次回例会は
『ラスト・プリンセス―大韓帝国最後の皇女―』(2016年韓国映画)
  上映時間:2時間7分
2018年5月26日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
映画会社のサイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『火垂るの墓』

高畑監督が亡くなったことは、呉映サとしても、全国映連としても、個人的にもショッキングな出来事です。
私は映画大学in呉で初めてお会いし、一緒に呉をまわりました。
でも全国映連の昔からの方々はもっともっと古いお付き合いがあったので並々ならぬ思いもあったのではと思います。


地上波で、追悼番組するかな、と思っていたらまずは『火垂るの墓』が放送されたので録画して、そして「よし!」と決心して観ました。
というのも、この映画は私の中ではほとんどトラウマのような作品。
子どもの頃、親がよく色んなビデオを借りてきてくれていて、そのうちの一つが『火垂るの墓』だった。
まだ小学1年生か2年生だった私と幼稚園の弟と二人で観ていたはずなのに途中から私一人で観ていて最後号泣して「なんで弟おらんの?(なぜ一人にした)この気持ちは何?!(感情表現ができなかった)」と思ったことを覚えている。
映画を観て泣く、という経験を私の人生において初めてもたらせたのが『火垂るの墓』だったのだ。
それ以来、幾度となく観る機会はあれどこの映画は正直避けてきた。

火垂るの墓1


7歳かそこらで観たときに表現できなかった気持ちは今なら分かる。
悲しみ、苦しみ、辛さ、憤り、怒り、いたたまれなさ…
強烈な息苦しさ。堪えきれずにあふれる涙。それらをまた体験するのが嫌だったのだ。
だけど、今これを観ずにいることはできない、そう決心して観た。
でもやっぱり直視できなかった。
泣かないように自分の中で予防線を引いてみた。
それでも節子の弱りゆく姿には息が止まりそうだった。
清太の精一杯の言動が切なかった。


高畑監督の戦争体験は、『火垂るの墓』よりもっと厳しいものだったと言われていた。
戦時中、誰が被害者になりどういう生活を強いられたのか、ひとたび戦争になれば何がどうなっていくのか、この映画を観れば、あくまでその一端が分かると思う。


もっともっと高畑監督にいろんな話を伺っていたら良かったなと思う。

火垂るの墓2

次は、高畑監督の作品、何を観ようかな。


***もん***

| 映画よもやま | 04:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT