次回例会は
『歌声にのった少年』(2015年パレスチナ映画)
  上映時間:1時間38分
2017年9月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

W杯南アフリカ大会対戦相手決まる

おおっと、イキナリ映画とは遙か遠い話題。でもね・・・

オランダ、カメルーン、デンマーク。いずれも当然ながら日本よりもFIFAランキング上位。大変ではありますが、何とか頑張って貰いたいですね。

 

で、どこで映画と関連づけるかというと・・・

対戦国のひとつ、デンマーク!

デンマークを舞台にした映画「誰がため」が12月19日から日本公開されます。

順次公開ということで、広島ではもう少し後になるかと思いますが、公式サイト情報ではサロンシネマでの公開となっていました。

【さらっとあらすじ】

第二次世界大戦末期。打倒ナチスを掲げる地下抵抗組織ホルガ・ダンスケの一員、フラメン(トゥーレ・リントハート)とシトロン(マッツ・ミケルセン)の任務は、ゲシュタポとナチスに寝返った人たちを暗殺すること。しかし、あることをきっかけに任務への疑問を抱き始めた彼らは、組織に対する疑念を膨らませるようになる。

 

本国デンマークで国民の8分の1を動員し、デンマーク・アカデミー賞で5部門を受賞した作品だそうで、デンマーク映画史上最大級の製作費をかけた壮大なスケールと、真実ならではの説得力ある感動が味わえるようです。

 

そしてもう1本。ワールドカップの舞台、南アフリカを舞台にしたC.イーストウッドの最新作「インビクタス/負けざる者たち

こちらは北米公開が12月11日、日本公開は2010年正月第2弾で、もう少し後ですね。ネルソン・マンデラをモーガン・フリーマンが演じるそうです。

【さらっとあらすじ】

1994年、南ア共和国初の黒人大統領となったマンデラは、アパルトヘイトによる人種差別や経済格差の撤廃を目指し、翌年に自国で行われるラグビーのワールド・カップに向け、キャプテンのピナールとともに弱小チームの立て直しを図っていた……。

 

どちらの作品も見応えありそうで、その後に控えるワールドカップ本大会ともども楽しみです。

| 映画よもやま | 11:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kureeisa.blog85.fc2.com/tb.php/357-f7b02a5e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT