次回例会は
『スノーデン』(2016年アメリカ・ドイツ・フランス映画)
  上映時間:2時間15分
2017年7月8日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『武士の献立』

ポポロで現在も上映中(のはず)


観に行ってきました。


ぼんやりとしか情報を持たずに行ったため、スクリーンを観て「あ。。上戸彩か・・・」と。
彼女の演技とか表情の作り方がいまいち得意ではないため、上戸彩と知っていたら観に行っていなかったでしょう。。

でも、なんだか演技がうまくなった??
そんな気がしました。
相手役の高良健吾は結構好きなのだけど、逆に彼の良さは存分には感じられなかったかも?

16903.jpg


「献立」と言うからには、どれだけ多くの料理や調理シーンが出てくるのだろう?と料理映画大好きな私としてはワクワクしていましたが、あくまで設定上必要だっただけで、主題はそこではなかったんですね。
なので、料理に興味がない人でも、また単純に時代劇が好きな人にウケるかもしれません。


ちょっとした疑問。。
高良健吾演じる舟木安信の母親役の余貴美子。。
彼女、時代劇になるとかなりの確率で眉毛が消えて麻呂っぽいメイクになるのはなぜなのでしょう?こだわりかなあ?

2013101711445989_3.jpg



で。
安信と幼馴染の佐代(成海瑠子)は両想い、みたいな節があったのだけど、結構終盤までやきもきさせる感じが続いていて、そこは良かった。いきなりはっきりしたら面白くないし。
上戸彩が出戻りの姉さん女房役ですが、姉さん女房っぽく演じられていたのにもちょっとビックリ。(だから演技がうまくなったのかなあと感じた



しかし。
映画本編、いい感じで終わるのに、エンディングテーマ曲がね。。。charaなんですよ。。。
こはいかにーーー!!!
なぜにcharaーーーー!!

・・・いいえ、charaは好きですよ。
でも、この時代劇にchara
せっかくいい感じにしっとりと終ったのに J-pop!!!
これ、最近の傾向?
『永遠の0』もサザンでしたよね。
最後でズッコケる感じが否めない。
この違和感ったら。

音楽があってない映画って本当に心地悪くて気恥ずかしくなっちゃう。。。。。



eff2bc0378d08f5ced7cabbb1aee56ff.jpg


全国的には、そこまでヒットもしていないようですが、上戸彩の成長を感じたい人はぜひ、という〆です。。
(上から目線でスミマセンwww



***もん***




| 映画よもやま | 22:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT