FC2ブログ
5月例会
→新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中止します! 振替日未定 予告編はこちらから

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『生きる』

生きる

やっと観ることが出来ました!
『七人の侍』のメンバーがたくさん。

いやこれもすごくうまく作られていてビックリ。
画面の構図も、物語の構成も「対比」がすごく印象的な一本。

通夜の場面では、役所の連中が付き合いで来ているのに対し、公園作りを陳情に来た住民たちが泣きに泣いていたのも、
遺影を真ん中にして心ない役所の連中が左側、遺族と心ある職員が右側、などひとつの場所をとっても色んな対比がされていてうまいなぁーと思いました。
役所をやめてウサギの人形つくりを始めた彼女が「生」としたら渡辺は「死」だし、
でもそこから生まれ変わるときのカフェでの「ハッピーバースデー」の演出もうまかった!

そして、宮口精二とのまさかの再会-!!

通夜で、参列者に故人の生き様を語らせる演出、どこかで観たことありますが、そもそも『生きる』発なのかも。

黒澤明、まじですげえっす。
昔の映画、もっと観ないと。。。

***もん***

| 映画よもやま | 04:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT