次回例会は
『歌声にのった少年』(2015年パレスチナ映画)
  上映時間:1時間38分
2017年9月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

≫ EDIT

かつて映画小僧だったアナタに SUPER 8

JJ.エイブラムス×S.スピルバーグのSUPER 8、観てきました。

少年時代に悪友たちと8ミリ映画を撮った経験ってありませんか?

そんな経験のある方、そして何よりスピルバーグ映画が好きだった方にオススメの作品です。

今、スピルバーグって言うと、うーんって人多いかと思いますが、

70年代後半から80年代前半にかけてのスピルバーグ作品に心ときめきませんでした?

激突!、JAWS、未知との遭遇、ET、グレムリンやグーニーズ・・・etc

そんなスピルバーグ作品に対するオマージュたっぷりの映画でした。

得体の知れない怪物への恐怖は、まさにあの激突!のトラックのようですし、なかなか姿を見せないものへの恐怖感もJAWSのサメのそれ。いろんなところで見覚えのあるシーンを見つけることができます。

スクリーンに走る青いレンズのハレーション?なんかもなんかスピルバーグっぽいです。

 

登場する少年たちも、どこかにいそうな少年たちばかり。

やたらと火薬好き(花火好き)な兵器ヲタク(これ竈猫さんね)にディテールにこだわるメカ好きな技術ヲタク(これはエンゾさんね)。とにかく仕切りたがるカメラ所有者のリーダー(これはヒロシ君だな)そして普段はそのリーダーの陰に隠れているのにメンバーにクラス一のカワイコちゃんが入ると急に張り切っちゃう奴(これはワタシだ)

「ET以来の最高傑作」はどうかと思いますけど、かつて映画コゾーだった方々はきっと嵌ること間違いなしの作品です。

 

ワタシも少年時代に友達の8ミリカメラで怪獣映画を撮った記憶が蘇りました。フィルム代と現像代ってどうしてたんだろう??

ココで使われてたスーパー8や「わたしにも写せます」のシングル8といった規格でなく一昔前のダブル8でした。

当時の私たちはウルトラQ(66)やウルトラマンの影響で8ミリを手にして、まず撮ると言えば怪獣映画だったような気がする。この映画ではゾンビ映画なんですね。そういえば、この映画の中で少年たちが作ってる作品の中にロメロという会社が出てくる。これは、ゾンビ映画のジョージ・A・ロメロに対するオマージュでもあるんでしょうね。

 

JJ.エイブラムス、前作の「スタートレック」といい、なかなかやりますぞ。

スピルバーグの苦手な男の子と女の子の恋もちゃーんと描いてるし!!

 

【キケン部:かっしー】

| 映画よもやま | 22:53 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

例会学習会2

どんなイギリス講座?

昨日、映サの機関誌を講師のポールさんに届ける為に

運営委員長と二人で坪ノ内の自宅へうかがいました。

ポールさんの奥様が在宅で、いろいろ質問受けました。

事務所の台所事情(財政ではなく)を聞かれました。

水周りは・・・・・・狭いシンクがあります。

ガスは・・・・・・ありません。でもカセットコンロがあります。

オーブンは・・・・・・ありません。

ホットプレートは・・・・・・ないけど持ってます。

電気は・・・・・・きてます。

お皿やはしは・・・・・・腐るほどあります。

人数は・・・・・・10数人くらいと思います。

アルコールは・・・・・・各自もち込むと思います。

                          【事務局】

さて、どんなイギリス講座になるのでしょうか。

| 例会学習会 | 15:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

例会学習会

『クレアモントホテル』プロジェクト

参加して得する例会学習会のご案内

ポールさんのイギリス講座

講師のメレット・ポールさんはイギリス生まれで来日以前はスコットランドで
生活していました。現在は、日本人の奥様と二人の子どもと呉市坪ノ内町
に在住。本格的なイギリス文化に触れる独特な英語会話教室を開いています。
スポーツ全般、読書、ポッドキャストを聞くこと、旅行、ビールとウィスキーの
大好きなポールさんといっしょにイギリス文化について勉強しませんか!

と き 7月2日(土)午後6時より
ところ 呉映画サークル事務所
参加費 500円(軽食有り)
申込み 前日までに事務局までメールまたは電話で
※どなたでも参加できます!

                              【事務局・山本】T&F0823-24-0217

| 例会学習会 | 10:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近観たDVD2本

「告白」

劇場に観に行けなかったのでDVD化を楽しみにしていた作品。
でもいつ借りに行っても、常に全部借りられていて。(半額の日にしか行かないからだろう)

原作も図書館で予約してたものの、200人待ちとかでなかなかまわってこない。。。
映画が先か~?原作が先か~?と思っていたら、原作が先に回ってきました。
著者の湊かなえさんの作品は「告白」以外は読んでいたのですが、小説はどの作品も独特の読後感。
あとからじわじわと怖さや、いろんな感情や気付きをもたらしてくれます。

で、先日の半額の日にようやくDVDを借りることができ、、、
映画を観た感想としては、まずは松たか子さんがイイ~~~ですね!
あの演技を観た後だと、松さん以外の方のイメージが全然わきません。「○○ならもっと似合ってたのに」なんてことは全く浮かびません。

そして、中学生の青臭い雰囲気や体つき、声変期特有の、言ってしまえば耳障りな声。
子どもと大人の両面性を持つアンバランスな状態。この状態は、文章よりも映像化された方がよりリアルに伝わってきたように感じました。

ただ、ちょっと気になったのが、原作にのっとって登場人物の語り中心で構成されているのはわかったのだけど、
過去を振り返るからか全体的にぼんやりしている印象がぬぐえない気がしました。
ずーっと同じペースで(これも原作の淡々としたつくりを再現したのかもしれませんが)物語が進んで行くし、音楽(BGM)もずーっと鳴っているので(鳴ってないかもですが私にはそう感じられました。)、個人的にはもう少しメリハリがついていたらな~と思いました。…エラそうにすみません。。

あとは、研究室が爆発するシーンは、逆に音だけ、とか遠くから、とかのほうが観る側のイメージが駆り立てられて好きかも、と思いました。
しかしながら全体的にはとても面白かったです!!こんなに感想が出てくるのだから。




「パレード」

これも原作を先に読んでいました。

これは、、、原作の方が好きです。
映画では、登場人物たちの背景や関係を示すであろう大事な語りが省かれていたりして、でもどこか映像の中で、違う形で表現されているわけでもないので。。。
そもそも若者たちがなぜ共同生活を始めるに至ったかもきちんと描かれておらず、最後まで「ハテナ」な部分が残ります。
原作に似た違う作品、と思ってなら観られるかも。



梅雨で外に出られない、外は暑い、、、、
そんな時はおうちでゆっくりDVD観賞もいいですね。


                                           ***もん***

| 映画よもやま | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「終わらない青」

昨日で公開が終わってしまったようですが、観に行きたかった作品です。

終わらない青

チョット重たいテーマ?かもしれませんが。

この映画を知ったのは、ツイッタ―であれこれうろうろしていて、誰かがつぶやいていたのを見たのです。

当初、youtubeにアップされていた予告編の動画は、過激すぎ?とのことで削除されてしまったようですが、指摘された部分を除けて、HPからも予告編が観られます。

DVD化される予定はないようですが、もしされたなら是非観ようと思っています。
・・・体調のいい時に。

                                           
                                           ***もん***

| 映画よもやま | 16:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しりとりクイズ~『クレアモントホテル』

前回の例会『ハーモニー』のクイズでは、
回答者がググッと減ってしまいました(;;)
確率の上がった当選者には例会『クレアモントホテル』の招待券を送付させていただきます
お知り合いの方へのご招待などにお使いくださいませ(^^)


さてさて、それでは今回のクイズのヒントです。


クイズ201107



1.タイトルをご覧ください

2.涙です

3.ダヴィンチのコードです

4.どら息子、というのはよく耳にします

5.沈んでしまった船の名前です

6.クリクリとは少女の名前です

7.羊の瞳と同じ形だそうですよ



以上、○を繋げてみてください。
海の生物が現れます。


さぁ、みなさま、正解に辿り着けましたか?
チケットに記入して、ドシドシご応募くださいませ!(^^)

| しりとりヒント | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「岳」

久々の映画館。

お目当ては「八日目の蝉」

だけど、時間が合わずに「岳」を観てきました。


去年から、山岳映画にハマり(きっかけは「アイガー北壁」でしたね)
何本か立て続けに観たり、、、なので割と抵抗なく観られるのでは?と自分に期待していました。


ストーリーとしては、いままで観た山岳映画の中で何回も観たシーンがたくさん。。。

遭難した登山客を助けに行きたい救助隊員と、しかし猛吹雪で、このままでは隊員の命が危ぶまれるので救助に向かうことを止めようとする隊長とのイザコザ・・・

軽装で登って結局救助を呼ぶ非常識な登山客・・・

記念にと登ったは良いものの悪天候で降りられなくなる客・・・

転落事故に巻き込まれ命を落とす父親・・・一人になる子・・・・・



どのテーマも、これまでの山岳映画で語られているテーマだと思います。
特に目新しい設定もなく。


主演の長澤まさみちゃん、可愛いです。
可愛いけど、、長澤まさみちゃんは何を演じても長澤まさみ。そんな気がします。

そして個人的に苦手な小栗旬くんは、、、やっぱり彼は俳優なんだな―と言った感じです。
今回は原作が漫画だからか?役も演じ方もかなり漫画チックではありましたが、役によって演じ分けているのが分かりました。

隊長に佐々木蔵之助さんが起用されているのがよく分からなかったです。
イメージ違います。。。あくまで私の中では。
彼はちょっと癖があったり、ちょっと悪だくみしてたり、という役の方が似合う気がするので、ついこの映画の中でも1枚かんでいたりして、、、なんて思いましたがそんなこともなく。

そのことに象徴されるように、「岳」。。。。特に何も心に残らなかった(あくまで私には)

山岳映画と言えば、ずーーーっと緊張感が続いて、、というのがだいご味の一つだとは思いますが、余りにも場面転換というか、アレコレ人が出てきてアレコレやらかすので、逆に集中してみることができませんでした。

狙いとしては、そういう出来事を通じてまさみちゃん演じる久美の成長・奮闘ぶり、旬くん演じる三歩の過去などを描きたかったのかなあという気はしますが、全体的に薄いかな。。。


なので、感情移入できぬまま終わりました。

一緒に観に行った連れに感想を聴くと
「うん、やっぱ山の景色はきれいだった!」


岳だけに、、、

がっくり。。



はい~お後がよろしいようで~





      *****もん*****  








| 映画よもやま | 09:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山田洋次監督が選んだ…

NHKBSプレミアムで、毎週日曜日夜10時から

山田洋次監督が選んだ日本の名作100本~家族編~

が放送されています。

とても懐かしい映画ばかりで、
色んなことを思い出しながら毎週見ていますが、
NHKさんでこういった長期スパンの特集がある場合、
NHKさん独自が作成した冊子が作られるのをご存じでしょうか?

例えば、『男はつらいよ』一挙放送の時には

寅さん1

こんな冊子が作られていました。

B6くらいの大きさの、とても簡単なモノですが、
中身は

寅さん2

簡単な作品紹介とスタッフなどが記載されています。

今回の『名作100本家族編』についても、
やはり作られています。

山田洋次1
山田洋次2

寅さんの時よりも紙質は落ちますが、
時代の影響でしょうか(^^;

この冊子、実はいただくことが出来るんです。
送料140円は負担の必要がありますが、
申し込めば数日で送ってもらえます。

番組をDVDに録って保存してる方だと、
一緒に保管しておけば便利だし、
100本の映画データとして見るだけでも楽しくなります。

冊数限定で、無くなり次第終了、とのことなので、
興味のある方はお早めに。

詳しくは番組サイトをご覧くださいませ。


                               【美沙貴】

| ちょいと小話 | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

呉が創ったアートたち展

行ってきました!

両城の急傾斜地にある「石段の家」を会場にした

呉にゆかりの作家たち7人による陶芸、ガラス工芸、人形の作品展に行ってきました。

6月3日より5日まで11:00~17:00開催しています。

石段アート階段
▲映画「海猿」で登場した両城200階段。
石段アート庭
▲汗だくで到着した一行を迎えた風景。そしてラムネをいただき一息いれました。
石段アートヒコウキ
▲テラスにヒコウキのオブジェ、おしゃれな室内に作品を展示。
石段アート1
▲本日迎えてくれた作家さん。

| 事務局より | 17:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月