次回例会は
『わたしは、ダニエル・ブレイク』(2016年英・仏・ベルギー映画)
  上映時間:1時間48分
2017年11月18日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

≫ EDIT

てぃだかんかん

@呉シネマ!

この作品は、宣伝が結構多かった気がする。
あまりテレビを観ない私でも、ちょこちょこテレビ番組で主演の岡村隆史や松雪泰子が宣伝しているのを観た記憶がある。

言わずもがな、これは現実におられる方(と御家族や友人、地域住民)のお話。
なんか、最近、こういうのばかり観ているなぁ~。アイガー北壁も、フィリップも実話だし。やっぱり現実って、虚構よりもスゴイのかもしれない。。

と、まぁ話がずれましたが。

感想としては、いや~、やっぱり海が綺麗。もう、これは無条件に。
夜と朝の間の空と海が同じ色になって、、という「ブルー」色は、私も好きだ。
しかし、やっぱり沖縄だとまた色味が違うんですね。
過去2回訪れた沖縄では夕陽しか見なかったからもったいなかったな、と思ったり。

サンゴの養殖や繁殖に成功した人がおられることも、またどうやって取り組んでいたか、とか、そこに至る経緯とか、この映画を観るまで全く知らなかった。

そして、サンゴの産卵のシーンはもちろん初めて見たわけで。。
これが1番感動したかなぁ。
自然の力ってすごいなあと。


だけど、なんかちょっと物足りないような気がしたのは私だけでしょうか?
時々、ちょっとした笑いが織り込まれていたり、何故か突然長澤まさみちゃんが出てきて可愛かったりはしたんだけど、、、


珊瑚のこともだけど、やっぱりこの映画は一人の男性の生き方や、その家族を描いた物語なんだろうな。
でも、個人的には「環境汚染=絶対悪」とか、「海を汚すのはやめましょう!」みたいなことがゴリゴリ押されていたわけではなかったので、そこは好感が持てた。教訓や思想の押しつけばかりの内容はかえって逆効果、かつ観ていて疲れちゃったりもしますから。。



「てぃだかんかん」公式HP→http://tida.goo.ne.jp/




そうそう、劇場ではばったり会員さんのOさんにお会いしました!


今日で6月、もとい上半期が終わりますね。
下半期はどんな映画に出逢えるか楽しみです。





                              +++もん+++

| 映画よもやま | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月四方山シアター

これまで、四方山シアターは、例会候補作品候補の試写をメインにやってきました。

1月:大阪ハムレット→3月例会に
2月:マンデラの名もなき看守→ワールドカップを前に南アフリカ特集候補作として
3月:のんちゃんのり弁→全国映連女優賞受賞作品&全国縦断上映候補作
4月:サマーウォーズ→7月例会に
5月:風が強く吹いている→駅伝シーズンの11月例会候補として

こんなラインナップでこれまで鑑賞してきましたが、今回は、ワタシの独断と偏見で、7月例会がアニメということで、こんなアニメはいかが?と「戦場でワルツを」に決めました。

参加者は9名。今回も上映前に美味しいパスタをいただきました。

アサリとシメジとズッキーニのトマトソースのパスタ

みんなで美味しくいただいたあとに、映画の背景となる1982年のイスラエルのレバノン侵攻とサブラ・シャティーラの大虐殺についての資料とアリ・フォルマン監督のコメントを資料として準備し、映画に臨みました。

予想どおり、上映終了直後はしばし重い雰囲気。でも、その後は映画に対する感想を語ることが出来ました。四方山初参加の方が3名。初っぱなから厳しい映画でしたが、これに懲りずに次回も是非参加してくださいね。

7月は、例会、映画大学そしてエンゾ事務局長バイトの日々が続くということで、ちょっと開催は難しそうです。次回は夏合宿になりそうです。次回もお楽しみに。

 

【キケン部:かっしー】

| 四方山シアター | 00:36 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しりとりクイズ~『サマーウォーズ』

前回の例会『幸せはシャンソニア劇場から』のクイズでは、
多数の方にご回答いただき、どうも有難うございました!
当選者には6月分のチケットを送付させていただきます

さてさて、それでは今回のクイズのヒントです。
機関誌の問題だけでは難しいかもしれないので、
こちらでは少し分かりやすいヒントにいたします。

2010.07クイズ



1.戦場では美しく聞こえたことでしょう

2.坂本九が歌ってました

3.夏の戦い

4.その虫は図鑑に載ってないそうです

5.今、書道する女の子たちが熱いんです

6.ずっとずっと愛してます




そして、○を繋げた答えのヒントも申し上げましょう。
ずばり!昭和の歌姫の大ヒット曲です!

さぁ、みなさま、正解に辿り着けましたか?
チケットに記入して、ドシドシご応募ください!(^^)

| しりとりヒント | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サマーウォーズ、OZの世界観のよう

2003年に公開されたルイ・ヴィトンの店頭プロモーション用短編アニメーション”SUPERFLAT MONOGRAM”

細田守監督の『劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』に惚れ込んだクリエイティブディレクターの村上隆さんが依頼して製作されたもの。

プロデューサーはかの高城剛氏です(笑)

次回例会「サマーウォーズ」に登場する仮想世界OZの元イメージでしょうね。

| 例会 | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

胸キュン

胸キュン!

といっても、今日は映画の話ではなく、小惑星探査機「はやぶさ」

今日の中国新聞の天風録

3億キロもかなたの小惑星に見事着陸した日本製探査機「はやぶさ」が今晩にも、地球に戻ってくる。♪こころざしをはたして/いつの日にか帰らん…。「帰郷」と呼ぶのがぴったりの気がする▲計画の倍近い8年がかりの旅はトラブル続き。何度も燃料が漏れ、頼みのエンジンは四つのうち三つが不調になった。一度は迷子になりかけたこともある。そのたびに管制室から届く、綱渡りのような注文に応えてきた。今もバッテリー切れ寸前なのだという▲けなげな「親孝行ぶり」に心を寄せる人が少なくない。宇宙航空研究開発機構の応援サイトには千通を超すメールが届いている。「胸が躍ったり涙ぐんだり」「はやぶさ君に何度元気づけられたことか」「こんなに人間味あふれるメカはない」▲メッセージの中には「あきらめない」強さを教わったとの声も目立つ。経済のパワーが落ちて給料は上がらない。就職さえおぼつかない若者もいる。はるか上空で繰り広げられるハラハラ、ドキドキのドラマ。自分の生きざまと重なるのかもしれない▲小惑星から運んできたお土産カプセルが地球に向かうのを見届け、はやぶさは燃え尽きる。大海から古里の川に戻り、産卵に命を振り絞るサケのように。いちずな、その使命感に胸がキュンとなる。

大和ミュージアムの名誉館長、的川泰宣先生の講演会を聴講したが、様々なトラブルにも負けず、数々の世界初のミッションを達成しながら、今日6月13日の23時頃にオーストラリアに帰還するという。今日の講演は「はやぶさ」の帰還する日が決まるよりも随分前に決まっていたらしく、本来ならばこのような場所で講演してる場合ではなかったのだろう。なんとも感動的な講演会だった。

 

小惑星探査機「はやぶさ」を打ち上げるにあたり、当時の文部省に8つのミッションを掲げたそうです。

1 イオンエンジン稼働開始(3台同時は世界初)・・・達成

2 イオンエンジン1000時間稼働・・・達成

3 地球スイングバイ成功(イオンエンジンでは世界初)・・・達成

4 自律航法に成功して小惑星イトカワとランデブー成功・・・達成

5 イトカワの科学的観測・・・達成

6 イトカワに着陸してサンプル回収・・・達成

7 カプセルが地球に帰還、大気圏に再突入して回収・・・チャレンジ

8 イトカワのサンプル入手・・・チャレンジ

2003年5月9日の打ち上げから7年、傷だらけになりながらも、あきらめずにチャレンジを続けることにより、今日を迎えることが出来たのだと言われていた。

是非とも残る2つのミッションもクリアしていただき、月よりも遠くの天体から帰還するという物凄い世界初の偉業を達成して貰いたい。

世界初のミッションを成功させるためには世界一の技術と能力が必要なのだ。世界2位では絶対に出来ないのだ。科学技術に仕分けは不要だ!

 

ところで、次回例会「サマーウォーズ」にも「はやぶさ」をモデルにした小惑星探査衛星が登場します。

 

【関連サイト】

JAXA/宇宙航空研究開発機構

はやぶさ、地球へ!帰還カウントダウン

【追記】

はやぶさ再突入時の録画です.→http://www.ustream.tv/recorded/7634995

 

【今回はキケン部じゃない、かっしー】

≫ Read More

| 事務局より | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

来年の女優賞はカンノちゃんだ!!

西原理恵子原作、菅野美穂主演の「パーマネント野ばら」観てきました。

広島はとうかさんの初日、シネツインの受付のお嬢さんも浴衣で対応してくださいました。金曜日はレディースデーなので、観客は女性ばかり。その中でおじさんはこっそりと鑑賞。ここのところサイバラ原作の映画は「いけちゃんとぼく」「女の子ものがたり」と続いている。原作は未読だけれど、友人のサイバラ狂に言わせると今作は最高傑作らしい。定期購読を始めた月刊シナリオの先月号に今作のシナリオが掲載されていたが、鑑賞後に読もうと未だ封印している。

主人公のなおこ(菅野美穂)にはみっちゃん(小池栄子)とともちゃん(池脇千鶴)という二人の幼なじみがいる二人とも男運が悪いという点で「女の子ものがたり」とよく似た設定だ。

なおこも離婚して娘を連れての出戻りで母親(夏木マリ)がやってる美容院を手伝っている。ここに来るお客のおばちゃんたちも強烈なキャラだ。アタマはパンチパーマ、おしゃべりはお下劣。でもなおちゃんには温かく接してくれている。

お下劣ギャグコメディのような展開で物語が進んでいくが、ある場面になると、映画の空気が一変する。ネタバレになるのでふせるが、この切り替わりが絶妙、この辺りは脚本の力なのではないかな。

その脚本は奥寺佐渡子さん、次回例会「サマーウォーズ」も彼女の脚本です。

 

主演の菅野美穂さんはテレビドラマで大活躍だが、映画は8年ぶりだとか。ついこの前までは女学生役だったような気がするが、今回母親役がすっかり板に付いている。これを機に活躍の場をスクリーンに写して貰いたいものです。

とにかく、かわいいカンノちゃん。オススメです!!

 

【キケン部:かっしー】

| 映画よもやま | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画大学IN松山

映画大学IN松山に行きませんか!

初の四国開催

と  き  7月17日(土)~19日(月・祝)
会 場 愛媛大学メディアホール
参加費 呉映サ会員34,000円・一般43,000円(2泊・朝昼食付)/交流会(別途3500円=要予約)
宿 泊 ホテル泰平
出 発 17日(土)午前7時事務所~黒瀬経由~しまなみ~今治~松山
交通費 高速代+ガソリン代を割勘
申込み〆切 6月25日
※呉映画サークルには6月23日までに申込みを!(申込金1万円必要です。当日残額支払い。)
※部分参加も可/17日=6,000円(一般9,000円) 18日=10,000円(一般13,000円) 19日=6,000円(一般9,000円)

問合せ 呉映画サークル事務局まで(詳しい資料を送付いたします)
     

日 程
17日開講14:00/第1講14:10=野上照代/第2講16:30=土屋由香/試写会18:30
18日第3講10:00=松井久子/第4講13:30=長沼六男/第5講15:30=なみきたかし/交流会18:30
19日第6講10:00=森達也/第7講13:30=山田洋次/閉講15:20
※日程は都合により変更することがあります。

≪テーマと講師陣≫

野上 野上照代~元黒澤組スクリプター
伝えておきたい黒澤監督のこと
 1927年東京都出身。戦後、大映京都のスクリプターとなり、50年『羅生門』にて黒澤監督と出会い、その後東宝へ移り『生きる』以降の黒澤全作品に参加。自伝的著書が『母べえ』として山田洋次監督により映画化。

土屋 土屋由香~愛媛大学教授
占領期のCIE映画
神戸市出身。専門はアメリカ研究および国際関係論。とくに、冷戦期アメリカ合衆国の対アジア文化・情報政策に焦点を当て、なかでもドキュメンタリー映画が「文化冷戦」の中でどのように使われたかのかを研究している。

松井 松井久子~映画監督
映画「レオニー」にかけた想い
 1946年岐阜県生まれ、東京育ち。早稲田大学卒業後、雑誌編集者、俳優マネージャー、TVドラマプロデューサー、脚本家経て98年『ユキエ』で映画監督デビュー。第3作『レオニー』を日米合作映画として完成。

長沼 長沼六男~撮影監督
撮ってるだじゃつまらない
 1954年長野県出身。68年松竹大船撮影所に入社。89年にフリーに。『おろしや国粋夢譚』『学校』『男はつらいよ寅次郎紅の花』『母べえ』『半落ち』『沈まぬ太陽』等。最新作は年末公開の『最後の忠臣蔵』がある。

なみき なみき たかし~オープロダクション社長・アニメーション史家
下請けプロから見る日本アニメの歴史
 1952年埼玉県出身。東映動画を経て、73年オープロダクション入社。『キューティーハニー』『アスプスの少女』のアニメーターとして働き、06年オープロ社長に就任。いまアニメ・ミュージアム設立運動を推進。

森 森 達也~映画監督・作家
ドキュメンタリーの嘘とリテラシー
  1956年呉市生まれ。TV番組制作会社に入社。98年、オーム真理教信者たちの日常を追うドキュメンタリー映画『A』を発表。TVでは『職業欄はエスパー』『放送禁止歌』など多数制作。現在執筆活動が中心。

山田 山田 洋次~映画監督
いま思うこと 
 1931年大阪府出身。東京大学卒業後、松竹に入社。69年から『男はつらいよ』シリーズで圧倒的な支持を得る。『家族』『故郷』はじめ『息子』『たそがれ清兵衛』、『母べえ』『おとうと』を発表し、現在『京都太秦恋物語』の公開が控えている。


| 事務局より | 18:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

毎月1日は映画の日

映画の日はどの映画館も1000円均一。労働者の権利を行使して、1日休暇をいただき、サロンシネマにて「育子からの手紙」と「フローズンリバー」の2本を鑑賞。

病院のベッドで隣り合わせになった中年の女性と13歳の少女との友情の話。いわゆる難病ものだが、二人の手紙のやりとりが感動的。涙涙の鑑賞でした。主演の少女役の宮﨑香蓮chan、あの「まぼろしの邪馬台国」の作者宮崎康平さんのお孫さんだそうだ。

2本目は、家族のために不法移民の密入国という犯罪に手を染める白人と先住民(モホーク族)の二人の母親の物語。凍り付いたセントローレンス川を車で走る様は、観ているだけでこちらも凍えそう。チョット重い映画ですがオススメです。

| 映画よもやま | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

広島の電車通り沿いに映画館復活

6/1中国新聞から

福屋映画館跡にサロンシネマ

 

電車通り沿いの映画館が次々と閉館になり、寂しい思いで一杯だったのですが、これは本当に嬉しいニュースです。2008年に閉館した松竹東洋座と広島名画座の2館を全面改装し、11月に2スクリーンでリニューアルオープンだそうです。

鷹野橋のサロンシネマはそのまま継続するのでしょうか?継続となると本通、新天地のシネツインとあわせて6スクリーンになりますね。

これで、これまでなかなか見ることのできなかった作品も観ることが出来ますね。

 

【キケン部:かっしー】

| 映画館情報 | 19:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハート・ロッカー

先日、呉シネマにて「ハート・ロッカー」を観てきました。
色々と話題になっていたということもあり、ちょっと期待して行ってきました。


「War is a drug」という一文とともに本編は始まります。
直訳すると“戦争は、薬物である”。。??
それって、どういうこと?
なんなの?
と、思いながら観ました。


で、エンディングを観て。。「あぁ~ここに繋がってるのか」と。


本作品は、戦争映画なのか?ある爆弾処理のスペシャリストの個人的な物語なのか?
戦争を肯定するでもなく、否定するでもなく、「一端」を描いている、、と言われればそうなのだろうけど。。


でもなぁ、個人的には、あのエンディングなら、もうちょっとそこだけ突っ込んで描かれていたら面白かったのかな~?なんて思ったりしました。まぁでもそこも、きっと狙いがあっての描き方だったのかもな~と、色んな人の感想や評を観たり聞いたりして思いました。


いやはや。


ちなみにハート・ロッカー<HURT LOCKER>とは、“行きたくない場所”という意味らしいです。



ハート・ロッカー公式HP→http://hurtlocker.jp/




                                            ++もん++


| 映画よもやま | 16:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月