FC2ブログ
7月例会は延期となり 日程が決まりました!
『タレンタイム~優しい歌』(2009年マレーシア映画)
  上映時間:1時間55分
2018年9月8日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
映画会社のサイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ベロニカとの記憶』

『ベロニカとの記憶』
サロンシネマにて鑑賞しました。

2ベロニカとの記憶



あらすじ
『ベロニカとの記憶』公式ホームページより

***
ロンドン。60歳を過ぎ、ひとり静かな生活を送るトニーの元に届いた、一通の手紙。そこから“記憶”をたどる物語が始まる。ー
引退生活を送るトニーの元にある日、見知らぬ弁護士から手紙が届く。あなたに日記を遺した女性がいると。その女性とは、40年も前の初恋の人ベロニカの母親だった。遺品の日記は、トニーの学生時代の親友のものだった。なぜベロニカの母親の元にその日記があったのか?そこには一体何が書かれているのか?
長い間忘れていた青春時代の記憶、若くして自殺した親友、初恋の秘密――。ベロニカとの再会を果たすことにより、トニーの記憶は大きく揺らぎ始める‥‥。過去の謎が明らかになった時、トニーは人生の真実を知ることになる。
*  *  *  *  *

私はすごく共感できた映画でした。
その場の感情で言ったこと、行動に起こしてしまったこと。それが誰かにとって大きく人生を狂わせてしまったとしても、時が経つうちに都合よく忘れてしまう。
そういうことが日々あるんじゃないかな、と自分の中で思うことがよくあります。
1ベロニカとの記憶



ラスト、今までの自分の至らなさ、鈍化さに気づき元奥さんに謝罪したシーンが良かったです。
「ああ、気づけて良かったね。」と思いました。
共感できたという部分は、『気づくこと』や、『謝罪の気持ち』かもしれないです。

たま

| 映画よもやま | 16:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT