次回例会は
『わたしは、ダニエル・ブレイク』(2016年英・仏・ベルギー映画)
  上映時間:1時間48分
2017年11月18日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『間宮兄弟』

おはようございます。
先日の例会はいかがでしたでしょうか?


さて、今日は『間宮兄弟』の感想です。
これも、先日BSで放映されていたので観てみました。
原作は江國香織の同名小説。
江國香織さんには高校生の頃にハマりました。
それから少しずつ好みも変わって読まなくなって、でも久しぶりになんとなく手にとったのがこの小説でした。
全体には江國色ではあるものの、少し傾向が違って、歳をとった私には読みやすく感じた作品でした。

主人公は独身兄弟二人。
二人とも恋人もおらず、二人で仲良く生活をしている。
ただ仲良くしているだけでなく、日々の生活、時間のすごし方がとても丁寧で、すごく共感が持てた。
私も、こういう生活をしたいなあ、と思うくらい。
精神的に満たされていて、過不足なくじっくりと日々を、時間を、趣味を、人生を味わう感じ。
それがこの小説の良さだと。


だ、け、ど。
映画。
一言で言えば「狙い過ぎ」。
わざとらしく、なんだかちょっとイヤラシク。。
やりすぎなんだ、と、思います。。。
なんかこう、はしかゆい。(これ、方言かしら、通じるのかな)

兄を佐々木蔵之介、弟を塚地武雅(ドランクドラゴン)が演じている。


b0071550_0316100.jpg


描こうとしたことは理解できる。まぁ私の場合は小説を読んでいるから余計なのだろうけど。
小説のよさを消している。。



二人の暮らす部屋の作りとか、内装はとても素敵でした。
地震があったら大変そう、とは思いましたが。。

b0071550_12182773.jpg


ほか、沢尻エリカや常盤貴子、北川景子、戸田菜穂、中島美幸、などなど豪華なキャスティングではあったものの。
内容は空振っている気がしてなりません。


img_1522388_28418940_1.jpg


沢尻エリカの存在感・何を考えているのか明かさない感じの瞳の力強さと、佐々木蔵之介の浴衣姿はハッとするくらい素敵でした、よ。


                                     ***もん***

| 映画よもやま | 10:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT