマ・ミーア!」はミュージカルが好き、ABBAが好きという方にはたまらなく面白い映画だと思いますが、ミュージカルが好きでも冒頭の3人のオバサンのハイテンションについて行けるかどうかがカギだと思います。★★★

「チェ」2部作は続けて鑑賞しました。2本合わせて4時間半に及ぶ上映時間でしたが、見応えタップリでデル・トロのゲバラを堪能することができました。
第1部の「28歳の革命」はメインのキューバでの武装闘争を物語の中心に置きながらもメキシコでのフィデルとの出会いや国連総会でのキューバ代表としての演説の場面を差し込みながら進んでいく。特に国連総会のシーンはモノクロのハンディカメラのような映像であたかも当時のニュース映像を見ているかのような感じを受けました。

第2部の「39歳別れの手紙」は国連総会での演説から1年後、フィデルに宛てた1通の手紙を残し忽然とキューバを去りボリビアで武装闘争を行うゲバラを描いている。ボリビアでの彼はキューバの時のように輝くことはできず、敗走し続ける様子を淡々と描いている。持病の喘息に苦しみ、馬に八つ当たりする人間くさいゲバラを見ることができます。

物語はドキュメンタリーのように淡々と進み、聞き慣れない地名がでて、なかなか理解するのが難しいのですが、どちらも我々が思い描いているカリスマとしての姿を描いているわけではなく、「ゲバラという男がどんな行動をし、何を考えていたのか」に徹底してこだわって表現している点が気に入りました。時間をおかずに2本続けて鑑賞できたのが良かったんでしょうね。ラストシーンがよかった★★★★

 

ながーい前置きになりましたが、2月7日公開の映画情報です。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

80歳で生まれ、若返っていく 数奇な人生を生きた、ある男の物語

アカデミー賞主要部門(作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞)ノミネート。
やっぱり気になります。★★★☆

広島バルト11
ワーナーマイカルシネマズ広島
TOHOシネマズ緑井

 

ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー

全世界熱狂!ミュージカル史上No.1

「マンマ・ミーア!」には嵌ることができましたが、コチラはどうでしょう★★☆

シネツイン本通(字幕スーパー版)
広島バルト11(吹き替え版)
TOHOシネマズ緑井(吹き替え版)

 

ヘブンズ・ドア

のこり3日の命。人生の最後くらい、最高のエンディングが欲しくなった。

このタイトル聞くと、サム・ペキンパー監督の「ビリー・ザ・キッド/21歳の生涯」思い出します。★★★

広島バルト11

 

あとは
旭山動物園物語 ~ペンギンが空をとぶ~ ★

広島バルト11
ワーナーマイカルシネマズ広島
TOHOシネマズ緑井

余命 ★☆

広島バルト11
ワーナーマイカルシネマズ広島

 

サロンシネマ、シネツイン情報

キネマ旬報ベスト・テン特集

おくりびと(日本映画第1位)
ノーカントリー(外国映画第1位)
イースタン・プロミス(外国映画第6位)
アフタースクール(日本映画第10位)

リダクテッド 真実の価値

前回例会「告発のとき」関連。でも更に厳しそう ★★★

ビリー・ザ・キッド 21才の生涯 [DVD]ビリー・ザ・キッド 21才の生涯 [DVD]
(2008/09/10)
ジェームズ・コバーンクリス・クリストファーソン

商品詳細を見る
余命 (新潮文庫)余命 (新潮文庫)
(2008/11/27)
谷村 志穂

商品詳細を見る

| 映画館情報 | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月