FC2ブログ
7月例会
→新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中止します! 9月例会『風をつかまえた少年』は開催予定です。(9月26日) 予告編はこちらから

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

≫ EDIT

「ツォツィ」

すーっかり御無沙汰していました..

遅ればせながら2012年もどうぞよろしくお願いいたします。


今日は、公開中の映画ではなく、地上波で放送され録画していた映画を観たお話し。

「ツォツィ」

このブログ内を検索してみると、例会候補にも挙がっていたことが分かりました。他の映画サークルでは例会作品として上映されたりもしたようです。
なので、すでにご覧になった方も多いのではないかと思います。

1月の例会作品「おじいさんと草原の小学校」と重なる部分もありつつ、全く違う要素もありつつ。。

序盤は主人公ツォツィの暴力性にハラハラ、そして嫌な気持ちにさせられましたが、少しずつ彼の表情が和らいでいく姿に安心していきました。

私には、赤ん坊を通じて彼自身が生きなおしをしているようにも見え・・・


映画全体を通じてですが、セリフがとても少ない内容でしたね。
特に、クライマックスではツォツィは口を開いていません。
表情や、赤ん坊を抱き締める姿で、内面からの想いがぐわーっと伝わってきたように思えました。
涙、涙でした。

あとは音楽も印象的でした。結構ジャカジャカ感のある音楽でしたが個人的には決して嫌いではありません。

様々なテーマが織り交ぜられていますが、例会の事前学習会や「おじいさんと草原の小学校」と自然と関連付けられるので、単独で観るよりはより物語に入れたのかもしれないなあと思います。



こういう楽しみ方ができるのは映画の醍醐味のひとつ!そして呉映画サークルの醍醐味の一つでもある!
と、感じたのでした。。。


・・・結局最後は映サの宣伝になってしまいましたが(^^;
今年も会員さん、絶賛拡大中です!是非一緒に映画を味わいませんか。


今夜は「重力ピエロ」が放送されるのですでに予約録画済みです。。
撮り溜めている映画が結構あるので、読書と並行して楽しみたいと思っています。


そして、今年はもっとブログ更新頑張ります!!





                                       +*+もん+*+
    


| 映画よもやま | 16:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月