FC2ブログ
9月例会
創立50周年記念第5弾
『羊と鋼の森』(2018年日本映画)
上映時間:2時間14分
2019年9月21日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映

公式HPはコチラ

2018年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年10月

≫ EDIT

『男と女』

富裕層の不倫の話なので、全然好きではないのだけど、コンユがウマい。
この人、ただただイケメンなだけではないのだなあと。


244d677d-s.jpg

で、丁寧に演じているのが分かる。
根っからのコンユ嫌いでなければ、この映画を観た人はコンユの事が好きになると思う。。
コンユ2


内容は、不倫もの。ただそれだけ。

***もん***

| 映画よもやま | 16:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『空飛ぶタイヤ』

320_20180917181000a6d.jpg

三連休最終日、サロンシネマにて。
キャスティングは豪華だし、ジャニーズは出るしでほぼ満席。

内容は、いつもの池井戸作品。
テレビドラマ的。

***もん***

| 映画よもやま | 05:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ガザの美容室』

パレスチナの内紛を描いているのだけど、
そのことを知らない観客にはわかりにくくて、実は寝てしまった。しかもたぶん山場のところでうとうとしていたから余計に謎のまま終わった(それは自己責任)

色んな年齢層の女性がいて、これは一人の女性の一生をこの数人で表そうとしているのかなと思ったけど、、、、
結婚や出産、夫や恋人とのトラブル、女性に起きがちな問題をそれぞれが抱えていて。

「丁寧にゆっくりやるのが私のやり方よ」と美容師が言うが、それにしても一人に時間がかかりすぎていつの間にか夜になってるし、それはただ単に仕事が遅いんじゃないのか、待てんでそんなに、とどうでもいいところが気になって、ダメ男と電話でグズグズのやり取りするために、何回も施術を抜けるのも訳が分からないし、ライオンの意味も解らない。
思うのだけど、いきなり動物が出てくる映画って大抵ハズレ。この演出マジでやめてほしい。

予習して、誰かの解説付きなら面白く観れたのかな。


***もん***



| 映画よもやま | 05:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『カメラを止めるな!』

話題だし、一応は気になるし。観てみようかなという気持ちで横川へ。
さすが話題作。整理券貰って並びました。

84b4333988a03b2458f83184e7cbc6cb-350x495.jpg


ネタバレ禁止だから詳しくは書かないけど、
正直前半から「もしかしてこれって。。。」という意識はあった。
作品の作りは三谷幸喜のオマージュ。
映画として破綻しているわけでもないし、ちゃんと作られているけど、少し笑って終わり。
内容がない、何も残らない。

そもそも悲鳴とか血とかいっぱいで疲れる。

ノーカットって大変なんだな~。とは思った。

あと、登場人物の一人が広島出身という事でサプライズ舞台挨拶してくれました。

今後、どういう女優さんになっていくか注目ですね。

***もん***

| 事務局より | 04:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『それから』

ホン・サンス監督。

あらすじ→妻に浮気を疑われ、窮地に立たされている男が経営する出版社に勤めることになったアルム(キム・ミニ)。初日早々、社長の妻がやってきてアルムを夫の不倫相手と決めつけ騒ぎ立てる。同じ日の夜、前任者であり社長の愛人であった女がひょっこり戻ってきたことで、事態は思わぬ方向へ…。

og_tw.jpg


社長の男がクズすぎて劇場からちらほら笑いが。
わりとキム・ミニに感情移入できて(不倫や修羅場に巻き込まれる側)、社長やその不倫相手、社長の奥さんに始終呆れてて「お疲れさん…」てなりました。笑
モノクロ映画なんですけど、それもあの関係性を冷ややかにしていたかもなーという印象でした。

byたま

| 事務局より | 05:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ピンクとグレー』

菅田将暉が好きなので観た一本。
NEWSの加藤シゲアキの小説が原作で、行定勲が監督というのも観てから知ったこと。

映画の中盤での展開にすぐにはついていけなくて。
ネタバレになるので書きませんが、「お、おぉ…」となった。

ピンクとグレー1

菅田将暉はうまい、やっぱり。
感性というか感覚がすごいんだろうな、と思う。

でも、もうどうやって終わったか忘れた。
私の記憶力の問題かな?

***もん***

| 映画よもやま | 05:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『森崎書店の日々』

録画していたのにずっと観ていなくて。

154890_01.jpg

原作は小説なのだそう。

ふんわりとした雰囲気の一本。
20代の女の子の身に起きがちな事。
それを支えたのは神保町で古本屋を営む叔父。
それから神保町で出合った人々と、町そのもの。

土曜日の午後とか、寒い日の夜とかに観るといい感じかな~


***もん***

| 映画よもやま | 05:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2018年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年10月