次回例会は
『歌声にのった少年』(2015年パレスチナ映画)
  上映時間:1時間38分
2017年9月16日(土)呉ポポロにて
①12:50 ②15:30 ③18:30 の3回上映
公式サイトはコチラ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『そして父になる』

呉ポポロでも上映していましたね。
観た人はよく、「福山雅治がかっこよすぎる」という感想を述べていて。。
または、呉映画サークルの例会でもやった『もうひとりの息子』と比較する人もちらほら。
私も、『もうひとりの息子』は観ていたので、どんなもんだろう~と気にはなっていました。
出演者も豪華で、好きな人ばかりだし。

acd528c019fe5011337b88b4d799cd535857040d_98_2_9_2.jpg

病院で、子どもがとりちがえられていることを知った時の福山雅治演じる父親のひとことは、私も「げっ」と思いました。


『もうひとりの息子』では、敵対する国同士の2家族の対比、父同士、母同士、子ども同士の対比がものすごくうまく描かれていて、母ならでは、父ならでは、子どもならではの特徴も深く上たっぷりに緻密に描かれていました。

『そして父になる』は、そこら辺はちょっと薄いけど、2家族の生活の違い・経済的な差や、福山演じる父親の育った環境や実の父、後妻に入った義理の母との関係などを絡ませていました。

でも、母同士のつながりというか、母ならではの心の交流については割としっかり伝わってきた気がします。

子どもの物語ではあるけど、大人の、夫婦の成長物語ですね。
動揺し、葛藤し、自分にうそをつくのは大人たち。

希望を感じさせる終わり方で良かったな、とは思いました。


***もん***

| 映画よもやま | 06:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT