次回例会は
『歌声にのった少年』(2015年パレスチナ映画)
  上映時間:1時間38分
2017年9月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「それボク」予習しましょ

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、そして映画の秋。
拡大例会「それボク」の公開まであとわずかとなりました。
チケットは?声かけの反応は?・・・どうでしょう?
 
さて今回は広報部オススメの法廷モノ映画の名作を紹介します。
 
まずは
十二人の怒れる男十二人の怒れる男(2006/11/24)ヘンリー・フォンダ、リー・J・コッブ 他商品詳細を見る
アメリカは陪審制度を採用しています。この映画は陪審制度を描いた作品として有名ですね。
既に見られた方も多いかも・・・未見の方はゼヒ^^1957年のアメリカ映画です。
 
同じシドニー・ルメット作品として、こちらはいかが?
評決評決(2007/05/18)ポール・ニューマン、シャーロット・ランプリング 他商品詳細を見る
1982年の作品ですが、弁護士を演じたP・ニューマンがオスカー確実と言われながらも獲得できなかった作品としても有名ですね。
 
そして、アガサ・クリスティの舞台劇「検察側の証人」をビリー・ワイルダーが映画化した傑作。
情婦 [スタジオ・クラシック・シリーズ]情婦 [スタジオ・クラシック・シリーズ](2006/12/16)タイロン・パワー、マレーネ・ディートリッヒ 他商品詳細を見る

実は確かに見た覚えはあるのですが、さっぱり記憶から消えていました。改めて見てみようと思ってます。これも1957年アメリカ映画。

 

皆様のオススメ法廷モノ映画はなんでしょう?

 

「それボク」成功させる会では、プレイベントとして冤罪事件を描いた今井正監督の「真昼の暗黒」鑑賞会を企画しています。10月22日(月)夕刻ビューポートくれにて

詳細は追って報告します。

 

  

【広報部:かっしー】

| 事務局より | 15:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kureeisa.blog85.fc2.com/tb.php/144-5f847422

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT