FC2ブログ
7月例会は延期となり 日程が決まりました!
『タレンタイム~優しい歌』(2009年マレーシア映画)
  上映時間:1時間55分
2018年9月8日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
映画会社のサイトはコチラ

2018年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年04月

≫ EDIT

『恋とボルバキア』

yjimage0YOF23H3.jpg

2月18日、横川シネマにて。

性的なことは極めてプライベートで人権に関わること。
カテゴライズできない「性」がある。
みんな同じ人間。性の問題で生きづらさを抱えなければならないのは辛いことが多いだろう。皆が幸せを感じられる社会にいつかなるのかな。

yjimage2OFXO2OG.jpg

観ながら、LGBTではなくSOGIという概念を思い出した。
人の顔、性格、声がみんな違うように、性も千差万別でカテゴライズできない。
ていうか、カテゴライズしたいのは社会や多数側の都合。自分が理解できるように勝手に名前を付けたかったりするひとの多さ。放っとけって話だよね。

yjimage3OQYY44P.jpg

にしてもだ。
最後、この左の男の人が彼女いるにもかかわらず自分に思いを寄せる右の子とタクシーという密室の中で恋人つなぎしていたのはマジ許せない。いろんな意味で。どーいうこっちゃ!!

***もん***

| 映画よもやま | 05:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『わたしは、フェリシテ』

yjimage50OQAL4J.jpg

2月18日、横川シネマにて。

もっと生活感があって、身近な事をどたばたと描いている作品なのかと思っていたけど、非常に観念的で分かりにくい映画だった。
終盤、何回も時計を見た・・・汗

本編と関係ない聖歌隊のようなものたちが出てきたり、暗闇の中、ざぶざぶとフェリシテが水に入って又出てきて鹿?か何かを抱きしめてみたり、現実と非現実的シーンが行ったり来たりしていて、でも美学みたいなものも感じなかった。卑下んじうっ的シーンの効果は何を狙っていたのか?

フェリシテに求婚した男も、「俺の事を忘れたらお前の首をへし折ってやる。なぁ、結婚してくれないか」みたいな流れで求婚していて、そんな思想の持主と結婚なんか絶対したくねえよと心から思った。


yjimage1385STKM.jpg


***もん***

| 映画よもやま | 05:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ラスト・プリンセス』

ラスト・プリンセス

3月例会にお越しくださいましてありがとうございました!

5月例会は『ラスト・プリンセス』です。

『密偵』と同じような時代背景かな?日本統治下の韓国の事実に基づいたストーリー。
日韓の歴史のみならず、これは愛の物語だとおもいます。

私も自宅でDVD鑑賞しかしていないので大きなスクリーンで観るのが今から楽しみです!


***もん***

| 映画よもやま | 05:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『デトロイト』

2月9日、サロンシネマにて。

『ハート・ロッカー』の監督の作品ということと、激しい暴力があることは知っていたので微妙な気持ちで臨みました。

1967年、アメリカはデトロイトで起きた実際の事件が基になった映画。
白人警官の黒人への人種差別。暴力、暴力、暴力。

yjimage3U114E3D.jpg

yjimage7ZT7VD6L.jpg

まず、サロンシネマの音響がやり過ぎ、デカすぎ。音が大きすぎて心臓がバクバクしてきて辛かった。

内容は、たった50年前まで、あそこまであからさまでえげつないことがまかり通っていたのかと思うと悔しくてたまらない。
アメリカ映画らしいといえばらしいけど、直前に観た『永遠のジャンゴ』より気骨と気合いの入った作り。筋がきちんと通っている。
アメリカ映画は、ジャーナリズム性のあるものや、ジャーナリズムがテーマのモノはなかなか悪くないものが多いのかも。日本のように人権意識が低くないし、文化の違いもあるかな。


***もん***

| 映画よもやま | 05:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『永遠のジャンゴ』

yjimageBBA8NX3B.jpg

2月9日、八丁座にて。

すっごい期待していた。それがダメだったのか。。。

うーん。
全部が中途半端。浅い。
ジプシーで、ギター名人のジャンゴ。
第二次世界大戦中、ナチスに酷い迫害を受けるジプシーたち。
でもそれが何故なのかとか、ジプシーたちの生活ぶりや、そもそもジプシーがどういう人達なのかが一切描かれていないため、なんだか分からない。
ジャンゴの生い立ちや思想の描き込みもゼロのため、何がテーマで何を言いたいのか分からない。
第二次世界大戦中のジプシーの迫害という題材は好いのに残念。
ギター演奏だけは良かった。本当にそれだけ。

yjimageDUSMZ5Q9.jpg


***もん***

| 映画よもやま | 04:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まちまちシネマ、ご案内

東日本大震災と原発事故から7年目の今年の3月11日。
呉YWCAにてまちまちシネマが久しぶりに上映会を行います。
『飯舘村の母ちゃんたち 土とともに』
当日は古居みずえ監督もいらっしゃり、トークもあります。

200_2018022414274268f.jpg

①10時~11時35分(上映後、監督トーク)
②13時~14時35分(上映後、監督トーク)
③15時30分~17時05分


大人1300円
学生1000円

フード・ドリンク販売アリ。呉の食材を使ったランチも限定数で販売されます。


防寒対策をしっかりして是非お越しくださいませ!

***もん***

| ちょいと小話 | 14:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2018年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年04月