次回例会は
『スノーデン』(2016年アメリカ・ドイツ・フランス映画)
  上映時間:2時間15分
2017年7月8日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『グッモーエビアン』

映画大学まであと3日!


だけど、マイペースに感想をUPします。


***


だ~いぶまえに、かっしーさんにおススメされていて、ようやく観ることができましたよ。
女優陣がみんなきれいですね!
麻生久美子さん、セクシーだし、きれいだし、可愛いし、声もイイ。
甘すぎない声が逆に魅力を増幅させていますね。

img_7.jpg


思ったより、うるさくない内容で(セリフが多すぎない)観やすい作品でした。

三吉彩花と能年玲奈の中学生らしいやり取りのシーンもよかったです(三吉彩花は大人っぽ過ぎる感がありましたが)

20131002_1604320_2014060208380801f.png

goodmornin_3.jpg


でも、現実としてはちょっとありえない話だろうなあ。。(否定しているわけではありません

三吉彩花演じるハツキは「しっかり者」の一人娘、中学生、母親(麻生久美子)との二人暮らし、家事も担って成績優秀。
まぁ、ここまではわからんでもないけど、多感な時で、「しっかり者」としていなければならない自分への葛藤が全然ないように見えるんですよね・・
未婚の母と、自分のことを愛するヤグ(大泉洋)のことも、言葉に言い表せない気持ちになって、という展開は当然あるにせよ。親と、その恋人?に向かって「このバッカプル!」なんて中学生が真顔で言えない気がします。。

また、ヤグみたいなひとは、いるかもしれないけど、「愛があればそれで大丈夫!なんとかなる!」みたいな選択をするシングルマザーって、どんだけ居るだろう。。。って思っちゃいました。
どう生きるか、はそれぞれだし、この世の中、学歴だとか、職業だとか、どんどんそういう時代ではなくなってきてるとは思うけれど、「ロックだぜ!」「愛してるぜ!」を前面に出されるのはどうも苦手です。(この映画のことではありません)

節々に、笑いがあって、面白いのは面白いです。
が、やっぱり女優陣のきれいさが一番印象に残りました。
大泉洋がうらやましいなぁ~。どっち向いても美しいなんて!!

ebian.jpg


***もん***

| 映画よもやま | 08:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT