FC2ブログ
1月例会
『芳華-youth-』(2017年中国映画)
上映時間:2時間15分
2020年1月18日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:40 ③18:30 の3回上映
各回 広島大学中国語講師・袁葉さんトーク付
☆トーク15:10~15:30、18:00~18:20           18:25~18:30 予告編はこちらから

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

≫ EDIT

『太陽がほしい』

太陽


日中戦争の時の中国慰安婦の方々を20年以上取材して作られたドキュメンタリーでした。
しかし、そもそも「慰安婦」という言葉が不適切だと感じました。
性被害者です。
強制連行し、監禁し、性的暴行を加え続ける。
現代であれば重罪なのに戦争中に起きたこのことは誰も罪に問われず謝っていない。おかしいです。
映画を観ながら被害者に日本人として謝りたい、謝るしかない、と思ったのですが、終盤、ある団体が「日本人を代表して」「日本人男性を代表して」と被害者に謝罪に行くシーンがありましたが、みていて違和感がありました。

やはり、国として、政府として公式に謝罪するのが筋です。

被害者の方も「若い世代にこんなことさせちゃけんね」と言っていました。

この日は、先に『カメジロー 不屈の人生』を観ていたのですが…
軍の酷さ(日米問わず)、戦争の無意味さ…戦争が人を傷付け、命と土地を奪い、人生を無茶苦茶にすること、それから日本政府のえげつなさがこちらとの共通のことだと感じました。

***もん***

| 映画よもやま | 04:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月