次回例会は
『わたしは、ダニエル・ブレイク』(2016年英・仏・ベルギー映画)
  上映時間:1時間48分
2017年11月18日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

全国映連賞贈呈式 その3

全国映連賞贈呈式での受賞者の方々からのコメント後半は,呉映サにゆかりのある方々からのものです。
まずは次回例会作品「ひめゆり」の監督,柴田昌平さんから。

柴田監督

【柴田昌平監督】

実は監督という意識はあまりないんです。ひめゆりのおばあちゃんたちの言葉を届ける”仲立”だと思っています。だから監督賞といわれるとおこがましくて・・・

「なぜ,ひめゆり?」って言う反応が多かったんです。でもこれまで「ほんとの声」が聞かれるドキュメンタリーってなかったんです。

僕にとってカメラマンは本当に大事な存在なんです。だから紹介させてください,カメラマンの澤幡さんです。

13年かかって撮ってきた映画なので,風化しないように,言葉が過去にならないようひとつひとつの上映会を大切にしたいと思っています。

 

続いては,昨年の拡大例会「それでもボクはやってない」の製作を担当したアルタミラ・ピクチャーズの桝井さん。プロデューサーならではの苦労話が聞けました。

桝井プロデューサー

【桝井プロデューサー】

こうやって皆さんに評価していただいて,こういう場が来るとは考えてもいませんでした。何とか出資した分が取り返せて赤字にならなければいいと思って,ヒヤヒヤしながら製作しました(笑)。

呉での上映ではお世話になりました。呉にお伺いしたとき,呉市では上映されていないと聞き,あんな大きな都市でも上映されないのかとショックを受けました。また(フィルム料が)高い条件を乗り越えて上映しようという勇気に改めて感謝をしたい。また,会場には素敵な看板がありまして,映画を作った側としては,この映画をかわいがっていただき,大切にしていただいていることにも感謝をしたいと思っています。

 

中村ゆりちゃん受賞を祝って,シネカノンの李鳳宇さんも会場に足を運んでくださいました。李プロデューサーは昨年に引き続きご登場でした。

李鳳宇さん

【李鳳宇さん】

全国映連の方々,映画サークルの方々にはいつもお世話になっております。でも今年残念だったのは,ボクの好きな「麦の穂をゆらす風」があんなものかな(第5位)と思ったことです(笑)。

反日映画の主演女優を評価していただいてありがとうございます(笑)

中村ゆりちゃんのスピーチを聞いて涙が出そうになりました。こんなにスピーチがうまくなるとは(笑)

 

そして,最後は呉映サがプレゼンターを務めた麻生久美子さん。

ホントはこの方のコメントは私だけの宝物としてしまっておきたかったのですが・・・

麻生久美子さん

【麻生久美子さん】

全国映連賞を受賞したとの連絡を受けた後,佐々部監督から「この映画賞はすごく温かくていい賞だから是非参加してください」という電話をいただきました。その時はどういう意味かよくわからなかったのですが,今日ここに来てみて(監督の言った意味がわかって)うれしくてホッとしています。

「夕凪の街桜の国」は,私にとって特別で思い入れのある作品なのでこの作品で受賞できたことを本当に嬉しく思っています。

この作品に関わるまでは,原爆のことも戦争のことも何も知らなくて,祖母の戦争体験の話を小さい頃に聞いてショックを受け,傷ついたんですね。それ以来,怖いことは聞きたくないと思うようになって生きてきてしまいました。だけど,この作品で,私にとって知るべき時が来たんだなと思いました。広島の方に見てもらっても恥ずかしくないように悩みながら精一杯やりました。

佐々部監督からは,作品に入る前に「ひとりひとりが作品に参加できることに誇りをもって頑張りましょう」といわれました。スタッフの方共演者の方ひとりひとりががこういう気持ちを持ったからこそ,素晴らしい作品になったのだと思っています。

来年も再来年も夏になったらこの作品がどこかで上映されることを願っています。

 

「それボク」を上映した呉映サを「素手でライオンに立ち向かう勇者」として敬意を表してくださったのか,今年のスピーチでは東宝ネタ満載でした。そして改めて思うのは出席していただいた皆さん「映画を心から愛しているんだな」ということでした。そんな生の声を間近で聞くことができる全国映連賞贈呈式に参加できて本当に幸せでした。

 

【追記】

全国映連賞贈呈式でご一緒した,清水映画サークルの方も麻生久美子さんのことを書かれていました。

のびた@映画の話をしようよ → 麻生久美子さん、語る

のびた@映画の話をしようよ → のびた、麻生久美子さんにアタック!

 

次回は,ホントの目的,全国映連定期総会の様子を報告する・・・予定です。

【広報部:かっしー】

| 事務局より | 00:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

麻生さん素敵でしたね。

清水映画サークルの のびた です。
先日は全国映連総会お疲れ様でした。
かっしーさん、麻生久美子さんのプレゼンターということで、とてもうらやましかったです。
昨年僕は、笹野高史さんのプレゼンターをやらせていただき、お話も出来て、とても良い経験をさせていただきました。
映画サークル活動、清水は瀕死の状態ですが、何とか続けております。呉さんも頑張って下さいね。
ではまた、どこかでお会いしましょう。

| のびた | 2008/04/26 22:08 | URL |

のびたさん,コメありがとうございます

のびたさんのBlogでの映画感想,面白く読ませてもらっています。
ここは映画感想記事はほとんどなく,お恥ずかしい限りですが,
これからもよろしくお願いします。
姫路でまた会いましょう^^

| かっしー | 2008/04/26 22:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kureeisa.blog85.fc2.com/tb.php/209-13cca3a5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT