FC2ブログ
9月例会
創立50周年記念第5弾
『羊と鋼の森』(2018年日本映画)
上映時間:2時間14分
2019年9月21日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映

公式HPはコチラ

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月

≫ EDIT

『ボーダレス ぼくの船の国境線』

おはようございます。
昨日の例会にお越しくださった方、悪天候の中ありがとうございました!
色々と感想をお話しくださったお客様もいらっしゃり、そういったことが本当にうれしくありがたく、次へのエネルギーになるなあと実感した日になりました。

ところで、先日サロンシネマで観てきた『ボーダレス ぼくの船の国境線』が大当たり。
昨年からかな?八丁座でやっている「広島イラン愛と平和の映画祭」で、日本公開に先駆けて先行プレミアム上映がされた作品でした。かなり力のある作品だと中国新聞の記事に掲載されていたのですが、いかんせん一夜限りだったので観に行けず心残りになっていました。しかし、今月1週間限定で上映をするとエンドマークでみていってきました。

200.jpg


結果、大ヒット!!
友人に感想をメールしたところ、その感想文をほめられたので調子に乗ってコピペします。ちょっと手は加えますが。。

***

セリフや音楽がほぼないため、適度な緊張感があり、展開や人物の背景を観客に想像させます。
言葉や国が違う三人(赤ちゃんいれた四人)の登場人物の関係性も面白い。
少年が、赤ちゃんをみたときにはじめて見せる笑顔の純粋さ。
少女と赤ちゃんと少年がまるでひとつの家族のような形をなします。
それまで、一人で自分のために漁をしたり干物を作りながら生きてきた少年が、誰かのために漁をしたり買い物をするようになる。感情・表情が生まれていく様子にグッときます。
以下ネタバレですが、、、
少年と思われた子が実は女の子だったことが分かるシーン…歌声と影で女の子だと判明させる演出はウマイ!と思いました。

hqdefault.jpg


言葉や国や立場が違えど交流ができる、まさに『ボーダレス』
(イラン・イラク・アメリカという複雑な構造と関係性の3国の国民の登場人物)
また、少年の生活力、船を熟知した身のこなし、表情、すばらしいと思いました。
そしてクライマックスが観客に想像させる最大のシーンでしょう。観客自身に解釈させる作りになっていて、ハッピーエンドか、はたまた、、、みたいなのも観客自身に委ねているところに魅力を感じました。
少年の家族についての語りもなく、ただ少年が写真を大切にしている、ということしかわかりません。本当に語られないのです。

***

『ボーダレス ぼくの船の国境線』は、今日までサロンシネマで
14:55~16:45
の一回のみ上映です!ご都合つく方ぜひ!



***

観終わった後、スタッフの方に思わず「めちゃめちゃ良かったです…!」と話しかけてしまいました。


***もん***

| 映画よもやま | 06:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明日は例会です

『ミルカ』(2013年インド映画)
  上映時間:153分
2016年1月28日(木)呉ポポロにて


①12:40 ②15:25 ③18:10の3回上映

今回、長編のため、いつもと上映開始時刻が変わっていますのでお気を付けくださいませ。

呉映画サークルツイッターアカウントでは、例会の様子などをなるべくタイムリーにお伝えしていますので、チェックしてみてください。


| 事務局より | 05:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『霧に包まれたハリネズミ』と『天空の城ラピュタ』

こんにちは.
呉映画サークル会員のひろみつです。
僕は『霧に包まれたハリネズミ』というアニメーション作品が好きです。

f0220343_221918.jpg

作品の初公開当時ではないのですが阿佐ヶ谷のラピュタという映画館で再上映の折に観る事ができました。
作品をみて深い感動をした事、心が浄化されるかの様な不思議な体験を覚え、作者であるユーリ・ノルシュテインさんの作品に惹かれています。
霧の中でハリネズミのヨージックが体験をする出来事が、美しい映像で表現をされていています。
ヨージックの表情もとても可愛く彼の話す言葉も素朴です。

***


金曜ロードショーで『天空の城ラピュタ』が放送されました。

10034047486.jpg


物語の最後に登場する滅びの言葉『バルス』のツイートについて注目がされていたそうですが記録の更新はならなかったそうです。しかし、繰り返しテレビ放送をされている作品でありながら安定した視聴率残すのでジブリ作品はてっぱんだと感心。

yjimage_201601200853419dd.jpg


僕はまだジブリ美術館に行った事がないので一度は足を運んで宮崎監督の短編のアニメーション作品を観たいものです。

4c822ff5abc749c937f4db990594c5ac.jpg


byひろみつ

| 映画よもやま | 05:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

呉映画サークル フェイスブック立ち上がりました

呉映画サークルFBページ

クリックしてみてください!

先日入会してくださった方が、呉映サのFBページを立ち上げてくださいました!
ありがとうございます!

以前、いったい誰が作ったのか分からないままのアカウントは、結局消せないまま存在するのが非常に残念ですが。。

ツイッター
と共にご確認いただけますと嬉しいです!


| 宣伝 | 07:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ミルカ』の例会学習会終わりました。

1月9日、『ミルカ』の例会学習会が終わりました。
今回、講師を務めてくださったのは広島大学国際センターの本田先生と、インドからの留学生のサヤリさん。
出席者は21名と過去最高を記録した前回の学習会参加者19名を上回りました。
DSC_0374.jpg



学習会でもお話しましたが、今回の講師を探し始めた時に一番最初に頭に浮かんだのが本田先生でした。
今も講師として行かれている尾道市立大学に、私も2年間だけ通っていたのですが、その時の一般教養の講座で先生の講義を受けたことがあったのです。先生の、いつも笑顔で楽しそうにインドのお話をされる姿がとても印象に残っていました。
その後、現在本田先生が勤務されている広島大学に編入し、たまにキャンパスでお姿を拝見することがあり、そのたびに「あ。インドの先生だ。。。」と思っていました。
しかし、それからもう10年以上の月日が流れていたことと、ゼミ生でもなく個人的な関わりがあったわけでもなかったので、果たして依頼していいものか、お返事もいただけないのではないかという不安を抱えつつ大学にメールを送ったところ、すぐにOKのお返事をいただいたのでした。大変お忙しい中、無理やりお時間を作ってくださり、またサヤリさんも一緒に来て下さり、本当にありがとうございました。
講座の内容については、また機関紙でじっくり触れることになると思いますが、
インドって、、、インドって、、、、複雑!!本当に、一言では全然言い表せられない!いや、どの国でもそうなのでしょうが、言語だけで30はあるそうで、サヤリさんは3つを話せるそう。でも地域が違えば全然わからなくなる、とのこと。
インドについて簡単に説明しろっていう方が土台無理なお話なんだわ。。。と思いました。


個人的には久しぶりに尾道や広大・西条の現在や思い出話がしっかりできてめちゃくちゃ楽しかったです。。。

miruka.jpg

本田先生のスーツ姿は初めて拝見しました!当時はアウトドアなイメージが強かったです。緑色のジャンバー、ポロシャツの印象。。でも、親しみのあるお人柄は当時と同じくだったかと思います。先生もサヤリさんもとても魅力的でいらっしゃいました。
ありがとうございました!


ということで、いよいよ例会が迫ってきました!
是非お誘いあわせの上お気軽にお越しくださいませ。

***もん***

| 例会学習会 | 05:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ブリッジ・オブ・スパイ』

観てきた数人に話をききました。

415a3lq0CHL.jpg


あるひとは、
トムハンクスが凄腕弁護士でいろいろ解決していく所が見所。
人間性も素晴らしい。
弁護する相手がスパイだけど、人として・友人として接する。

と。

また、他の方が観た回は大入り満員で座布団渡され地べたに座って観たとか。。。

気になりますねー!!
たまにはドキドキハラハラも悪くないかも?

o0480032013534864155.jpg

シネツインにて、29日金曜日まで
(2h22)
1.10:45~13:15
2.13:30~16:00
3.16:15~18:45
4.19:00~21:30
の4回上映予定のようです。


***もん***

| 映画よもやま | 05:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『エール!』

エール、鑑賞しました。
とても胸が熱くなりました。
まず、ポーラが偉いな~と。
歌うこと、試験、家族、選挙活動、家の仕事、ボーイフレンドとの関係。
彼女の年齢では向き合っていたものの数が多かった気がします。その中で才能を信じて行動していたのはパワーもらいました。才能だけではなく、自分を信じるって勇気がいるので。

あと他人に家族のことを伝える時に、一切"耳が聴こえないの"と言わなかったところに家族への思いがあったなあ、と感じました。
個人的にお母さんがどうしても大きな音を立てて(物を置いた時など)動作していたり、伝えたいがための大げさな動作は騒がしいな~って思った反面、でも、なんだかどこか愛おしくも思いました。
そして、お父さんに耳元で歌ってあげたシーンと、最後、手話をしながら歌っていたシーンは涙せずにはられなかったです。必死に聴こうとしてくれた、向き合おうとしてくれたお父さん。大好きな歌で家族への愛を、手話を交えて初めて伝えられたポーラ。
何かが伝わる瞬間ってやっぱり、感動するというか心地よくなるというか。

また、映画を終えて劇場へ出て、感想をまとめたくて席を探していると、エールを鑑賞されたと思われる2人の女性の聾唖者の方がいました。お友達同士だと思うんですが、お二人とも涙を流しながら勢いのある手話でお話しされていました。おそらくエールの感想を言い合っていたと思います。彼女達が映画で感じたことが言葉がなくても伝わってきました。

まだごちゃごちゃで、
うまくまとめれてないですが
すごく良い映画でした!

byたまご


****


映画鑑賞直後にくれた感想だったので、熱情というか臨場感というか、勢いのある感想ですね。ありがとうございます!
私もますます観たくなりました!

『エール!』は、サロンシネマで15日金曜日までの上映です。
1時間45分の上映時間で、10:50~12:40の一回のみとなっています。

| 映画よもやま | 12:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画看板

新年明けましておめでとうございます

7日サトー工芸へお邪魔したところ、
出来上がったばかりの映画看板を見せてもらいました


呉市の優秀映画鑑賞推進事業で35ミリフィルム上映される
黒澤明監督特集2本の映画看板です。


いつものネオカラー(水性絵具)ではなく、今回はペンキで書かれているため
光沢があるうえ、モノクロ映画なのにカラーに仕上がっているのは
佐藤定信さんならではの技。


2016映画看板
▲ベニヤ大の大きさのパネルに『用心棒』と『天国と地獄』が描かれている

2016映画看板2
▲ペンキだと何年ももつとか。

上映は以下の3日間
1月22日(金)呉ポポロ『用心棒』10:30~『天国と地獄』13:00~
1月23日(土)音戸まちづくりセンター『用心棒』11:00~『天国と地獄』14:00~
1月24日(日)乙女座(御手洗)『用心棒』11:00~『天国と地獄』14:00~
入場料は1作品500円(当日販売のみ)
問合せは呉市文化ホールTEL(0823)25-7878

                                       事務局 エンゾ


| 事務局より | 15:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

機関紙の表紙

お手元に今回の機関誌は届いたでしょうか?
いつも表紙を描いているマッキーからのレポです。

マッキー


朝から機関誌表紙を描いて、今(朝7時)出来ました☆
頭はぼーっとしていつつ、筆はササッと進み一安心。
筋肉を描きながら、頭のどこかでドラゴンボール、キン肉マンを思い描いていたような…。

byマッキー

***

12月の後半にもらったメールでした~。
こうやって何かができていく過程を見るのは、秘密を知るみたいで楽しいですね。

もん

| ちょいと小話 | 07:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月