FC2ブログ
9月例会
創立50周年記念第5弾
『羊と鋼の森』(2018年日本映画)
上映時間:2時間14分
2019年9月21日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映

公式HPはコチラ

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

≫ EDIT

「こぼれる月」

今日は、満月です。
昨夜は中秋の名月でした。
雨が降って「雨月」(これは雨で月が見えないときにこういうのだそうです。いい響きですね。)になるかと思いきや、我が家からはばっちり見ることができました。

明けて今夜は満月。
今朝の雷雨には驚かされましたが、おかげで一気に秋が来たようです。
夏から秋への移行期間なんてものはなく、朝起きたら秋、というこの変化。
心身ともにイマイチついていけなさそうな、、、


と、まぁ前置きはこの辺で。

今日の満月に因んで、月、がタイトルに含まれる映画を一本紹介させていただきます。



「こぼれる月」


という映画です。2003年に公開になっている映画です。

http://www.tasunoke.com/moon/index.html


御存知の方、いらっしゃいますか?

私は確か、2年前以上前に当時住んでいた家の近所のレンタルショップをうろうろしているときにたまたま見つけて興味を持ち借りて観ました。

4人の若者が中心になっている2時間弱の映画です。
ドキュメンタリーに近いような。

手洗いがやめられない青年・高、その恋人であるあかね、引きこもりで、母親とはメモ用紙に書かれた文字で交流する千鶴、出会い系サイトを利用するゆたか。

この4人の姿が描かれています。


そりゃ、この4人に病名をつけてしまえば強迫性ナンチャラ、とか、PTSDとか、引きこもり、パニック障害、、とかあると思います。


でも、私は肝心なのはそういうところではないと思う。のです。
確かに、そういうところに目が行きがちで、名前をつけたくなるのも分かります。
でもそうではない。


4人がそれぞれに抱える「孤独」「生きづらさ」がテーマだと。


観ていてとても切なくなった。


自分の思うように生きられない苦しさ、本当の気持ちを表現できないもどかしさ、
世の中の流れと自分の流れの違い、ズレ、周囲と自分の間の壁、違和感、言い知れぬ不安。
分かってほしいけど、どうしていいかわからない・・
とにかく、今、さみしい。。
ひとりがいいけど、ひとりはいや。。
誰か、助けてほしい。
などなど。

つまり、あげればきりがない。

心の葛藤や迷い、不安定さなどがずーっと描かれている。

年齢的にも、当時の自分も、まぁ今の自分もそうそう変わりがないことや、共感できる点がいくつかあったりしてなんだか印象に残る1本になりました。



急に秋めいてきたからかな~?
今日が満月だからかな~?


ふっと、この映画のことを思い出して書いてみました。
もうちょっとうまいこと表現できたらいいのだろうけど、チョット足りないかなぁ。いや、余計なこと書きすぎたかなぁ。


もう少ししたらもう1度観てみたいなと思っている映画です。


これから、クローゼットにしまってあるパーカーを引っ張り出して数ヵ月ぶりに羽織り、自分で漬けた梅酒をちびちびしながらお月見をして床につきます。


月にまつわる映画、(って今回はタイトルに月が入ってるだけだけど)是非教えてくださいませ




                           +++もん+++

| 映画よもやま | 22:47 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赦しと和解の物語、いかがでしたか?

「インビクタス/負けざる者たち」にお越しいただきありがとうございました。

クリント・イーストウッド映画ということで、統計を採っているわけではありませんが、いつもよりも男性の割合が多かったように感じました。

ネルソン・マンデラの伝記映画として観るもよし、彼の政治手法を描く政治映画として観るもよし、そしてスポーツ映画として観るもよし。いろんな方面から観ることのできる作品でした。

ネルソン・マンデラの政治姿勢、何処かの国の宰相も権力闘争に明けくれず,見習って貰いたいものです。

 

今回の例会、ツイッターを利用して宣伝をしましたところ、「ツイッターを見てきました」というお客様がいらっしゃいました。これからも機関紙やポスター、カードはもちろんのこと、このBlogやツイッターなど様々な方法で、呉映画サークルの活動情報を発信していきたいと思っています。

呉映画サークルのツイッターは、こちら。ツイッターのIDをお持ちの方はフォローよろしくおねがいします。

 

次回例会は、堤真一主演の「孤高のメス」

臓器移植や地域医療の問題をテーマにした医療ドラマの傑作です。

改正臓器移植法が7月に施行されたこともあり、タイムリーな上映会になるかと思います。こちらもお楽しみに!!

 

【キケン部:かっしー】

| 例会 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「アマデウス」

ふ~~~。。。


すっかり御無沙汰してしまい申し訳ありません。
もんです。。


ブログ書きたいなぁと思いつつ映画も全然観に行っておらず書けないや、、と思っていたのですが、ちょっと方向を変えまして、今日は私が好きな映画を紹介したいと思います!


D113219823.jpg


「アマデウス」です。
DVDで持っています。
好きな方も多いでしょうし、内容をご存知の方も多いと思うのでそこら辺は割愛させていただきます。


確かもうかれこれ5年前に出逢いました。
それから時々観たくなる映画で、1~2か月前も衛星だったかな?ノーカット版で放送されていましたね。
その時は、チョットバタバタしていてちらっとしか観られなかったのですが、やっぱり好きだなあと思いました。


どういうところが好きかといいますと。
やっぱりサリエリの人間らしいところかな。。
嫉妬に苦しんだり、自分のセンスの限界を受け入れるまでに時間がかかったり、葛藤しながらモーツァルトと、そして自分自身と向き合う姿が好きです。たとえ歪曲していても。


あとは音楽や衣装とか、雰囲気が好きです。
特に秋~冬にかけて観たくなる映画ですね。



*・+・*・・


嫉妬を抱いたとき、って皆さんどうやってその感情を処理されていますか?
相手にぶつけますか?
自分の中に押し込めますか?
それとも「いやいやこれは嫉妬じゃない」と打ち消しますか?
もしくは嫉妬なんて感情は抱いたことがないですか・・?


サリエリの場合は、恋愛における嫉妬じゃなかったから余計に苦しいものがあったような気がしますね。
憎悪に似た嫉妬。

いずれにせよ厄介な感情だな。。



*・+・*・・



ここ数日、日中の日射しはまだまだ真夏ですが朝晩はだいぶ秋めいてきましたね!
嬉しいけど、体調が崩れやすい時期にもなってきたかと思うので皆様どうぞご自愛くださいませ^^



かく言う私は胃のオエオエは治まったものの、なんとはなしに体がだるいです・・
まぁでもビールが吞めるからまだまだ大丈夫かな。





                                  +++もん+++

| 映画よもやま | 20:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「わたくし美術館2010」に出展します!

「わたくし美術館2010」に出展します!
手描き映画看板・映画ポスター展
佐藤定信と映画サークルの仲間たち

期間 10月14日~31日
ところ 中通西田ビル1階(空き店舗)
※期間中17日(日)、24日(日)11時から映画看板制作の実演あり

デッサン 

以前書いていただいた『ヴェニスの商人』
デッサン完成 

デッサンがほぼ完成
タイトル 

タイトルを蛍光色で下書き
背景 

背景を塗りこんでいきます
人物 

いよいよ主人公のアルパチーノ
人物2 

陰影が入ると立体感がでてきます
完成 

完成です!文字部分は映サエンゾ氏
アルパチーノ 

アルパチーノの髪、髭が細かい
ローマの休日 

映サにいただいた『ローマの休日』
準備スタート 
▲今年の「わたくし美術館」準備のため、空き店舗を下見する佐藤定信さんと同実行委員長の河野さん。佐藤さんが書きためた昭和30年代の映画ポスターやスターなど40点以上を展示、即売もあります。また、期間中呉映サの11月例会の映画看板を「実演」として会場で描くパフォーマンスもあります。

ご期待下さい。

| 事務局より | 13:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月