次回例会は
『歌声にのった少年』(2015年パレスチナ映画)
  上映時間:1時間38分
2017年9月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ボックス!』

百田尚樹の同名小説を映画化したもの。
百田尚樹は大嫌いだが、高良健吾と谷村美月が出演しているということで観てみる。
この二人といえば、呉映画サークルの例会でも上映した『お兄ちゃんのハナビ』を思い出しますが、『ボックス!』でも谷村美月は亡くなる役でした、、、(兄妹、という設定ではありませんが…)

個人的には料理映画と並ぶくらい、スポーツ映画も好物です。。。

ボクシング部で紆余曲折ありながら成長していく少年・少女たちの物語。

o0640042510596192085.jpg

box_03.jpg

市原隼人は、割と何をやっても市原隼人、ですね。
なので、いつも通りの演技。オラオラ系でありながら、妙なやさしさ・色気を見せるというモテ男っぷりがビシビシ伝わってきます。ほんと、こりゃあ女の子たちが放っておかないわけだわ、という印象。

高良健吾と谷村美月は、やっぱり目力がすごい。二人ともはっきりとした顔だちで、似ているといえば似ている。。
常にうっすらと笑ったような顔(に見える)市原さんとは対照的に、高良くんは表情で演技ができるので、間合いや顔がセリフをしゃべっているようなときがあって、いい役者さんだなーと感じました。

市原隼人が演じている高校生の母親役の宝生舞もイイ味出してました!

百田尚樹の巧妙な技術は、すごいものがあると思います。思想や人物像や言動は大嫌いですが、着眼点や発想や巧妙さは持っている人なんだろうな、と思います。


***もん***

| 映画よもやま | 21:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT