次回例会は
『歌声にのった少年』(2015年パレスチナ映画)
  上映時間:1時間38分
2017年9月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ONCE ダブリンの街角で 』

冒頭を観た瞬間に「あ、これはよさそう」と久々に思った映画でした。

若干ダメな感じの男が主人公の映画って、面白いのが多いですよね、、、憎めないというか。

この映画はミュージカルにもなっているだけのことがあり、音楽が良い。そして、とてもとても切ない。
友情と愛情の間、みたいな関係って、個人的には超超苦手で、でもそれって、思い入れというか、、、、うーん、これ以上は個人ブログではないので控えましょうww

once.jpg


↑この二人の切ない関係もだけど、男の父親がとても良かった。
(そうそう、男と女には名前がついていなかったよね。。?)
男がロンドンに旅立つ前日のふたり(男とその父)の会話がギュイーンと来ました。
父が、この映画の中で一番ロックだったかも。

男を演じていたグレン・ハンサードプロのミュージシャン。
女を演じたマルケータ・イルグロヴァーもピアノ・歌がうまくて、当然演技もうまい。移民という難しい役どころではあったけど、ナチュラルに演じていた。

ONCE_01.jpg


希望のある物語。

***もん***

| 映画よもやま | 22:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT