次回例会は
『わたしは、ダニエル・ブレイク』(2016年英・仏・ベルギー映画)
  上映時間:1時間48分
2017年11月18日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

映画の秋Part3・・・って秋はもう終わり?

寒いですね、11月半ばでこの気温、そして野呂山では初雪(@_@)

映画の秋もPart3で終わりですね。ちょっと早いですけど11月のまとめを報告

ブーリン家の姉妹

16世紀イングランドの歴史ドラマ。N.ポートマンとS.ヨハンソンの競演という話題もさることながら、こういう歴史モノ好きなんです。これを観た後、改めて”エリザベス”を観るとさらに面白くなるでしょうね。同じ時代を描いた「わが命つきるとも」や「1000日のアン」といった古い名画も見たくなります。★★★☆

レッドクリフ

11月はイキナリ歴史ドラマ2連発でした。北京五輪前に本国で公開だったからか、気合いはいっていましたね。TVドラマのような本編スタート前の解説や登場人物にやたらと出るテロップが邪道ではありますが意外と効果ありました。もともと2部構成だったので、1部は中途半端なところで終わるのは予想していましたが・・・まさかねぇ。これで2部も行かねばならなくなりました^^;★★★
アンディ・ラウが趙雲を演じる”三国志”も準備されているらしい・・・

12人の怒れる男

歴史のお勉強の後は、法律と現代ロシア研究です。詳しくは過去記事をご覧ください。裁判員制度の導入を前に是非ご覧になっていただきたい作品です。★★★★★

休暇

ひきつづきの法律モノ、といっても今作は死刑囚と刑務官の話です。刑務官といえば、先月鑑賞した「マンデラの名もなき看守」も刑務官が主人公の映画でした。なんか連想ゲームのようです。★★★

落下の王国

映画(特にサイレント映画)への愛に溢れた作品でした。世界遺産のロケーションと石岡瑛子さんの衣装は圧倒的でしたが、この作品がツボに嵌るかどうかの鍵は、劇中語られる”おとぎ話”に入り込めるかどうかでしょう。ワタシはだめでしたT_T ★★☆

イエスタデイズ

広島市出身の31歳窪田崇監督の長編デビュー作。チョット間違えるとグダグダになりそうな物語ですが、ギリギリのところで踏みとどまれる技量はなかなかのモノだと思います。これからが楽しみですね。NHK朝の連ドラヒロインなのにチョット影の薄い原田夏希がなかなかヨカッタ。★★★☆

ヤング@ハート

平均年齢80歳のおじいさんおばあさんのロックン・ロールコーラス隊のドキュメンタリー。これほど笑って泣いて、感動させてくれるとは正直思いませんでした。是非とも観ていただきたい、例会イチオシ作品です。★★★★☆

庭から昇ったロケット雲

逆に期待ほどでもなかった作品。でも、"これは事実をもとにした物語です”という前置きが多い最近の作品にあって、ここまで現実味のない物語はかえって新鮮に感じました。★★★

 

映画もイイケド・・・



秋の夜長はやはり音楽ですね^^

昨年に引き続き、”上原ひろみ”LIVEにも参戦しましたが、これは別のお話

| 映画よもやま | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kureeisa.blog85.fc2.com/tb.php/276-59113492

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT