次回例会は
『歌声にのった少年』(2015年パレスチナ映画)
  上映時間:1時間38分
2017年9月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大雪

大雪にブルっ!

昨日久しぶりに広島へ出て、広島映サのメンバーから聞かされていた『シャトーブリアンからの
手紙』を見ることができた。

シャトーブリアンとはナチス占領下のフランスで「政治犯」が収容されている地名。
ドイツ将校1人の暗殺に対してフランス人100人もの処刑が命じられる。

映画は収容所内の少年ギィを中心に描かれる。収容所内には釈放を明日に
約束されている若者や、医者、足の不自由な人など多数が囚われている。

「おまえは何に従う?」のセリフは、作者が観る者私たちに問いかける言葉だ。
若いドイツ兵も「おまえは考えるな」と上官にののしられる。

フランスとドイツ、この両国の平和なくしてヨーロッパの平和はないという
映画人の思いがこの映画を作らせた。

冷たい凍りつくような事実に反して浮かび上がるのは
少年の若いエネルギー、少女への手紙、家族への愛、
結婚を約束した妻のぬくもり、自由、詩・・・

19日までサロンシネマで上映されています。
是非、今見ておきたい一本です。

                                事務局 エンゾ


雪

| 事務局より | 10:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kureeisa.blog85.fc2.com/tb.php/695-0c198dea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT