次回例会は
『歌声にのった少年』(2015年パレスチナ映画)
  上映時間:1時間38分
2017年9月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ジョゼと虎と魚たち』

もう、やっと!やっとーーー!
観ることができました
先日、BSで放送されていました


jyozeto.jpg


DVDで借りようかな。と思ったときは借りられていたり、借りられていないときはあんまり気分が乗らなかったりして、そうこうしていると「原作読みなよ」「田辺聖子読んでみたらいいよ」と言われ、「おぉそうか、原作ね」と思いつつ、あの関西弁の文体がどうもしっくりこなかったりで本当に縁遠い作品の一つになっていましたがようやく。いったい何年越しだろうか・・・

上野樹里みたいな子っている。
妻夫木くんみたいな子もいる。
妻夫木くんと寝るだけの関係?みたいになっているような子もいる。
でも池脇千鶴演じるジョゼみたいな子はいない。。

ラブシーンがちょこちょこ出てきますが、一番きゅんきゅんしたのは以下のシーン



b5c60a28.jpg


そういう女性陣は多いのではないでしょうか。。
いいよねー恋の始まりって本当にいいよねー。いや、その前の始まりの予感の段階が一番楽しいかも~
そんな気持ちを思い出しました
独特のワクワク感。



ラスト、妻夫木くんが号泣する演技。あれはうまかった~。
あるよね、うん、ああいうことって。。。男女問わずきっと。

池脇千鶴の淡々とした、、、日常の風景も、だからこそ映画が終わった後も、彼らも、彼らの日常が続いていくんだなあと、連続しているんだなあ~となんだかしみじみ感じました

ジョゼには、下半身が動かないという障がいがある、という設定はあるにせよ、これは観終わった後に恋について語りたくなる作品ですね。


f0224212_6201015.jpg


妻夫木くん演じる男の子みたいな人を好きになるのも大変そうですが。。ww
ああいうひとはああいう人でおモテになるのでしょうから。。。w



                                                ***もん***

| 映画よもやま | 21:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT