FC2ブログ
7月例会
→新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中止します! 9月例会『風をつかまえた少年』は開催予定です。(9月26日) 予告編はこちらから

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

≫ EDIT

『硫黄島からの手紙』

クリント・イーストウッド監督。
アメリカ人監督の作品とは思えない内容。
なんか、確実に日本側から描かれている印象が、、、

二宮君、彼は何がこんなにいいのだろう、といつも思うけど、間の取り方や喋り方なのかな。それと、表情の作り方か。

10016164736.jpg

しかしだな。。。
戦争の映画って、やっぱり結構色がついてしまってる気がするんだよね。。
それを感じてしまうと、ほんと、冷静に観られなくなる。。
で、最終的に
「ダメ。戦争絶対ダメ。誰も幸せにならない。みんな不幸になる。ぜったいダメ」
という思いを新たに&さらに強くするというか確信する。
それだけでも観る価値があるとは思うけど。。
百田尚樹みたいに、戦争肯定派(美化派)のモノは加えてムカムカイライラしてしまうけどね。

***もん***

| 映画よもやま | 21:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月