次回例会は
『歌声にのった少年』(2015年パレスチナ映画)
  上映時間:1時間38分
2017年9月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『息子』

いや~久しぶりに良い映画を観たなあという感想。

やっぱり、山田洋次監督の、家族を描いている映画って良いんですなあ。。。

ちょっとあまっちょろくて、でもやさしくて、純粋でいかにも「末っ子次男」の哲夫を永瀬正敏が好演。恋人役の和久井映見も、言葉が離せないという難しい役どころだったとは思いますが、爽やかで慈しみのある雰囲気がにじみ出ている。

言わずもがな、父役の三國連太郎さんや、哲夫の職場の上司?のいかりや長介や田中邦衛の存在感もすごい。

高齢で、体調を悪くしながら田舎で一人暮らしする父と、東京で家庭を築いている長男、その嫁とのやりとり、同居問題。。

定職に就かずふらふらする哲夫を心配し、ぶつかりながらも哲夫の結婚を聞いて心から喜んでなかなか眠れず歌を歌ったり、将来のことを思い描いたりして生き生きする父。

それぞれがお互いを思いやるのは間違いないのに、うまくはいかないのが家族。
その姿をじんわりと、たまに笑いを誘いながら物語は進んでいきます。

誰でもどこでもある日常の風景だからこそ、じんわり来るのでしょうね。
純粋で素直な登場人物たちに心洗われる思いです。

951bb96651.jpg
img_0_20141115163348497.jpg

***もん***



| 映画よもやま | 16:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT