次回例会は
『わたしは、ダニエル・ブレイク』(2016年英・仏・ベルギー映画)
  上映時間:1時間48分
2017年11月18日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最近観たDVD2本

「告白」

劇場に観に行けなかったのでDVD化を楽しみにしていた作品。
でもいつ借りに行っても、常に全部借りられていて。(半額の日にしか行かないからだろう)

原作も図書館で予約してたものの、200人待ちとかでなかなかまわってこない。。。
映画が先か~?原作が先か~?と思っていたら、原作が先に回ってきました。
著者の湊かなえさんの作品は「告白」以外は読んでいたのですが、小説はどの作品も独特の読後感。
あとからじわじわと怖さや、いろんな感情や気付きをもたらしてくれます。

で、先日の半額の日にようやくDVDを借りることができ、、、
映画を観た感想としては、まずは松たか子さんがイイ~~~ですね!
あの演技を観た後だと、松さん以外の方のイメージが全然わきません。「○○ならもっと似合ってたのに」なんてことは全く浮かびません。

そして、中学生の青臭い雰囲気や体つき、声変期特有の、言ってしまえば耳障りな声。
子どもと大人の両面性を持つアンバランスな状態。この状態は、文章よりも映像化された方がよりリアルに伝わってきたように感じました。

ただ、ちょっと気になったのが、原作にのっとって登場人物の語り中心で構成されているのはわかったのだけど、
過去を振り返るからか全体的にぼんやりしている印象がぬぐえない気がしました。
ずーっと同じペースで(これも原作の淡々としたつくりを再現したのかもしれませんが)物語が進んで行くし、音楽(BGM)もずーっと鳴っているので(鳴ってないかもですが私にはそう感じられました。)、個人的にはもう少しメリハリがついていたらな~と思いました。…エラそうにすみません。。

あとは、研究室が爆発するシーンは、逆に音だけ、とか遠くから、とかのほうが観る側のイメージが駆り立てられて好きかも、と思いました。
しかしながら全体的にはとても面白かったです!!こんなに感想が出てくるのだから。




「パレード」

これも原作を先に読んでいました。

これは、、、原作の方が好きです。
映画では、登場人物たちの背景や関係を示すであろう大事な語りが省かれていたりして、でもどこか映像の中で、違う形で表現されているわけでもないので。。。
そもそも若者たちがなぜ共同生活を始めるに至ったかもきちんと描かれておらず、最後まで「ハテナ」な部分が残ります。
原作に似た違う作品、と思ってなら観られるかも。



梅雨で外に出られない、外は暑い、、、、
そんな時はおうちでゆっくりDVD観賞もいいですね。


                                           ***もん***

| 映画よもやま | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kureeisa.blog85.fc2.com/tb.php/477-c0d87d6d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT