FC2ブログ
7月例会は延期となり 日程が決まりました!
『タレンタイム~優しい歌』(2009年マレーシア映画)
  上映時間:1時間55分
2018年9月8日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
映画会社のサイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『スターウォーズ 最後のジェダイ』

泣く子も黙るスター・ウォーズです。

sw_201801081455454d9.jpg

良かった。
素晴らしきエンターテイメント映画。

しかし映画って本当に、良いもんですね、なのは面白がらせながらしっかり今の世の風刺ってとこ。

やっぱこんなストーリー作り上げたルーカスすごい。
とりあえずオープニングはしびれる。
シリーズ最初の回が劇場公開された時とかすごい衝撃だったのだろうなー、と。
前回のエピソード7で初体験した時もトリハダでした。
そう。
なんてゆーか実はわたし前回のエピソード7が初スター・ウォーズでして。
でもおさらいとかこれでできるようになっとるし観て行けばええと思う。

https://www.youtube.com/watch?v=hA9EWoZU5Pg&feature=youtu.be
https://twitter.com/koyapu/status/812511438363201536

スター・ウォーズファンには怒られそうですが。
モグリです。すいません。  

話自体はまさに宇宙戦争。
ずっと戦争しとる。
もーやめてー、ってなる。
でも面白いし面白がらせながらすごいメッセージをぶっこんでいる。 

今回はまさに、そうまさに。
「武器商人」が現代のオマージュであったと。
「こんな世の中で儲けるためには何を売ると思う?武器よ」(的な意味)ってなセリフ。
きっと今。これはナウ。この世界。
元々宇宙には様々な星があって各々が独立しており多様な暮らしがあった。
しかしダークサイドであるファーストオーダーが悪の力で全てを支配しようとします。
悪の力に支配された宇宙で富を持つのは武器商人のみ…あれ?これって今の世界の話?

ダークサイドはこの世でいうと誰なのか。

既にこの世はダークサイドに落ちているのかも、とか。

つまりレジスタンスは体制側から言えばテロリストなのであり、正義と悪とは何なのかとかぐるぐる考えてしまうけども考えすぎる間もなくエンターテイメントとしてお話が展開していくのでやっぱり映画は総合芸術であり知識を与える素晴らしき文化であるとのことに帰結できちゃうすごい映画じゃと思うわけです。 

さすがスター・ウォーズ。

印象に残ったのは色々あるけど。
あのフクロウみたいなのめちゃかわいい。
レイはきっとナウシカ。

スクリーンショット-2017-07-25-8_27_16-300x200



ダークサイドの長がヴォルデモートすぎる。
ルークが最強すぎる。
でももっとヨーダが最強すぎる。
カイロ・レンが現代っ子でこじらせすぎる。
でも良いからそろそろ目を覚ませ。
素直な子ほど極端な方向に走ると大変なことになる典型だね。

まずは字幕で観たかったのでバルト11行ったけど、改めてポポロシアターで吹替で観る。

IMAXは良かったけど宣伝しすぎじゃー。
エンドロールの余韻をぶち壊すのはいただけない。

三ヶ日最後にぴったりしっくりな映画でありました。

映画って、本当に良いものですね。




2018.1.3ー 場所: 広島バルト11

byぼん

| 映画よもやま | 05:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT