FC2ブログ
11月例会
創立50周年記念第6弾
『輝ける人生』(2017年イギリス映画)
上映時間:1時間54分
2019年11月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:40 ③18:30 の3回上映

予告編はこちらから

2019年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年11月

≫ EDIT

福岡国際映画祭

IMG_20190914_092730.jpg

初めて行ってきました!
9月14日~16日まで。
キャナルシティ劇場のスクリーン2つを借り切って行われていました。
アジア圏の映画をたくさん上映します。とれも、日本初上映や九州初上映、自国外初上映といったものです。
福岡舞台の映画も上映されていました。

わたしは初日、
『恋の街、テヘラン』日本初上映・2019年/イラン・イギリス・オランダ/102分
『カンペーン』自国外初上映・2018年/タイ/95分
『轢き殺された羊』九州初上映/2018年/中国/87分
『夜明けを待ちながら』自国外初上映/2018年/インドネシア/87分
『自由行』九州初上映/台湾・香港・シンガポール・マレーシア/107分
の5本を観ました。

上映後には監督のお話を聴いてQAしたりととても内容の濃い映画祭です。
QAも、なんとまあレベルの高いものが多くびっくりしました。

『恋の街、テヘラン』の監督とは、通訳さんを通じて色々とお話ができて楽しかったし嬉しかったです。
映画の作りが独特で、それについて質問したら、イランの現状なども知ることが出来て。

2日目は
『シヴァランジャニとふたりの女』日本初上映・2018年/インド/123分
『福岡』日本初上映・2019年/韓国/86分
『群山』九州初上映・2018年/韓国/121分
『フンバ・ドリーム』日本初上映・2019年/インドネシア/75分
の4本を観ました。

中でもやはりチャン・リュル監督の『福岡』『群山』が面白くて、力がありました。俳優陣もうまい。し、普通に超豪華キャスト…
チャン・リュル監督は福岡の事が好きだそうで、「ザ・福岡」みたいなとことろでロケをして、福岡FCの方も相当ご尽力されたようで、
『福岡』上映後に制作者・関係者のシンポがあり面白かったです・

IMG_20190915_150748.jpg

三日目は
『マンタレイ』九州初上映・2018年/タイ・フランス・中国/105分
のみ。

計10本を鑑賞しました。
『シヴァランジャニとふたりの女』『福岡』が同率1位。シヴァランジャニ~は観客賞をとったそうです。
内容は、インドの男尊女卑について、1980年から三つの時代・三人の女性を通じて描いているのものでした。

1980年。気に入らないことがあったら叩いてくる夫に「叩かないで」といった妻に対して、夫は無視を通し始め、ある日蒸発。
1995年。外に働きに行き、また日記を書いていることが気に入らない夫の両親、夫の姉が日記を見せろと迫る。
2007年。大学時代に陸上競技で才能を開花させたシヴァランジャニ。しかし結婚し夫の意向で妊娠し引退する。

特に2007年のシヴァランジャニのラストシーンには希望を感じて涙が出ました。
夫に「スマホとって」「朝食を出せ」「靴下はどこだ」などなど言われるシヴァランジャニ。
どの時代も「ひでえぞ」と思いましたが現代はどうなのだろうかと、上映後にサインの列にstill並んだ時に監督に聞いみたところ、「still now」だそう…

監督は、自身の母や妹が、父や男のきょうだいに虐げられるのを見て「おかしい」と思ってこの映画を作ったのだそう。
ちゃんと、そう思える人と思えない人(思わない人)の違いって何なのだろうか…

***

こういうところに来ると、どうしても運営目線で見てしまうのも良いやら悪いやら。
アンケートに思ったことを記入してきたので詳しくは割愛。
でもやっぱり外に出るって大事だなあとしみじみ感じた。
気付きや学びが半端なくある。
また機会があればあちこちの上映会に行ってみたいなと思いました。


***もん***

| 映画よもやま | 04:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2019年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年11月