FC2ブログ
7月例会
→新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中止します! 9月例会『風をつかまえた少年』は開催予定です。(9月26日) 予告編はこちらから

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

≫ EDIT

「こぼれる月」

今日は、満月です。
昨夜は中秋の名月でした。
雨が降って「雨月」(これは雨で月が見えないときにこういうのだそうです。いい響きですね。)になるかと思いきや、我が家からはばっちり見ることができました。

明けて今夜は満月。
今朝の雷雨には驚かされましたが、おかげで一気に秋が来たようです。
夏から秋への移行期間なんてものはなく、朝起きたら秋、というこの変化。
心身ともにイマイチついていけなさそうな、、、


と、まぁ前置きはこの辺で。

今日の満月に因んで、月、がタイトルに含まれる映画を一本紹介させていただきます。



「こぼれる月」


という映画です。2003年に公開になっている映画です。

http://www.tasunoke.com/moon/index.html


御存知の方、いらっしゃいますか?

私は確か、2年前以上前に当時住んでいた家の近所のレンタルショップをうろうろしているときにたまたま見つけて興味を持ち借りて観ました。

4人の若者が中心になっている2時間弱の映画です。
ドキュメンタリーに近いような。

手洗いがやめられない青年・高、その恋人であるあかね、引きこもりで、母親とはメモ用紙に書かれた文字で交流する千鶴、出会い系サイトを利用するゆたか。

この4人の姿が描かれています。


そりゃ、この4人に病名をつけてしまえば強迫性ナンチャラ、とか、PTSDとか、引きこもり、パニック障害、、とかあると思います。


でも、私は肝心なのはそういうところではないと思う。のです。
確かに、そういうところに目が行きがちで、名前をつけたくなるのも分かります。
でもそうではない。


4人がそれぞれに抱える「孤独」「生きづらさ」がテーマだと。


観ていてとても切なくなった。


自分の思うように生きられない苦しさ、本当の気持ちを表現できないもどかしさ、
世の中の流れと自分の流れの違い、ズレ、周囲と自分の間の壁、違和感、言い知れぬ不安。
分かってほしいけど、どうしていいかわからない・・
とにかく、今、さみしい。。
ひとりがいいけど、ひとりはいや。。
誰か、助けてほしい。
などなど。

つまり、あげればきりがない。

心の葛藤や迷い、不安定さなどがずーっと描かれている。

年齢的にも、当時の自分も、まぁ今の自分もそうそう変わりがないことや、共感できる点がいくつかあったりしてなんだか印象に残る1本になりました。



急に秋めいてきたからかな~?
今日が満月だからかな~?


ふっと、この映画のことを思い出して書いてみました。
もうちょっとうまいこと表現できたらいいのだろうけど、チョット足りないかなぁ。いや、余計なこと書きすぎたかなぁ。


もう少ししたらもう1度観てみたいなと思っている映画です。


これから、クローゼットにしまってあるパーカーを引っ張り出して数ヵ月ぶりに羽織り、自分で漬けた梅酒をちびちびしながらお月見をして床につきます。


月にまつわる映画、(って今回はタイトルに月が入ってるだけだけど)是非教えてくださいませ




                           +++もん+++

| 映画よもやま | 22:47 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月