次回例会は
『スノーデン』(2016年アメリカ・ドイツ・フランス映画)
  上映時間:2時間15分
2017年7月8日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

≫ EDIT

『ルーム』

やっと観ることができました。

実話に基づいているという事ですが、実話はとはだいぶ違っていて、着想だけ実話から得たのかな?と思いました。


「へや」に監禁されていた前半と、「世界」を知った後半。
もともと「世界」を知っていた母親のジョイと、全く「世界」を知らなかったジャックと。
どちらがどうなのだろう。。。

ジョイにはジョイの、ジャックにはジャックの葛藤、生きづらさがある。
それが、本人や周りから言葉として語られるのではなく、表情や行間から想像させられる、考えさせられる。

ジャックが、「ばぁば」の家で飼われている犬と初めて会った時に見せた笑顔と、犬に触れるシーンにはジーンときた

「へや」に時々帰りたくなるジャック。その言葉を聞くたびに苦しくなるジョイ。
最後、「少しだけ」と「へや」を訪れた二人。
世界を知ったジャックは部屋が「縮んだの?」と。見ているこちらも、不思議と部屋があんなに小さかったっけ…?とびっくりした。
へやにあった家具一つ一つに「バイバイ」と声をかけて回るジャック。「ママもバイバイしてね」と…
この子の節々のことばに何度も何度も救われる母のジョイ。

脚本も良いのだろうけど、ジャック役の子が本当に素晴らしかった。

image_20170516165410f47.jpg



| 映画よもやま | 16:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月