次回例会は
『歌声にのった少年』(2015年パレスチナ映画)
  上映時間:1時間38分
2017年9月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第237回例会「告白のとき」はいかがでしたか?

午後からのあいにくの雨模様にもかかわらず、たくさんの方にきていただいた今例会「告発のとき」はいかがでしたでしょうか?

トミー・リー・ジョーンズがシャーリーズ・セロンの息子にベッドで語る、原題の「エラの谷」でのダビデとゴリアテの戦いの巨人「ゴリアテ」とは最初は「国家」なのかなと思ってみていましたが、最後には戦争が生み出す「狂気」なのだと思いました。そして、息子が母親に問う「どうして王様はダビデを戦いに向かわせたの、子供なのに?」に対して、作り手は「狂気を生み出す戦場に王(国家)は子供を向かわせてはいけないのだ」という強いメッセージを投げかけているのだと感じました。

重いテーマの映画ではありましたが、その中で鼻に絆創膏を貼り、目の下に隈を作ってもなお美しいシャーリーズ・セロンに心奪われましたが、それってワタシだけでしょうか・・・

 

昨年末の「今夜、列車は走る」そして今回の「告発のとき」と重いテーマの映画が続きました。そろそろ楽しい映画が見たいとの声もチラホラ聞こえてきますが・・・

次回例会作品は、「12人の怒れる男」です。

 

どうぞお楽しみに・・・・

| 例会 | 00:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kureeisa.blog85.fc2.com/tb.php/295-f3739a3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT