FC2ブログ
1月例会
『芳華-youth-』(2017年中国映画)
上映時間:2時間15分
2020年1月18日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:40 ③18:30 の3回上映
各回 広島大学中国語講師・袁葉さんトーク付
☆トーク15:10~15:30、18:00~18:20           18:25~18:30 予告編はこちらから

2014年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年12月

≫ EDIT

『ONCE ダブリンの街角で 』

冒頭を観た瞬間に「あ、これはよさそう」と久々に思った映画でした。

若干ダメな感じの男が主人公の映画って、面白いのが多いですよね、、、憎めないというか。

この映画はミュージカルにもなっているだけのことがあり、音楽が良い。そして、とてもとても切ない。
友情と愛情の間、みたいな関係って、個人的には超超苦手で、でもそれって、思い入れというか、、、、うーん、これ以上は個人ブログではないので控えましょうww

once.jpg


↑この二人の切ない関係もだけど、男の父親がとても良かった。
(そうそう、男と女には名前がついていなかったよね。。?)
男がロンドンに旅立つ前日のふたり(男とその父)の会話がギュイーンと来ました。
父が、この映画の中で一番ロックだったかも。

男を演じていたグレン・ハンサードプロのミュージシャン。
女を演じたマルケータ・イルグロヴァーもピアノ・歌がうまくて、当然演技もうまい。移民という難しい役どころではあったけど、ナチュラルに演じていた。

ONCE_01.jpg


希望のある物語。

***もん***

| 映画よもやま | 22:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』

DVD借りようかな~と思いながらのばしのばしになっていたものがBSで放映されたのですぐさま録画して観てみました。


笑顔でいなしながら、心の中で本音という毒を吐く女たちはイイ感じでした。。
女性の、いろいろな生きづらさが良く描かれていますが、まぁでもみんな美人だし、トータルでみたら全然きれいなので、めっちゃ苦労してる厳しい映画ではありません。

あ~こういう痛み、あるよね~、というくらいの。


d0185717_7202482.jpg

柴咲コウと真木よう子の後半の微妙な関係、あるあるですね。
にしても、寺島しのぶ演じるさわ子さんのお母さん役の銀粉蝶さんがやっぱりウマい。寺島しのぶも、いろんな役ができる人だなー!と改めて思いましたが、銀粉蝶さんは、『ふがいない僕は空を見た』と同様、母親という役ですが、全くタイプの違う母親で。女優ってスゲー!と思いました。

柴咲コウ演じるすーちゃんのお部屋の可愛さも魅力の一つ。
つつましやかながら、生活を楽しんで自分の空間を大切にしている感じが好感度大。
井浦新が出ているのは知らなくて。
DV男から、ぼんやりさんから、『かぞくのくに』のような難しい役から、この人もモデル出身とは思えないですよね。

50b95a9b.jpg

やはり真木よう子はきれい!
すごくセクシーで&低い声でさらに増す色気!
でも、媚びない感じ、クールな印象なのに可愛らしさもありで男性のみならず女性にも好感をもたれるのでしょうね。

c0237163_13442721.jpg

真木よう子演じるまいちゃんがそうだったように、
顔は笑っていても、心の中で「あいつ死ねばいいのに」って思うこと、ホントあるから。。。「消えてくれ」もあるから。。。。


***もん***

| 映画よもやま | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

何の気なしに録画しておいて観てみました。今思えば9.11の頃にBSで放送されていました。


なので、この作品が9.11と絡んでいると気づくのにちょっと時間がかかった。
トム・ハンクスとサンドラ・ブラックは好きな俳優だけど、出ているのも知らなかったので、2人が夫婦役で出ているのを見てちょっとビックリした。しかも、存在感、控えめ。大物なのに、大物ぶりを抑えられるのって、ホンモノなんだな~と思う。

この二人の息子役が主演。主人公。
いや、演技うまいよね。。。
アスペルガー症候群という設定ではあるのだけど、本人、家族の抱える生きづらさ、もどかしさも割とうまく描けている気がする。

20120219101814.jpg

大好きな父の死を受け入れられずに、感情を持て余し、自分なりに自分を、父の死を理解・納得させようと心身ともに必死気になる少年。
全力投球で、ずば抜けた賢さゆえに時には人を惑わせたり困らせたりグッサリ傷付けたりもするので、時折見せる子どもらしい言動がより一層際立つ。

bf136b51c5b797b0faca4018d10c40ea.jpg


a0146773_1165529.jpg

↓この老人との交流が彼に大きなキッカケをもたらす。二人のシーンが好きな人は少なくないはず。

20120130_1859774.jpg
img_1_201409241751269d7.jpg

少年が、自分の心のうちを明かすことができ、色んな表情を見せることのできる相手。

母親とのかかわり方。

家族の映画です。


***もん***

| 映画よもやま | 21:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

例会学習会

『光にふれる』例会学習会のご案内

毎回好評の事前学習会、お話しいただいたあとで
ざっくばらんに質問にも答えていただきます。
今回は台湾映画なので上水流先生の超入門
台湾講座をお願いしています。
どなたでも参加できます。

11月22日(土)午後2時~呉映サ事務所
講師=上水流久彦(かみずる・ひさひこ)さん
県立広島大学講師
お話し=岐路に立つ台湾の人々
参加費=500円
終了後鍋パーティーあり
※参加希望者は20日までに事務局まで

                           事務局 エンゾ



| 事務局より | 10:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

呉市阿賀南の雑貨屋「FREE」さんからのお知らせ

来る11月22~24日の三連休、
映画サークルの例会カードやポスターを貼っていただいている、呉市阿賀南の雑貨屋FREEさんで、フリーマーケットやワークショップが開催されます!

チラシ


FREEさんのブログ

私も、いくつか洋服やかばん、帽子などを出させていただきます。

FREEさんの雑貨はかわいくて実用性のあるものばかり。
ガーデングッズも充実しています。

映画サークルのポスターも、店内のどこかに貼らせていただいています。

是非、遊びに行かれてみてください!

| ちょいと小話 | 19:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『シコふんじゃった』

映画大学in呉で講師をしてくださって、現在『舞妓はレディー』が絶賛公開中の周防監督の作品ですね。

以前、エンゾさんに勧められていたもののなかなか見る機会が中区、今に至ってしまいました。BSで放映されていたものを録画して観てみました。

いや~みんなみんな、若い!
1992年公開だって!
まだ小学生だもん、わたし。そりゃあ出演者の皆さんが若いはずです。
若貴兄弟、ってワードが出てくるはずです。
そして、モックン男前ーーー!!!笑
shikohunnjata.jpg

こんな相撲部員がいたら惚れちゃうよ。。相撲部員じゃなくても惚れちゃうよ。

竹中直人の演技と顔が、今よりはしつこくなくて若干新鮮でした(;´∀`)

img_1265289_38034600_1.jpg


全体的に、ほんわかしている映画だなあという感想です。
エンゾさんに勧められたいきさつとしては、「何か思いきり笑える映画ないですか」と聞いたところこの映画を勧められたのでした。
なので、大爆笑するかと思いきや、そういうわけではなく、なんというか安定感のある内容に私には思えました。
やっぱり、監督の人間性などが反映されるのかな?
周防監督のお人柄、穏やかで素敵でいらっしゃいますもんね!


***もん***

| 映画よもやま | 22:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』

いやはや。

一切期待していなかったのだけど。
そりゃあもちろん、ありえない設定で奇想天外なことばかり起きるのだけど、
だけど、、、笑いました。
ありがちな、ブラックジョークだらけで、誰かを傷つけてからの笑い、みたいなのがなくて
もちろん、えげつないシーン、やりすぎなシーンもありはするけど、それでも、いやな気持になることも少なく。

334235view003.jpg

友情や愛情が節々に見られるし、まじめにやっているから笑えたり、ちょっとジーンとくることまであったり。。

シリーズ化されてるみたいですが、こういうのはシリーズの1が一番面白いことばかりなので、今回、悪くなかったとはいえど次回作以降は観る予定はありません^^;


***もん***

| 映画よもやま | 22:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2014年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年12月