次回例会は
『歌声にのった少年』(2015年パレスチナ映画)
  上映時間:1時間38分
2017年9月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

かつて映画小僧だったアナタに SUPER 8

JJ.エイブラムス×S.スピルバーグのSUPER 8、観てきました。

少年時代に悪友たちと8ミリ映画を撮った経験ってありませんか?

そんな経験のある方、そして何よりスピルバーグ映画が好きだった方にオススメの作品です。

今、スピルバーグって言うと、うーんって人多いかと思いますが、

70年代後半から80年代前半にかけてのスピルバーグ作品に心ときめきませんでした?

激突!、JAWS、未知との遭遇、ET、グレムリンやグーニーズ・・・etc

そんなスピルバーグ作品に対するオマージュたっぷりの映画でした。

得体の知れない怪物への恐怖は、まさにあの激突!のトラックのようですし、なかなか姿を見せないものへの恐怖感もJAWSのサメのそれ。いろんなところで見覚えのあるシーンを見つけることができます。

スクリーンに走る青いレンズのハレーション?なんかもなんかスピルバーグっぽいです。

 

登場する少年たちも、どこかにいそうな少年たちばかり。

やたらと火薬好き(花火好き)な兵器ヲタク(これ竈猫さんね)にディテールにこだわるメカ好きな技術ヲタク(これはエンゾさんね)。とにかく仕切りたがるカメラ所有者のリーダー(これはヒロシ君だな)そして普段はそのリーダーの陰に隠れているのにメンバーにクラス一のカワイコちゃんが入ると急に張り切っちゃう奴(これはワタシだ)

「ET以来の最高傑作」はどうかと思いますけど、かつて映画コゾーだった方々はきっと嵌ること間違いなしの作品です。

 

ワタシも少年時代に友達の8ミリカメラで怪獣映画を撮った記憶が蘇りました。フィルム代と現像代ってどうしてたんだろう??

ココで使われてたスーパー8や「わたしにも写せます」のシングル8といった規格でなく一昔前のダブル8でした。

当時の私たちはウルトラQ(66)やウルトラマンの影響で8ミリを手にして、まず撮ると言えば怪獣映画だったような気がする。この映画ではゾンビ映画なんですね。そういえば、この映画の中で少年たちが作ってる作品の中にロメロという会社が出てくる。これは、ゾンビ映画のジョージ・A・ロメロに対するオマージュでもあるんでしょうね。

 

JJ.エイブラムス、前作の「スタートレック」といい、なかなかやりますぞ。

スピルバーグの苦手な男の子と女の子の恋もちゃーんと描いてるし!!

 

【キケン部:かっしー】

| 映画よもやま | 22:53 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「SUPER8」楽しみにしています。かっしーさんの感想を拝見し、これは何としても観にいかねばと心固く決意しました。

| せん寿 | 2011/07/01 12:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kureeisa.blog85.fc2.com/tb.php/480-29e156cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT