次回例会は
『わたしは、ダニエル・ブレイク』(2016年英・仏・ベルギー映画)
  上映時間:1時間48分
2017年11月18日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

来年の女優賞はカンノちゃんだ!!

西原理恵子原作、菅野美穂主演の「パーマネント野ばら」観てきました。

広島はとうかさんの初日、シネツインの受付のお嬢さんも浴衣で対応してくださいました。金曜日はレディースデーなので、観客は女性ばかり。その中でおじさんはこっそりと鑑賞。ここのところサイバラ原作の映画は「いけちゃんとぼく」「女の子ものがたり」と続いている。原作は未読だけれど、友人のサイバラ狂に言わせると今作は最高傑作らしい。定期購読を始めた月刊シナリオの先月号に今作のシナリオが掲載されていたが、鑑賞後に読もうと未だ封印している。

主人公のなおこ(菅野美穂)にはみっちゃん(小池栄子)とともちゃん(池脇千鶴)という二人の幼なじみがいる二人とも男運が悪いという点で「女の子ものがたり」とよく似た設定だ。

なおこも離婚して娘を連れての出戻りで母親(夏木マリ)がやってる美容院を手伝っている。ここに来るお客のおばちゃんたちも強烈なキャラだ。アタマはパンチパーマ、おしゃべりはお下劣。でもなおちゃんには温かく接してくれている。

お下劣ギャグコメディのような展開で物語が進んでいくが、ある場面になると、映画の空気が一変する。ネタバレになるのでふせるが、この切り替わりが絶妙、この辺りは脚本の力なのではないかな。

その脚本は奥寺佐渡子さん、次回例会「サマーウォーズ」も彼女の脚本です。

 

主演の菅野美穂さんはテレビドラマで大活躍だが、映画は8年ぶりだとか。ついこの前までは女学生役だったような気がするが、今回母親役がすっかり板に付いている。これを機に活躍の場をスクリーンに写して貰いたいものです。

とにかく、かわいいカンノちゃん。オススメです!!

 

【キケン部:かっしー】

| 映画よもやま | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kureeisa.blog85.fc2.com/tb.php/397-0f2ce306

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT