次回例会は
『シアター・プノンペン』(2014年カンボジア映画)
  上映時間:1時間45分
2017年5月13日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『おおかみこどもの雨と雪』

昨年末、地上波で放送されたのを録画していてようやく観ました。
オンタイムで観るとCMが入ってだれてしまうけど、録画してしまえば、CMは飛ばせます・・それだけでもストレスがなく、私はやっぱり録画してみるのが好きです。。。

で。
この映画、評判がとっても良いことと、アニメである、という情報しか事前に持っておらず、普段アニメはほとんど観ないので最後まできちんと鑑賞できるのか不安を抱えつつテレビの前に座りました。


しかし始まって3分で「あ、これ最後まで観られるわ」と感じました
そこからクライマックスまでは本当にあっという間。まさに「夢中で」観ました。

設定・ストーリーも画も、登場人物たちの動きや表情もアニメにしかできないことをやっていて、なんというかアニメの醍醐味や良さを存分に味わえた気がしました。


雨と雪の可愛さには一瞬でやられました、、

df3e7f6e2d1041524833272704dda543f62df2e6_82_1_12_2.jpg


そして、多くの人が感じたように、、
声優のキャスティングが効いていましたね。
大沢たかおが特にピッタリで。彼以外には考えられないくらいピッタリでした。
変な言い方ですが、おおかみおとこではなく大沢たかおの素晴らしさを高める役でしたね。


20130221145402.jpg




宮崎あおいもさることながら、今話題の黒木華も素敵でした。
菅原文太もはまり役だし。。豪華なキャスティングですが、でもでしゃまりすぎるすぎる感じもなく馴染んでいました


GALLERY008992_1.jpg


雪と雨が自分の道を選んでいく過程は、涙なしでは観られませんでした。


タイトルに、弟の雨の名前が先に来ているのが途中気になっていましたが、彼の選んだ道を思えば納得かも。


ここ最近、ちょっと重たい?映画を続けてみていたためか、何だか心がほっとする映画でした。
観てよかった!


                                            ***もん***

| 映画よもやま | 22:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT