次回例会は
『シアター・プノンペン』(2014年カンボジア映画)
  上映時間:1時間45分
2017年5月13日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『しわ』

スペインアニメ『しわ』


予告編→http://www.youtube.com/watch?v=8fIDtcTXOG0


事務局より、DVDでお借りして自宅で鑑賞しました
最初の半分、字幕が出ることに気付かずにスペイン語の音声のみで観ていましたが、内容はだいたい合っていたと思います。
というか、これ、日本語字幕がなくても、むしろ無音でも全然観られると思います。

内容は予告編をご覧いただいたらわかると思いますが、個人的には「あぁ、どこの国でも同じような状況なんだな」というのが第一の感想。
家族の在り方にしても精神科病院の実態としても。。
あるあるです、正直。。実の親、義理の親の老い、夫、妻との関係、ただただ薬を、きっと必要以上に処方し、医者や若い看護師が相手の尊厳などほとんど考えず「管理」しようとする病院や施設や職員たち。。患者たちの人間関係、暗黙のルール、、、

でも、その人の人生はその人にしかない。
そういったことを本当にうまく描かれていたように感じました。

「大切なことはわかっている」

と聞かれた後の彼の笑顔。



本編、殆どBGMがないことと、セリフも決して多くはないこと、また間の取り方が特徴的なので独特の雰囲気が、、言い過ぎかもしれませんが、ちょっと鬼気迫るような雰囲気さえあり。


老いはだれにも止められない。

どうやって向き合って、付き合っていくか。。。
家族、自分、友達、ご近所さん、、、


今までこういったアニメを観たことがなかったのでちょっと衝撃でしたが、もう1回観たいな、と思いました。
観るたびに深く理解できそうな、、、そんな1本です。





| 映画よもやま | 21:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT