FC2ブログ
5月例会
→新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中止します! 振替日未定 予告編はこちらから

2019年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年02月

≫ EDIT

3月例会お知らせ

3月例会は『風をつかまえた少年』を上映します!

kaze.jpg

story、以下HPよりコピペ

***

2001年、アフリカの最貧国のひとつマラウイを大干ばつが襲う。14歳のウィリアムは飢饉による貧困で学費を払えず通学を断念するが、図書館で一冊の本と出会い、独学で風力発電のできる風車を作り、乾いた畑に水を引くことを思いつく。いまだに祈りで雨を降らせようとする村で、最愛の父でさえウィリアムの言葉に耳を貸さない。
それでも家族を助けたいという彼のまっすぐな想いが、徐々に周りを動かし始める。

***

また、3月例会は学割例会です!
前売り例会カード持参でのみ学生500円で鑑賞いただけます。

1月例会からあまり時間が経っていませんが、またポポロでお待ちしています。
今回の例会は木曜日ですので、お間違いございませぬよう。。

***もん***

| 映画よもやま | 04:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これ観たい

さよならテレビ


以下、HPよりコピペ

***
今は昔。テレビは街頭の、お茶の間の、ダントツの人気者だった。豊かな広告収入を背景に、情報や娯楽を提供する民間放送は、資本主義社会で最も成功したビジネスモデルの一つだった。しかし、その勢いはもうない。「テレビは観ない」と公言することがクールだった時代を通り越し、今はテレビを持たない若者も珍しくない。マスメディアの頂点でジャーナリズムの一翼を担ってきたテレビが、「マスゴミ」と揶揄されるようになって久しい。これは市民社会の成熟か、あるいはメディア自身の凋落か…。今、テレビで、何が起きているのか? 『ホームレス理事長』『ヤクザと憲法』のクルーが、自社の報道部にカメラを入れた。

本作は東海テレビ開局60周年記念番組「さよならテレビ」(77分)に新たなシーンを加えた待望の映画化である。自らを裸にしていくかのような企画は、取材当初からハレーションを引き起こした。そして、東海地方限定で放送されるやいなや、テーマだけでなく、その挑発的な演出が、異例の大反響を呼んだ。番組を録画したDVDが、まるで密造酒のように全国の映像制作者に出回った。テレビの現場は日々、何に苦悩し、何を恐れ、どんな決断を迫られているのか。果たして、今のテレビにレゾンデートルはあるのか?

薄っぺらいメディアリテラシーは、もうたくさん。テレビの今を活写する。

***

注目の東海テレビドキュメンタリー。
広島では横川シネマにて2/8~のようです。


***もん***

| 映画よもやま | 04:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『典座』

yjimageK5WOHGH5.jpg

久々に劇場出ようかなって思った。

| 映画よもやま | 19:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ANNA』

2020年、映画初めはこちら。1200.jpg


ミュージカルとは知らずに観たのでびっくりー。
アンナが可愛かった。映像がきれいだった。

1016253_02.jpg

おしゃれ映画。
こりゃ、おしゃれアイコンになりますわなー。


***もん***

| 映画よもやま | 04:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

個人的な、2019年ベスト。

2019年は、「劇場で100本以上観る」を目標にしていました。
結果、劇場で112本、自宅含め非劇場で75本を観ることが出来ました。
日ごろから映サ会員増やしたい!例会に来て下さい!と言っている身としてはやっぱり劇場鑑賞に少しでもこだわりたいものです。

せっかく目標達成したので、ベストを出してみました。

【日本映画】
①主戦場
②あの日々の話
③メランコリック
④道草
⑤人生をしまう時間
⑥無限ファンデーション
⑦さらにいくつもの片隅に

【外国映画】
①存在のない子供たち
②モンテ
③悲しみに、こんにちは
④自白/スパイネーション
⑤金子文子と朴烈
⑥共犯者たち
⑦工作
⑧細い目
⑨太陽が欲しい

となりました。
日本映画では、『主戦場』が、外国映画では『存在のない子供たち』がぶっちぎりです。

主戦場


top_bg_sp2.jpg


『あの日々の話』『無限ファンデーション』はめっけもん!!といった感じでした。『メランコリック』は前評判通り面白かった。大物でなくてもいい映画ってたくさんあります。日本映画、応援していきたいですね。

さて、2020は何本観られるかなぁ。

***もん***

| 映画よもやま | 04:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『JKエレジー』


JK.jpg


クソみたいな父と兄に人生を侵食されそうな女子高生ココア。
今の人生や生活から抜け出すために大学進学を決意する。
お金のためにとやったちょっとしたバイトが学校にばれ、奨学金の推薦を取り消されてしまう。
なんでばれてしまったのか、そのいきさつが気になる…ということは置いといて。

ちょこちょこ時代風刺みたいなことも出てきていた。

ラストシーンと、それまでの流れとがちょっと合うのか合わないのか私には判別できなかった。

あ、『かぞくへ』の喜多さん役の森本のぶさんが出ていました。
なんか、ぶつ切りの感想ですみません・・

監督は呉市出身だそうです。


***もん***

| 映画よもやま | 04:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あけましておめでとうございます!

みなさまーー!!
数少ない読者の皆様ー!!
奇特なそこのあなた-!!

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

呉映画サークルは今年創立51年目を迎えます。
そんな今年の一回目の例会は『芳華-youth-』です。
広島映画サークル会員で、広大中国語講師の袁葉さんのトーク付です。

2020年1月18日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:40 ③18:30 の3回上映
☆トーク15:10~15:30
     18:00~18:20  
     18:25~18:30
華芳

是非ふるってご参加くださいませ!

***もん***

| ちょいと小話 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2019年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年02月