次回例会は
『歌声にのった少年』(2015年パレスチナ映画)
  上映時間:1時間38分
2017年9月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東京映画見て歩き

呉映サも加盟する全国映連の会議が東京浜松町で10-11日とあり、その後もう一泊して映画を4本見てきました。
まずは銀座シャンテシネで昨年ベルリン映画祭銀熊賞を受賞した『グアンタナモ、僕たちが見た真実』。パキスタン系イギリス人の若者3人がテロリストとされ、アメリカがキューバ国内グアンタナモに持つ強制収容所に3年拘束された事実をドラマ
化した作品。イギリス本国でさえ「ありえない」とマスコミからも無視されてきたつい最近の話です。
隣のスクリーンでは周防監督の『それでもぼくはやってない』。まだまだ好調です。
シャンテ

日比谷シャンテシネ1-2-3のまえはすでに長だの列です。
かろうじて入場できました。
シャンテ前

その後隣で南アフリカ反アパルトヘイト時代の奇跡のドラマ『輝く夜明けに向かって』を鑑賞。アフリカのフリーダムソングが力強くひびき、アフリカの寛容の心を見せてくれます。
もう一本銀座テアトルで『世界最速のインディアン』を見ようと30分前に行くものの、完売で入場不可。
新宿テアトル満席

そこで翌朝、もうひとつの上映会場である新宿のテアトルタイムズスクエアの朝一開始1時間前に行く。さすがに余裕で入れたが、始まる頃には340席は満席状態でした。スクリーンの前には映画で使用されたバイク「1920年型インディアン・スカウト」が展示されています。
新宿テアトル

その後、六本木ヒルズの『あなたになら言える秘密のこと』を見るため移動するも残念ながら満席で不可。時間があるのでオープンしたばかりの国立新美術館に行って帰途につきました。ちょっと疲れましたが文化庁、東宝スタジオ訪問、会議、映画と内容の濃い4日間でした。

| 事務局より | 13:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うぉ!

ホンモノのインディアンだ!
それは、映画が始まってもそのままあるの?
写真撮ってきてくれてありがとうございます(^^)
いつまでも男の子な、オジィを思い出すなぁ…。

| 美沙貴 | 2007/02/15 21:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kureeisa.blog85.fc2.com/tb.php/49-79598409

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT