次回例会は
『歌声にのった少年』(2015年パレスチナ映画)
  上映時間:1時間38分
2017年9月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

≫ EDIT

『かぐや姫の物語』

呉映画サークル的には思い入れのある一本ではないでしょうか。

恥ずかしながらようやく私も観ました。

まず、当然ながら絵が素晴らしかったです。

かぐや姫の、ちょっとした心の動きが目や体の表情に表れていて、ハッとさせられることが多かったです。

img_3.jpg

姫の犯した罪と罰、みたいな宣伝の仕方もあったかと思いますが、私としては両方とも当てはまらない印象。
そりゃ、無理難題を言って亡くなった人もいるけど、それは、かか様も言っていたけど彼女のせいではない。

とと様、かか様にとっては彼女の存在が幸せそのもの。
彼女も、地球に来れて良かったんじゃないかな、と。。

それにしても帝の自己愛っぷりは笑えました。。
というかめちゃくちゃ気持ち悪かったですね汗
ま、帝の限らず求愛していた大臣たちは、かぐやを手に入れた自分、というものが欲しかったんだろうなあ~

みなぎる雰囲気ではなく、伝える雰囲気で「生きる事」ってなんだ?ということを語られているような内容でした。

こんなスゴイ監督に映画大学に来ていただいて、ご一緒させていただく時間まであったなんて、、、と思うと不思議な気持ちです。


***もん***

| 映画よもやま | 07:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

機関誌合本

機関誌合本出来ました

3月5日、10日の2回でかがり作業を行いました。

今回3月26日はいよいよ本の形になる装本作業。

写真撮るの忘れて熱中したため、

背の天と地に花ぎれを縫いつけたり、

布の裏打ちやボール紙をくるむ糊づけは画像がありません。



革装はさみ
▲合本を2部作ります。これは革装用、東急ハンズで950円で買ったもの。
布裏打ち
▲一つは赤い布装にします
ボール紙仮止め
▲ポプラ堂で買った厚さ2ミリのボール紙を仮止めしたところ
ボール紙合わせ1
▲かがり終わった本文を合わせてみます
ボール紙合わせ
▲サイズ微調整して仕上がり寸法を確認
クータ―
▲背に花ぎれ(画像なし)を縫いつけ、その上に筒状のクーターを糊づけします
完成
▲ボール紙に裏打ちした布をくるみ(画像なし)、背の部分にボンド付け本文と糊づけし、
一気に見返し部分を表紙に張り付け、重石を乗せて一晩かわかせると完成
小口
▲小口部分のアップ。花切れもついて、開き具合もいいようです
鍋蓋修復
▲まるで別件ですが、割れた陶器のふたが治りました。漆で接着したのち100度に
設定したオーブンで熱処理ずみ。これでまたおいしくご飯炊くことが出来ます。
        
                                          事務局 エンゾ


| 事務局より | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『居酒屋ゆうれい』

キャストが全員若い!
とにかく若い!

山口智子は山口智子。
4937b301fa.jpg

これ、誰だかわかりますか?

Bw7VJxWCYAAUojw.jpg


ストーリー的には、まぁありえない感じで、なんちゅーか短編小説にあるような内容でした。


***もん***

| 映画よもやま | 16:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『川の底からこんにちは』

なんか、ぎゅっとした面白味のある一本でした。

「中の下」「普通の人」なんだからこそ頑張らないといけないんだよ!
っというセリフが後半何回も出てきますが、ほんとだよな~と感心しながら観ていました。

節々に設定されている笑いと共に、妙な切なさもあり。。
人生と、実家の会社を巻き返していく若い女性の物語、と言えばそうなんだけど、
時々出てくるエロスみたいな場面がちょっと気持ち悪かったです。
なんか笑えなくて。生々しい気がして。。。。

それにしても満島ひかりは ギャァッ キー!! ウキャー!!! みたいな演技をさせたらピカイチですね。
迷いのないヒステリックぶり。すごいです。
c_Tagaya_336_2.jpg



f369460614fea4a29b7638a1b78b44f8.jpg


てきとーに生きていけたら楽なんだろうけど、あぁ面白くもないんだろうなあ
そんなことも描かれています。

***もん***

| 映画よもやま | 17:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『夢は牛のお医者さん』例会終了

第274回例会
夢は牛のお医者さん 終了しました!

2015夢は牛例会
▲ひたすら草を食べて白い乳の出る不思議さ。
コーヒー販売と今回特別に牛乳を用意しました。完売!


2015夢は牛例会2
▲たまご会のクッキーやなみえケーキを買って劇場へ入る方、
ロビーでくつろがれる方、お土産に買って帰だれる方、いろいろあり。


2015夢は牛例会4
▲映画終わると「満足度アンケート」の回収を呼びかけます。

2015夢は牛例会3
▲ロビーでは感想を記入する方も。

                                        事務局 エンゾ

| 事務局より | 11:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手製本づくり

機関誌5年分の合本

5年前に40年分の機関誌を合本して、あれから発行した60冊を
この度製本作業に入りました。

かがり台作成3
▲まずはかがり台の作成のため材料調達。約1000円。

かがり台作成2
▲幅の広い方に切り込みを入れます

かがり台作成
▲ボンドを付け、木ねじで固定

かがり台完成2
▲かがり台2号機が完成

かがり台完成
▲かがり台が2台に

かがり始め2
▲いよいよかがり作業の開始

かがり作業風景
▲作業風景。雑念忘れ集中できるひととき

かがり2
▲針仕事です

かがり終了
▲約2時間くらいでかがり終了

背固め
▲背をボンドで固め、寒冷紗を張って補強

次回、いよいよ表装を行います

                               事務局 エンゾ    

| 事務局より | 10:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『小さいおうち』

先日地上波で放送されていたので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか?

松たか子が美しい、黒木華が可愛らしい。。

家族間のドロドロなのかな~と思っていたけど、そうではなかった。

物語の語り手が2人いるのがおもしろいと思った。
自叙伝を書いているタキと、健史(タキの大甥)。

タキの心情というのは、現代の人には分かりづらいものがあるかもしれない。
女中として奉公先に骨をうずめる覚悟までするというその心の動き。
また、それがゆえ抱えなくてもいい苦しみを抱えてしまう辛さ。

ORG_20140116000201.jpg

めちゃでかい画像ですが、この松たか子キレイ、、、

m0309033_1357376.jpg

黒木華もうまいけど、やっぱり松たか子はうまい。。。。
着物や、当時のあの髪型の似合い具合、さすがですよね。


山田洋次監督には、ずっとお元気で、家族をテーマにした映画を撮っていただきたいですね。


***もん***

| 映画よもやま | 06:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『夢は牛』もうすぐ

もうすぐ例会

夢牛ポスター

▲3月12日(木)は呉ポポロへ是非ご来場下さい!


                           事務局 エンゾ

| 事務局より | 10:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ただいま会員募集中!

今年呉映サ創立46周年目


ただいま会員大募集!

◆会員になると
猫3
▲年6回の例会に参加出来ます

猫1
▲会報「映画と仲間」がもらえます!

◆会員になるには
猫2
▲入会申込書に住所、お名前、連絡先を記入して事務局までFAX又はメールを
猫4
▲会費は月額一般700円、学生500円です。2ヵ月ごと納入していただきます。

                                               事務局 エンゾ

| 事務局より | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『そして父になる』

呉ポポロでも上映していましたね。
観た人はよく、「福山雅治がかっこよすぎる」という感想を述べていて。。
または、呉映画サークルの例会でもやった『もうひとりの息子』と比較する人もちらほら。
私も、『もうひとりの息子』は観ていたので、どんなもんだろう~と気にはなっていました。
出演者も豪華で、好きな人ばかりだし。

acd528c019fe5011337b88b4d799cd535857040d_98_2_9_2.jpg

病院で、子どもがとりちがえられていることを知った時の福山雅治演じる父親のひとことは、私も「げっ」と思いました。


『もうひとりの息子』では、敵対する国同士の2家族の対比、父同士、母同士、子ども同士の対比がものすごくうまく描かれていて、母ならでは、父ならでは、子どもならではの特徴も深く上たっぷりに緻密に描かれていました。

『そして父になる』は、そこら辺はちょっと薄いけど、2家族の生活の違い・経済的な差や、福山演じる父親の育った環境や実の父、後妻に入った義理の母との関係などを絡ませていました。

でも、母同士のつながりというか、母ならではの心の交流については割としっかり伝わってきた気がします。

子どもの物語ではあるけど、大人の、夫婦の成長物語ですね。
動揺し、葛藤し、自分にうそをつくのは大人たち。

希望を感じさせる終わり方で良かったな、とは思いました。


***もん***

| 映画よもやま | 06:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月