次回例会は
『歌声にのった少年』(2015年パレスチナ映画)
  上映時間:1時間38分
2017年9月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

苦い密~消えたレコード~(舞台挨拶付き)

5月1日は映画の日。当初は「密約」を鑑賞する予定でしたが、「苦い密~消えたレコード~」に亀田幸則監督、主演の金子昇さん、広島出身の俳優、住吉晃典さんの初日舞台挨拶があるということで、こちらに変更して鑑賞しました。

【ちょいとあらすじ】

 仙台市内にあるビートルズ・バー“リボルバー”。この日、マスターの処女小説が候補となった推理小説新人賞の発表があり、その瞬間に立ち会うべく、常連客や関係者が集まっていた。そこに現われた一人の探偵。彼の目的は、一年前に起きたビートルズ・ファン垂涎の激レア・アルバム盗難事件の真相を解明すること。当時犯人とされ、その後事故で亡くなった男は、彼の友人だったのだ。さっそく当時を知る関係者への聞き込みを開始する探偵だったが…。(allcinemaより)

 

登場人物が14名の密室ミステリー。上映後の舞台挨拶で監督もおっしゃっていたが、小説を読んでいるような感覚に陥る映画でした。こういう静かな地味な映画は好みです。

 

上映後の舞台挨拶では、サロンシネマのクワハラさんが聴き手となって、この映画を作るに至った経緯、金子昇さんの台詞の長さの苦労などを話されていました。

(上の写真)ボケボケのケータイ写真、本当はいけないんでしょうね。右からクワハラ女史、亀田監督、金子昇さん、住吉晃典さん。

 

舞台挨拶のあと、出口に監督がいらっしゃったので、呉映画サークルの活動について説明し、上映機会があった場合、監督さんをお呼びしてもいいか確認したところ、「広島には結構いるので、都合さえあればいつでも」と快諾してくださいました。

帰宅後、亀田監督についてネットで調べたところ、以前ワタシが仕事で担当していた「もみのき森林公園」の計画にも関わられていたようで、ますます興味がわいてきました。

金子昇さんはさすがにイケメン、女性陣にサイン攻めにあっていました。ワタシは、「明日の天皇賞は?」と全くつまらない質問をしたのですが、どうもツボを突いたようで、「いやぁ、難しいですよね。今から速攻で競馬中継のために帰らないといけないんです」って爽やか笑顔で答えてくれました。

「苦い密~消えたレコード~」は14日までサロンシネマにて上映です。

 

【キケン部:かっしー】

| 映画よもやま | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kureeisa.blog85.fc2.com/tb.php/378-3e1e95b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT