FC2ブログ
1月例会
『芳華-youth-』(2017年中国映画)
上映時間:2時間15分
2020年1月18日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:40 ③18:30 の3回上映
各回 広島大学中国語講師・袁葉さんトーク付
☆トーク15:10~15:30、18:00~18:20           18:25~18:30 予告編はこちらから

2015年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年05月

≫ EDIT

『バードマン』

雨がよく降る。心もあめふり。
今を満足できず、いらだちをおさえられない…そうあなた。さあ、いっしょに空をとぼう!
今、世界中で人気のバードマン。その役でスターになったリーガン。今はすべてを無くし、もう一度家族と人生を取り戻そうとする男の叫びの映画。ドラムの響きが、なげき、いらだち、叫びに聞こえて、映画をいっそう切なくさせる。

poster2_20150422072435c3e.jpg


もしそばにいたら、抱きしめて「今のままでいいんだよ、ありのままで」って言ってあげたい。
セリフも音楽(ドラム)もカメラのまわし方も、リーガンのいき詰った全てに思えて胸に突き刺さる。
この映画は、今を満足して生きてる人には理解出来ないかな。今に満足できず何かを求めている人は、空を飛ぶリーガンの気持ちがわかるはず。そういえば、私も空を飛んでる夢を見る。終わりかたも…自滅か?はばたいたか?さあ、あなたはどっち!?
足りないことをなげくより、恵まれていることを数えよう。ないものねだりをするより、あるものさがしをしよう。きっと心が笑顔になるよ。 ミッチーのひとりごと。


byミッチー

| 映画よもやま | 07:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

機関誌発行!

「映画と仲間」第233号完成!

印刷して製本して発送作業完了!

ブログ1
▲機関誌とチケットなど袋詰め

ブログ2
▲大勢でやると半日で終わります。

                                        事務局 エンゾ

| 事務局より | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『傷だらけのふたり』

なかなか春がきませんね。
暖かくなって、心も春になりたいね。
先日東京で観た『傷だらけのふたり』

12257_img_1.jpg


韓国映画。
ヤクザとOLの純粋ラブストーリー。久々に胸キュンだった。
ちょっと?だいぶ優しい金貸しのヤクザと、病気のおじさんの借金を肩代わりするOL。
ふたりが恋に落ちていくプロセスが可愛いくて、いとおしくて…
広島でもかかると思うので、詳しくはね。

16293355543_2dcfb90f6b.jpg

ヤクザさん可愛くて、カッコよかった。見てのお楽しみですよ。
終わりの歌、会えないと思うと思いだす、エンディングにふさわしい歌。皆でいっぱい泣いた。
きのうまでは過去。今日からがはじまり。毎日がはじまり。

byミッチー

| 映画よもやま | 22:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キケン部0415

朝10時現代美術館集合。
赤瀬川原平、美術原論展。
絵画、現代アート、デザイン、イラスト、造形、小説、凄い才能の持ち主。
映画の時間がなかったら、もっとゆっくり見たかった。

tn2015041601.jpg

tn2015041602.jpg


大急ぎでバルトへ。
まずは、『ジヌよさらば』

poster2_20150416194141b5f.jpg


予告編を見て期待しとったのに。コメディだと思うけど出てくる人が怒った顔で演技するんで、なんか笑えなかった。
大笑いしてスカッとするはずだったんだけど…思ったのと違っとった。
遅いお昼にお好み焼きを食べた。
最後はお待ちかねの『ソロモンの偽証後編』

350416_003.jpg


東京でタイトル作家の赤松さんのアトリエに行かせてもらい色々見せてもらっていたので、タイトルが出た時は妙に懐かしかった。
映画は前編で思ったほど、衝撃的な真実ではなかった。
子供たちの演技は上手い。
有名な役者もたくさん出ていたけど、子供たちのほうが断然輝いてた。
帰りに、「赤瀬川さんのイラストにいっぱい良い言葉が書いてあったけど、なんか覚えとる?」って聞いたら、皆何にも覚えとらんって。大笑い。困ったもんだ。
辛いという字を一つ乗り越えると、幸せという字になる、人生はこれから、一人じゃないよ♪


byミッチー

| 事務局より | 19:42 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

全国映連総会2日目~最終日

今日は本番、全国映連総会。
ちょっとその前に、皆で映画を一本。
傷だらけのふたり。韓国映画良かった。
お昼に美味しいパスタを食べて、いざ総会へ。堅い会かと思っていたら映画に関する話しばっかりだもんね。
どの議題も面白くて興味深い。
そのあと、監督や俳優の授賞式。一番印象に残ったのは山田洋次監督のスピーチ。
この賞は私にとって特別な賞です。映画は皆で共有して見る物。お金を払って見ているのに、私語をするな、途中で立つな、前の席をけるな。今は客が我慢しすぎ。
詳しくは、次号の映画と仲間で。二次会はサボール。役所広司が稽古をさぼってよく来ていたところからついたとか。本当?東京は面白い。

東京珍道中最終日。
朝9時ホテルにさよならをつげ、昨日二日酔いでダウンしていたせっちゃんも元気になり今日もスタートは映画。
パレード、イギリスの実話で笑って泣いた。人は支えあって生きていくんだなとしみじみ思った。
お昼は月島のもんじゃを食べに。これ又ビールとあっておいしかった。山本さんが全部焼いてくれて、せっちゃんと私は食べるだけ、うまい。5時からは、渋谷にもどりリバーダンス。足の動きが最高。思わず踊りたくなった。
楽しい3日だった。幸福。今から新幹線最終で、いっぱいやりながら楽しいおしゃべりをしながら帰りまーす。


tn0411-3.jpg  tn0411-1.jpg  tn0411-2.jpg



byミッチー

| 事務局より | 08:45 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『傷だらけの男たち』

久しぶりの金城武。いま、どこで何をしているのだろう、、、
などと思いながらスタートしましたが、むかしは分からなかったけど彼はカッコいいですね汗

51P3kiXi8jL.jpg

レビューとかは結構評価が良いみたいだけど、私としては「ないわ~」の一言。

昔自分の家族を殺した男に復讐するため、その男の娘に近づいて行って結婚までして、殺す計画を立てて、結局彼女は死なずに殺人未遂になるのだけど、病院で意識不明の彼女を看護しているときに愛情が目覚めるという。BGMもいきなりロマンチックなものが流れてきて、びっくりしました。
あれだけ緻密に復讐の計画を立てて実行して、それに至るまで憎悪の感情を抱き続け苦労もしてきて、やっと娘を殺害するところまで持ってきたのに、いきなり愛情????
ないわ~。
「彼女は俺の家族だ!殺された俺の家族と同じだ!」とか言われても。
突っ込みどころが満載で一気に冷めました。

しかも、なんだかんだできれいに描こうとしているところがサムイ。

金城武がかっこいい。
それだけ。。。


***もん***


| 映画よもやま | 08:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

全国映連総会レポ初日

朝6時始発で、テンション高く出発!
それぞれ好きな朝ごはんを買って、食べながら早々大笑い。
せっちゃんは、新幹線がゆれた途端お弁当がひっくり返り。朝ごはんがなくなったってはんべそ、またまた大笑い。
皆寝ようって言ってるけど寝れるかどうか…こんな感じで珍道中、始まりはじまり。乞うご期待。

tn0410-1.jpg

無事東京に到着。
お昼は、東中野のお蕎麦屋さん。あっぱれ!十割蕎麦おいしかった。
みっちゃんは生ビールも飲んでおられました。その後はポレポレ東中野で映画鑑賞、縄文号とパークル号の航海、ドキュメンタリーを見ます。
今日の東京は寒ーい。真冬!温かいかき揚げのお蕎麦で体もほっこり、映画寝ないようにせんとね。
面白い話し。みっちゃんは新幹線の切符とサロンシネマの半券を改札で一緒に通し、ブー。さすが映画好き。


tn0410-3.jpg  tn0410-4.jpg  tn0410-2.jpg  tn0410-5.jpg

夕方、昨年呉映画大学の講師に来られたタイトル作家の赤松さんのアトリエに行き、タイトル作成のビデオやタイトルをその場で書いてもらい、おまけでそれも頂けることになり楽しいひとときがすごせました。

0410-6.jpg


エンドロード作家の奥さまも、赤松さんもとてもいい人達で楽しかった。
その後宴会、赤松さんが招待くださって映画の話しで大盛上がり、最高!!
その後、ホテルに帰ってまたまたビール片手に映画の話しで盛り上がり。
本当に楽しい1日でした。今日楽しくすごせたこと感謝です♪

byミッチー

| 事務局より | 15:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行ってきます!

寒いですね!

春なのに、どうしたのか。ぶるっと震える寒さ。

明日から全国映連総会の為、呉映サから5人で上京します。

予定では映画2本、舞台1本見ます。

明日は、昨年映画大学の講師として呉に来て下さった
タイトルデザイナーの赤松陽構造さんを訪ねます。

報告をお楽しみに!

事務局 エンゾ

| 事務局より | 18:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『悼む人』

昨日、呉ポポロにて『悼む人』を観てきました。
数年前に原作は読了。
私は映画サークルのほか、読書サークルにも入っていて(幽霊ですが)
この会は出席できたし、原作の独特の魅力に惹かれていたこともあり印象に残る作品の一つでした。

41rT1x-8EcL__SY344_BO1,204,203,200_


原作では、劇中井浦新さん演じる甲水朔也が一番好きなキャラクターでした。
クセがあって、痛いところをついてきて、嫌味で皮肉屋で、でも、だからこそ一番人間臭いというか。

cast_p_iura.jpg


しかし、原作を読んでいる人は、原作と映画は別物と思って観た方がイイかと思います。
原作に基づいて、堤監督が違うアプローチをしている作品だと感じました。

d513cdd20d5a68d8fd271d29f7d57a39.jpg


まず、石田ゆり子演じる倖世が高良健吾演じる静人と一緒に旅をすることになったくだりがすべて省略されているのが残念でした。いきなり旅にくっついてきていて…原作読んでない人は違和感があったんじゃ?ここちゃんとしていればもっと感情移入できていたのに。。。と。。

原作を読んでいる分、どうしても比べてしまうのだけど、映画は主人公の静人はあまり出てきません。なんなら一番セリフが少ないのではないかと思うくらい。まさに、静人。静かな人。こういう設定に持ってくるのは大変だったんじゃないかなあ。それに、主張しすぎずな主演。。高良さんも大変だったのでは。
でも、もちろん静人がいないと成り立たない構成になってるし、悼む、という行為そのものではなく、静人の周辺(家族)や生(≒性)と死を中心に描いていて、あの原作を映画にするのは本当に大変だったと思うけど(まず尺が)
節々に堤監督臭を織り交ぜながら進んでいきます。切な苦しいあの雰囲気。

朔也も、なんだかちょっと哲学的な雰囲気になっていて、あれはあれでアリとうか、映画ではこう!という風に割り切れるキャラクターになっています。脚本と監督と、そして井浦さんのすごさ・・・!!
他に、大竹しのぶさんはじめ、椎名桔平さんや、キャスティングが豪華で、知らない人が誰も出てこないです。。

ただちょっと濡れ場の尺が長すぎて、あんなにいるのかなあ、それなら違うところに時間使ってほしかったなとは思いました。
だけど、生≒性 とするならば必要な描写だったのかもしれないね。
石田ゆり子の濡れ場で集客を狙っていたが大コケしたという記事も読みましたが、まぁそういう眼差しを持つ人が観たところできっとどうでもいい映画という評価になるだけだろうなあ。

全体的には語りすぎず、語らなさすぎずのバランスですごいです。

今回、こんなに感想が出てきたのは原作を読んでいることと、友達と観に行って、観た後に感想を話し合う時間があり、なおかつ同じ読書会の方とも劇場でたまたまお会いし、やはり感想を伝え合うということをしたからだと思います。もちろん、劇場で観た、ということも前提で。
こういう時間ってやっぱり大事。
私は基本映画(に限らずですがw)は一人が多いですが、映画サークルでの出会いや、会員になる意味ってこういうところにあるんやろうなあと改めて実感したりもしました。

呉ポポロでは、平日と土日祝で上映時間が違っているようです。
行かれる際はご確認をお勧めします。

***もん***

| 映画よもやま | 15:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

徒然

今日は大阪出張。
新幹線の車窓は、まだサクラがたくさん咲いていて、何だか心がサクラ色になった。
そう言えば、サクラのシーンが出てくる日本映画は一杯有るけど、洋画は少ないよね。
サクラの下の切腹、別れと出会い、旅立ち、色々シーンでサクラが出てくる。
私達にとってサクラは大切な花かな。
遠い昔から、殿様だって、長屋の皆だって同じようにお花見してきたもんね。
エイサに入って、今年もいいお花見ができたことに、感謝。
いつも笑顔でいよう、そして誰かを笑顔にしてあげよう。

byミッチー

| 徒然 | 06:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

はしご

6日の夕方から 映画に行きました。

段原で、『ジュピター』と『ナイトミュージアム字幕』を観て、バルトで『博士と彼女のセオリー』を観ました。

海田のフタバに寄り、帰ったら夜中の一時半でした。

宮部作品のソロモン…単行本五冊のお話。

映画・チョコドのDvDも棚にたくさんありました。

tn久保2 - コピー

tn久保1 - コピー

by ゆうこ☆こばやし

| 映画よもやま | 06:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名古屋の桜を観ながら。

先日、出張で名古屋にいってきたのですが、土曜日の午前中は良い天気で花見日和でした。
この桜並木が銀杏並木だったらなぁとオダギリジョーの転々という作品を思い出していました。

tnヒロシ

『転々』HP↓
『転々』

それと、舞い散る桜をみていて思い出したのが秒速5センチメートルという、短編アニメ映画。
劇中に流れる山崎まさよしのone more time one more chanceの歌詞がさらに切なくさせます。

『秒速5センチメートル』HP↓
『秒速5センチメートル』

山崎まさよしのone more time one more chance
(動画です)

byヒロシ

| 映画よもやま | 06:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ソロモンの偽証』

予告編を見て、まあいいかと思っていた、ソロモンの偽証前編。

見てみてビックリ、面白かった。一人の中学生の死から始まる話し。自殺?他殺?謎が謎を呼び、どんなに頭をはたらかせても、あの人かなって、ぜんぜん推理できない。子供達の演技も上手い。思わぬ展開で、中学生だけの裁判になって行く。

poster2.jpg

後編楽しみ。まだ見てない人、まだ間に合いますよ。
3人で見に行って、3人とも、面白かったと豚カツを食べながら、トントンと(笑)話しがはずんだ。タイトルは昨年呉映画大学に講師で、来られた、赤松さんでした。

maxresdefault (640x419)

皆がいつも笑っていられますように。

byミッチー



追記
『ソロモンの偽証』後編は4月11日から!
広島県内では、イオンシネマやバルト11でも上映されるようですよ!要チェケラ~
宮部みゆきさんの原作も気になりますね。

もん

| 映画よもやま | 10:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昨日は総会&花見でした

呉エイサ、新人のミッチーです。
4日エイサのお花見がありました。
雨もあがり薄曇り。おでんとたこ焼き、美味しいお酒。まずは事務所でたこ焼きパーティー。久しぶりのたこ焼き作りに、皆悪戦苦闘。

tn01.jpg

口にはいりゃおんなじよって大笑い。どんなことでも笑いにかえる、エイサの人達は本当に楽しい。

その後、ほろ酔い気分で、近くの公園へサクラを見に、ちりはじめで、道が花びらのじゅうたんなりはじめていた。

tn02.jpg
tn.jpg

帰りにメロンパンで小倉あんパンを買って、事務所でコーヒータイムをして、解散。もちろんどんな時も映画話満載。一杯笑って楽しい、1日でした。

by ミッチー

| 運営委員会 | 15:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

機関誌合本(続編)

機関誌合本続編

かがり台に改良加えました


かがり台
▲3本の太い麻糸を強いテンションに調節可能なベルトをとりつけました
かがり台3
▲後ろからみた写真
かがり台2
▲かがり作業開始
背糸アップ
▲折帳の背に押し当てた麻糸に縫い込んでいく
かがり終わり
▲かがり終えました
背綴じ紐張り付け
▲麻糸を1.5センチくらいに切って、糸をほぐしボンドで固めます
寒冷紗はり
▲背を補強するために裏打ちした寒冷紗をボンドで貼り付けます
花ぎれ作り
▲布に太い麻糸をくるみ、「花切れ」を作ります
花ぎれ張り付け
▲背の天と地に花切れを貼り付けます
花ぎれ縫い始め
▲さらに花切れを縫いつけます
花ぎれ縫い終わりアップ
▲花ぎれ縫い終わり
クーター張り付け糊づけ
▲花ぎれの上からボンドぬり
クータ―
▲クーターという紙で筒状につくり
クーター張り付け小口
▲背に張り付けたところ

※そして表装に入ります

                                           事務局 エンゾ

| 事務局より | 16:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2015年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年05月